とある英語学習者とサイト運営の戯れ言 パート2/2

ここ2日、暇だ、いや暇というよりも、やる事もやりたい事もやり終えた。
そして、やることが何もない。

英語学習は続けているけど英語学習は別腹で、主力ですることが何もない。

うーん、何しよう。。

暇なので、英語学習についてぼやいておこう。

英語力は英文のインプット量に比例する。

音読でも、シャドーイングでも、リプロダクションでも、ディクテーションでも、精読でも、多読でも、暗唱でも、続けられるならなんでも良い。とにかく、正しい英文をインプットし続ける。

ちなみに、僕は最近になって多読多読と言い始めたけど、多読を始める前に300万語ぐらいは英文を既に読んでいたりする。

英文のインプットを8としたら、単語と文法の勉強は1〜2ぐらいが良い。最終的には単語と文法の勉強なんてとても少なくなる。

単語は英文の中で覚えていくのが良い。
英語を読んでいるときに辞書を引くなという輩もいるけど、引いていい。というか引く方が良い。ただし、引きすぎると疲れて嫌になるから、ほどほどに引いてメモしていくのが良い。

単語帳を買ってきて覚えるのは、たとえ単語帳に例文が載っていても、止めるべきだ。テスト対策になっても、感情を伴わないので使える英語力は上がらない。

和訳はクソだ。英訳もいらない。
これは、何もわからない生徒をあぶり出すくらいにしか役立たない。

文法の問題集はゴミだ捨てちまえ。

文法書は役に立つ。というか必要。補助輪みたいなもんだ。
だけど使い方が難しい。

英語の勉強は、基本誰かに教えられる勉強ではない。
1人で地道に積み上げていくのが、英語の勉強だ。

ただし文法だけは、1人で勉強するのを避けた方がいい。

自分の疑問に答えてくれる英語上級者を確保すべきだ。
くだらないと思う質問でも、意外に重要だったりする。

英文法教えてー、とかではなく、なんでこういう表現を使うの?というような疑問をぶつけて答えてくれる英語の先生がほしい。そういうときは、メモしよう。

ただし、まともに答えられる英語の先生は、ほとんどいないはず。
今の僕レベルでも厳しい。急がしいから明日教えるよとかいって、必死に調べていそうだ。

軌道修正してくれるような英語の先生や、くだらない疑問でも普通にまともに答えてくれる先生が、ほしい、ほしかった。

大量の英文のインプットした場合、
リーディングとリスニングは完璧になると思う。

問題は、ライティングとスピーキングだ。

文法の理解度が、ライティングとスピーキングに大きな影響を与えるんじゃないか?

適当なライティングとスピーキングなら、まぁ出来ると思うけど、教養のあるロジカルなライティングやスピーキングが非常に困難な状況になる。

つうか、オレがそれだ。

この3年で迷走しながら文法の理解度を自力で深めた。深度50mから150mくらいに。
この期間に理想の英語の先生に手伝ってもらえてたら、もっと短縮できたはず。。。

そんなこんなで、大量の英文のインプットを再開した。

あと、大量の英文のインプットするときは、読むだけではなく、読んだ文章を聞くのも重要だと思う。読むだけでは発音がわからない単語があるのと、頭に残りやすい気がする。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で最安値クラスです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。