英語の勉強の続け方

“勉強をする”のではなく”習慣にする”
これが英語(の勉強)を続ける上で、一番長続きする方法だと思う。

まぁ、人それぞれやり方はあると思うけど、僕の場合、机の上での英語の勉強は向いていませんでした。別にテストなんか無いし、やるきないしー、みたいな感じでヘタります。

続いているやり方は何だろう?と考えてみると“何かをするついでに英語をやる”ながら作業での英語の勉強が続いていました。

[ad#336×280]

お風呂で音読

お風呂に入りながら、英語の学習本を音読する。かれこれ半年以上は続けています。それ以前は、お風呂に使ってぼーとしていただけでした。ぼーとしているのも何だから、英語の学習本でも音読するかということで、やってみると、そのまま習慣化してしまいました。

たまにシャワーしか浴びなかったり、お風呂自体入らなかったりしたりしますが、平均すると、3日に2回お風呂に入って、20分音読しています。 平均すると、1日あたり15分の英語の勉強になるかな。

歩きながら英語を暗唱

ほぼ毎日作業場でなんだかんだとやっているのですが、その作業場まで行くのに電車だと片道15分くらいかかります。改札とか階段とか人ごみがあって、10分程度しか時間を作れません。徒歩で行くと、片道25分くらいかかるのですが、歩道を歩いていくだけなので25分単語をめくりながらブツブツしていられます。電車賃も節約できるし、あと適当な運動にもなるし。ということで、歩きながら英語を暗唱するのが習慣化しました。

雨の日以外ほぼ毎日やっていて、最近少し時間を増やすためにちょっぴり遠回りもしているので、平均すると、1日あたり50分の英語の勉強になるかな。

ついでに宣伝、今月に入ってから暗記しやすい単語帳アプリを使って英語の暗唱をしています。これを使って、毎日50分iPhoneでぽちぽちめくっています。

以上です。

合計すると、1日1時間5分。習慣化はしていないのですがカラオケでフレンズの音読をしているので、それを合わせても、平均すると1日1時間30分くらいです。こんな調子でも5年くらいかければ英語は何とかなってそうな気がしますが、できれば3、4年でなんとかしてもらいたい。

平均2時間やれば、3,4年で何とかなる。
ということで、あと30分習慣化する何かが必要です。

そして思いついたのが、夜中のジョギングの休憩中の時間。

家から川までジョギング。
片道1.5kmで時速12.05km(最高タイム7分28秒!目指せ7分切り)

家から川までジョギング、川から家までジョギング
この間に、英語を挟めるのではなかろうか?
つまり夜中の河原で英語の音読です。

夜中の河原で英語をぶつぶつ音読している人、まさに不審者ですね。
でも大丈夫です。今まで警官が通ったこと無いし、10分に1人くらしか人通らないし、暗いから顔もわからないよ!

ということで、今夜から河原でVOA Specialのリプロダクションを30分やろうと思います。
(今週いっぱい雨だった・・・、ということで雨がやんでからやるのだ)

必須アプリ、初級リスニングNEWS

このアプリだと、音声を流しながらテキストも見ることができます。ついでに、ほんの少し役に立つ日本語の自動翻訳もついています。170円だけど、たぶん一番使えるアプリです。こういったアプリを170円で使えるなんてすごい時代になったもんだ。

みんなも夜中の河原で英語のリプロダクションにチャレンジだ!(一応、安全上、男の子限定です。明るい時間なら、女の子でもOKだよ!)

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「英語の勉強の続け方」への2件のフィードバック

  1. アプリ「初級リスニングNEWS」、
    なんだかすごそうですね。。。
    といっても、まだiOS系端末がないので、
    新製品(例年通りならもうすぐ発売)を楽しみに・・・。

  2. リスニングを重視する場合、VOAとVOA Specailが入っているiDaily Proが良さそうです。
    リプロダクションの場合、VOAは無理なので、VOA Specialだけの初級リスニングNEWSがお勧めです。
    iPodは8GBは少なすぎるので、16GBできれば32GBが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。