英語と英会話と仕事の関係 DMEステージ4 レッスン48~55

DME36日目 Sofia(ソフィア)先生で25分x2回
DME37日目 Celyn(セリーン)先生で25分x1回、Noma(ノマ)先生で25分x1回
DME38日目 Chris(クリス)先生で25分x2回
DME39日目 Laarni(ラーニ)先生で25分x2回

英語とか英会話の勉強をするくらいなら、
仕事に関連したスキルを磨くのがいい気がする今日この頃。

[ad#336×280]

DME36日目~DME39日目

Celyn(セリーン)先生が、やたら優しかった!! 前は、間違えても、同じ質問を繰り返してくれるだけだったのが、今回は、間違えている箇所を多少わかる感じで指摘してくれるし、間違えても、イラつきを見せなかったよ。今回のCelyn(セリーン)先生は寛容だった。 ピカチュウがピカピカチュウになった感じです。Celyn(セリーン)先生の場合、集中してレッスンを受けられるので良いです。(間違えると怖いから、一生懸命頭を回転させるのです)

Chris(クリス)先生ですが、たぶん、僕はもう取らないです。。 優しい先生ですが、とにかく遅いんです。。 50分のレッスンのうち、48分を復習に使ってくれました。 しゃべるのがとにかく遅く、それを2回言うもんだから、進まない。 しかも、それが復習ときたもんだ。 なんで復習なのにこんなに遅く言っているのか意味わからないし、間違っていないのに、言い直されるし、えーい、とにかく遅い。 あ、そういえば、しゃべるのが早かったり遅かったりした場合は、言ってくれと言っていたから、早くしゃべってくれと言えば早くしゃべってくれたのかな? とりあえず、Chris(クリス)先生は封印しよう。 ゆっくりしゃべってくれる先生をご希望の場合は、Chris(クリス)先生を勧めます。。

DMEは復習のときも、質問を2回繰り返すんですが、復習の場合は、質問を2回繰り返す必要はない気がします。質問を2回繰り返すのは、単純に質問の内容を完璧に聞き取ることが難しいから。初めてのレッスンのパートでは2回言ってくれると助かるけど、復習のときは、質問の内容を知っているから、質問を2回繰り返すのは意味ないです。 Celyn(セリーン)先生流を、復習のときに取り入れてもらおうっと。

英語と英会話と仕事の関係

よく英会話の必要性が問われていますが、ぶっちゃけ英会話って仕事で必要ないスキルです。 英会話を勉強するくらいなら、仕事に関連するスキルを磨いたほうが良い。 いい仕事ができるときに、それをより加速させる触媒として英会話は機能する。 いい仕事ができないのに、英会話を磨いても、仕事において意味がない。日本が今後だめになったとき、脱出ポットとして英会話を磨いておくというのはありだと思うけど、日本という鳥かごから逃げ出しても、十中八九、猫に食われる。。

社内公用語を英語にするとかいう馬鹿げたことをやっている人たちがたまにいるが、半分あたりで、半分はずれ。 ビジネスにおいて必要とされる英語は、英語のリーディング力。 情報化社会における、情報の第一次ソースは、ほとんど英語圏にある。英語のリーディング力をあげて、英語圏にアンテナを張ることで、より正確にすばやく情報を得ることが出来る。 この英語のリーディングの能力は、全ての社員が持つことが望まれる。 反面、英語のスピーキング力は、社員の20人に1人にでもやらせておけば事足りる。

いい仕事ができて、
英語のリーディング力(英語圏にアンテナ)がある。

それらをさらに加速させるときに、英会話が機能する。

それ以外の英会話は遊び。

いい仕事と英語圏のアンテナの構築が、僕の中で必須になってきた今日この頃。


オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「英語と英会話と仕事の関係 DMEステージ4 レッスン48~55」への5件のフィードバック

  1. ちょうどDMEかカランメソッドか、学校(オンラインスクール)はE-methodかEベルか迷っていました。
    kyosukeさん!?管理人さんのホームページがとてもすっきりと情報を見やすくまとめて下さっているので、助かりました。参考にさせて頂きます。

  2. はじめまして。管理人さんのホームページを今日発見して、共感しながら読みました!
    実は私も管理人さんと同じ状況なのです。TOEICも同じ点数、留学もしていた、だけど英会話ができない。いや、できるんですけど、スピードが遅いんですよね。脳の処理能力がまだまだです。

    そこで、カランメソッドに目をつけサーフィンしていたて管理人さんの所に行き着いたのですが、1つ質問よろしいでしょうか?

    カランメソッドとDMEとの違いがわかりません!
    システムは同じでしょうが、何が違うんでしょうか?
    管理人さんはどうしてDMEにしたんでしょうか?

    教えてくれましたらうれしく思います。

  3. 連投ごめんなさい。
    DMEが新しいということで選んだんですね!
    読んでましたら、発見しました!

    それ以外になにか理由がありましたら教えてください!

  4. カランにする場合は、QQ Englishも安いですよ。

    英会話ができないとは言えないけど、英会話ができるとも言えない、そんな中途半端なレベル。。
    もしかして少しがんばれば、英会話が出来るといえるレベルになる、、

    と思ったら、中途半端なレベルと英会話が出来るレベルとの距離は、
    とてもとても遠いものでした。。

    短期決戦はあきらめて、
    2,3年かけて英会話が出来るレベルにもっていこうと思っています。。

    DMEはスピーキング以外にもリーディングやグラマーを混ぜているところがカランとは異なります。
    でも、TOEIC高得点を取れる人の場合、リーディングやグラマーのところを飛ばしてしまっても問題ないので、
    結局のところ、DMEとカランの違いは、DMEは新しい英語らしい、カランは古い英語らしい、といった確からしからぬ違いくらいしかないです。

    とりあえず、DMEを勧めます。

  5. アドバイスありがとうございます。
    スピーキングだけに特化できるんであれば、DMEでもいいですね。

    それにしても、オンライン英会話は安いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。