英語読書のために新型Amazon Kindle タブレットを絶対買う!

英語で読書をしようとしたのですが、ものの見事に続きませんでした。そのときはiPhoneで読んでいたのですが、3.5インチディスプレイで本を読むのは無謀でした。

Kindle3かKindle DXを買おうかどうか迷ったんですが、6インチ(Kindle3)だと微妙に小さい気がするし、10インチ(Kindle DX)だと少し大きいし少し高い。それにAndroidアプリ開発にAndroidタブレットが必要になるし、、Kindleを買うと無駄にデバイスが増えることになりそうな・・・。

そうこうしているうちに、かなり長い間様子見していました。

[ad#336×280]

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

たまにパソコンの本(Kindle版)をAmazonで買って、寝転がりながらMacbook Airで読んでいました。Macbook Airで本を読むのは、うざったいけど、今のAndroidタブレットは4万円くらいするし、なんか微妙だし。

いつまでたっても、うだうだと。

とそこに、ついにAmazon Kindle タブレットがリリースされる情報が出てきました。 もともとAmazonが新しいKindleを今年末くらいにリリースする情報はあったのですが、スペック、いつ、いくらで、という情報が抜け落ちていたのですが、どうやらかなり正確な情報です。

スペック
・Android2.2のAmazonカスタム仕様
・ディスプレイ7インチ (本を読むのに最適、プログラミング本だと少し小さい?)
・カメラなし (主に本を読むためなのでいらない)
・シングルコア (主に本を読むためなので、これで十分)
・ストーレッジ6GB (少ないけど、本を読むのが主なので、まぁいいや。それにAmazonクラウドと連携して、容量の少なさがたぶんカバーされるだろうという見方が有力)

価格
・250ドル(2万円! 安いぞ)

発売日
・11月下旬?(この前後がもっとも有力)

Amazon Kindleタブレットのウワサをしているところ
iPadに強敵現る? Amazon Kindleタブレット、こんな感じです!
AmazonがKindleタブレットを7インチにとどめたのは賢明―モックアップ写真あり!
次世代Kindleへの期待と日本ユーザとしての不安 – Amazon Kindle Tablet

Amazon Kindle タブレットを買うと、一緒に年額6000円相当の米国のAmazon Prime会員が無料で付いてくるそうです。米国内でのお届けが早くなって、そしてビデオ9000本相当が無料で見れるようになるそうです。 日本から買った場合、お届けが早くなるオプションが使えないとしても、ビデオは無料で見れるようになるのかな? どんなビデオがあるのか知らないけど、とりあえず見てみたいなー。

日本のAmazon Prime会員権を無料で付けてくれたらうれしいなー、と思うけど、たぶんないだろうな。

とにかく、英語学習者はAmazon Kindle タブレットに飛びつくべきです。(もし買ったあとに結局英語の読書に挫折しても、Kindle系の中古価格はかなり高いので、うっぱらえば良いのです)

ちなみに、来年の始めあたりに、10インチのAmazon Kindle タブレットと新型の通常のKindleが発売されるそうです。ただ10インチのAmazon Kindle タブレットを買うんだったら、新型の10インチの通常のKindleを買ったほうがいいとは思います。(液晶よりe-INKのほうが読みやすいらしいし、電池も何倍も長持ちするし)

僕は、7インチのAmazon Kindle タブレットが出たらすぐに買って、届いたらそのまな原宿のスターバックスに行って、コーヒーを飲みながら、Kindleタブレットをもって、俺ってかっこいいー、みたいなことをやってみようと思います! (一生に1回くらいやってみたいです)

出るまで、あと2ヶ月。待ち遠しいなー。

9月28日に発表されたKindle Fire

Kindle Fire, Full Color 7″ Multi-touch Display, Wi-Fi
Kindle Fire, Full Color 7

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「英語読書のために新型Amazon Kindle タブレットを絶対買う!」への7件のフィードバック

  1. やはり、日本版キンドルが出ないのがちょっと残念ですね。
    でも、Androidベースで今回は日本語も表示できそうですね。
    さてさて10月の新機種でiPadもさらに進化するのでしょうか?
    楽しみなところです。

  2. 地縛霊化した日本の出版会社には、さっさと成仏してもらいたいです。

    iPodは、どうもマイナーチェンジになるらしいです。そのぶん、価格を下げるとかというウワサが流れています。
    KDDIがiPhone5を販売するそうで、びっくりです。

  3. サイト大変参考にさせてもらっています。
    Amazon Prime の体験版みたいのに入ったときに、映画が沢山観れるぞーと喜びましたが、
    実際観ようとすると、USに居ない(日本からのアクセス)から駄目だよー(意訳)と言われて観れませんでした。
    今も同じな気がしています。

  4. 一生懸命調べてみたら、Amazon Instant Videoは米国以外だと見れないようです。
    で、対処法としては、VPNを通すと見れるようになるそうです。
    http://hotspotshield.com/
    1ヵ月3GBまで使えるそうです。

    PCからだとVPNを通せば普通に見れそうですが、
    スマートフォンから見るのはややこしい話になっていました。

    http://akehara-sanpo.blogspot.com/2011/01/vpn-connections-099.html
    上記のリンクに書いてあるようにすると見れるようになるらしいです。

    だがしかし、現在スマートフォン用にアカウントを発行していないみたいで、使えなくなっている感じがします。
    あと、ルート化する必要があるとか、なんとか。
    やたらめんどくさそうで、結局のところスマートフォンからでは見れないことになりそうです。

  5. わざわざ調べていただいて、すみませんでした。
    参考になります。
    ヘタレなので実行はしないと思いますが。

  6. 名前がKindle Fireになるそうです。
    紙なんて燃やしちまえ!みたいなネーミングかな?

    価格が300ドル?というウワサが出てたり、CPUはデュアルコアだとか、Androidは2.3とか?
    今夜、正式に発表されるそうです。

    とりあえず、価格が250ドルだと良いな。

  7. Kindle Fireが発表されたー!
    価格が199ドル! 安いぞ。
    あと、AmazonECのクラウドでネットが速くなるらしいです。

    送料とか足しても、17000円くらい。
    Kindle Fireの予約をポッチっとな・・・、

    ぎゃーーー、US onlyだーーー。
    予約できない!

    Kindle Fire作れない日本企業に絶望した!(八つ当たりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。