becauseとsinceとasとforの違い

becauseとsinceとasとforも、接続詞で「〜だから」という意味がありますが、少し細かいですが違いがあります。口語ではbecauseと言っておけば良い気がしますが、ライティングでは使い分けが必要になります。

forとbecause ofの前置詞句の比較

○I agree with you for the following reasons.
△I agree with you because of the following reasons.

forは説明を加えるのに対して、because ofは原因を提示します。

I agree with you for the following reasons.
こういう理由であなたに賛成です。

I agree with you because of the following reasons.
こういう理由であなたに賛成です。

理由は原因(because of)ではなく、説明(for)と取ったほうがベターです。原因でも何とか通れますが、説明のほうが良いので説明を取ります。

becauseとsinceとasとforの接続詞としての違い

等位接続詞と従位接続詞

等位接続詞 and, but, for等
従位接続詞 because, since, as等

because, since, asは従位接続詞であるのに対して、forは等位接続詞です。

このことによる最も大きな違いは、
because, since, asは文頭に持っていくことができますが、forはできません。forはandやbutの仲間なので同じように文頭に来ません。ただし、A is good, and B is bad.をA is good. And B is bad.のように途中で文をぶった切ると見た目は文頭になることがあります。

コンマのあるなし

等位接続詞で主節どうしをつなげている場合、コンマが必要になります。
A is good, and B is bad.

ただし、文章が短い場合や、別に紛らわしくなければコンマはなくても大丈夫です。
A is good and B is bad.

forの場合は、紛らわしいのでいつもコンマを付けておいた方が良いと思います。

because, since, as(以下because)は従位接続詞なので、原則コンマは必要ありません。ただしbecauseが文頭に来る場合は、コンマが必要になります。ただし、これも基本的に紛らわしくなければ省略しても大丈夫です。

A is good because B is good. (B is goodが重要)
Because B is good, A is good. (A is goodが重要)

文章の後ろに来る節が重要な節になります。


becauseの前には基本的にコンマを入れませんが、入れることがで意味がかわる場合があります。

(1)I don’t want an apple because I don’t like apples.
(2)I don’t want an apple, because I am full.

(1)リンゴが嫌いだからリンゴはほしくないというわけではない
(2)お腹がいっぱいだからリンゴはほしくない

(1)はリンゴが嫌いという理由でリンゴが欲しくないと言っていて、何か他の理由があることを意味しています。
(2)はお腹がいっぱいだからリンゴが欲しくないと言っています。

会話ではコンマでいったん言葉を少し止めます。

この違いは厄介です。1つ言えることは、こんな文章は書かないことです。おそらく嫌らしい受験英語くらいな気がします。

誤解を招かないように、(1)の意味を使いたい場合は、こっちを使いましょう。
I don’t want an apple not because I don’t like apples but because I am full.


こういうややこしいのは、基本的に否定文がbecauseの前にいるときです。

リンゴの例ではうまくいかなかったので違う例文を作ってみました。

He didn’t hit me because I was there.

He didn’t [hit me because I was there.]

Not [he hit me because I was there.]

[彼は私を殴ったのは私がそこにいたから]ではない

基本的に、否定文を使うよりも肯定文で文を組み立てるのが良いです。
He hit me because I lied.

becauseとsinceとasとforの違い

becauseは原因です。becauseの中にcause(原因)が入っています。
since, as, forは説明です。

becauseは新情報や難しいことを説明する場合に用います。
既存情報やわかりきったことを説明する場合は、sinceやasやfor等を使います。

△Because it rained, the camping was cancelled.
○Since it rained, the camping was cancelled.

雨が降ったらキャンプなんてキャンセルなのは当たり前だから、sinceのほうが適切です。

わかりきっていることにたいしてbecauseを使うと、相手を馬鹿にしている気がします。


Because I broke my leg, I stayed at home.
Since I broke my leg, I stayed at home

自分が足を折ったことを知らない相手に対してはbecauseを使って、知っている相手に対してはsinceを使います。



強調したい文(節)を後ろに置きます。
Because I broke my leg, I stayed at home.
家にいたことを強調したい

I stayed at home because I broke my leg.
骨を折ったことを強調したい

他の従位接続詞(since,as等)も同じです。
等位接続詞(and, but, for等)の場合は、前も後ろも特に変わりません。

新情報の意味が含まれるbecauseは文頭よりも文中に置いたほうが良い感じがします。
逆に旧情報の意味が含まれるsinceやasは重要性が低いことから文頭に置いたほうが良い感じがします。


sinceは堅苦しいので、so(等位接続詞)を使う場合があります。

少し堅い Since I broke my leg, I stayed at home
少し軟らかい I broke my leg, so I stayed at home


問題はasです。

sinceとasは同じように用いることができるようですが、
私は説明等を加えるのにasを使ったことないです。

asは”~するとき”などの時間関係や状態を示唆するときでなら見かけたり使ったことがあります。

一応asで説明を加えることができるけど、実質的にほとんどその意味では使われないと思います。状況や時間経過などが絡むときにasを使って、説明的なものはsinceを使うのが無難です。

As the sun set, they went home.
太陽が沈んだとき、彼らは家に帰った。

As you know, I broke my leg.
知ってのとおり、私は骨を折った。



接続詞としてのforは、基本的に古い用法なので無視して良いです。ごくたまに文章で見かけますが、何かかっこつけて説明しているなくらいでいいと思います。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。