バイリンガルに聞いてみた、二ヵ国語のしゃべりかた

英語と日本語のバイリンガルの知り合いはいないのですが、
中国語と日本語のバイリンガルの友達がいるので、
その人に、二ヵ国語をどうやって操っているのかを聞いてみました。

[ad#336×280]

その人いわく、

日本にいるときは日本語で考えて、
中国にいるときは中国語で考える。

だそうです。

ということは、英語でしゃべるときは英語で考える
というのが正しいやり方だと推測されます。

ただ、その人は、日本にいるかぎり英語はしゃべれるようにはならない、
とも言っていました。

これもわかります。
日本語があふれる日本で、英語で考えるというのはかなり無理があります。

じゃぁ、あきらめるかと言うと、
うん、あきらめろ、と僕は言います。

50人チャレンジして49人は英語の習得に失敗します。

日本人がバカだからというわけではなく、日本語は他の言語と比べて異質な存在のため、
日本人が他の言語を習得するには、おそろしく高い言語的な壁があります。

(ちなみにそのバイリンガルの人は日本人には中国語を話す才能はなく、
あと、日本語は変な言語だとも言っていました)

楽をしながら英語ができるようになりたいと思うやつは、99.9%無理です。
毎日30分とか、聞き流すだけとか、1ヶ月で英語ができるとか、何かをするだけとか、そういうやつに踊らされるようなやつは、勝手に踊って、池にでも落ちてください。

英語ができるようになるというのは、
鬼のように大変なことだということを理解できる人だけが、
下記の文章を参考にしてみてください。

現時点の僕の勉強方法です。
(時間が経つにつれて、少しずつ勉強方法が変わっていきます)

レベル1:基礎単語(DOU3.0の例文)と基礎文法(フォレストの例文)の暗記と音読、発音強制(英語の発音が正しくなる本)
レベル2:シャドーイング (フレンズ)
レベル3:リプロダクション (VOA Special)
レベル4:英作文 (到達目標、英語サイトでアクセス1日200人)

・レベル1:基礎単語と基礎文法の暗記と音読、発音強制
レベル1は、日本語→英語への変換のみ可として、
声に出しながら暗記する。

普通の人だと1日3時間やって、半年はかかるレベルです。
レベル1を完璧にしてからレベル2に進むのが効率的だと思いますが、気分転換にレベル2をやるのもお勧めです。

Hello, nice to meet you! みたいな、偽英会話は肥溜めに投げて、
ひたすら地べたをはいずるような英語の勉強をしてください。

レベル2からは、すべて英語で考える学習方法を行います。

・レベル2:シャドーイング (フレンズ)
セリフと同時に英語をしゃべります。
英語の字幕を見ながら、俳優にあわせて、英語をしゃべります。

1日1時間やって、4,5年はかかるレベルですが、比較的楽です。
レベル3とレベル4をあわせながらやっていきましょう。

・レベル3:リプロダクション (VOA Special)
VOA Specialの音声を数秒~10秒ほど流して、
流し終わった後に、同じ内容をしゃべるという訓練です。

英語の短期記憶を鍛えるともに、
使える英語の表現が少しずつ増えていきます。

疲れます、大変です、やばいです。
1日1記事(4分くらい)を30分ほどかけてやる。
2年後には、実力がかなりついていると思う。

・レベル4:英作文 (英語サイトでアクセス1日200人)
とにかく英語を書く。
英語圏の人が1日200人くるサイトになるまで英語を書く。
200人くらいくるようになれば、まともな英語が書けるようになっているはず。
ついでに、アドセンスとかの広告を張っておいて、やる気の足しにしましょう。

超絶疲れます。1日30分でもいいのでしがみつきながら続けましょう。
3年後には、まともな英語の書き手になっていてもらいたいです。

ちなみに、2011年5月22日現在の僕の消化率

レベル1:50% (暗記1日1時間半、あと2ヶ月で完璧にする予定)
レベル2:4% (フレンズ1日50分)
レベル3:0% (VOA1日30分)
レベル4:0.3% (英語サイト1日30分)

明日からDMEの音読を一旦やめて、
その分をレベル1とVOAのリプロダクションに時間を使おうと思います。

日本人が英語を習得しようとするのは、
それはそれは、恐ろしいことであります。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「バイリンガルに聞いてみた、二ヵ国語のしゃべりかた」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    英語の勉強大変だね。
    でも「勉強法」なんてどうでもいいんだよね。
    いろいろ試行錯誤してるようだけど、本当はただ「やり続ける」ことが重要なんだよね。
    あとは、ネイティブとかバイリンガルのアドバイスは話半分でね。
    彼らは別に外国語を習得したわけではなく彼らの母国語についてアドバイスしているからね。
    もしアドバイスが欲しいなら「外国語」を習得した人からもらってね。
    インターネットでもごろごろあるよ。
    例えばパトリックハーランとか。
    http://www.eigotown.com/culture/interview/pm/interview_p1.shtml
    でも「日本にいて日本語」と「日本にいて英語」は少し違うけどね。

    ま、どっちにせよ相当頑張らないとね。でも、それを認識してるからあとは継続するかだけだね。

    最後にこんなアドバイスをする僕は、あなたが目指す高みに到達しているから信じて大丈夫だよ(笑)。
    頑張ってね。

  2. 勉強法は結局のところ続けていけば、それっぽい勉強法になっていく気もします。

    英語って、成果がぜんぜん見えないから、
    やり続けることって、ほんと大変です、傍から見るとバカみたいです。

    英語を習得するのに、どのくらいかかるんですかね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。