品詞を文章構成へ配置する仕方と句と節

英語の品詞を文章構成へ配置する仕方、そして句と節を解説します。品詞や文章の構成は、英語を話すときや聞くときは気にする必要はないのですが、英語を読むとき、英語を書くときにとても重要になります。

10種類の英語の品詞の基本


英語の品詞は、10種類あります。名詞、代名詞、動詞、助動詞、形容詞、副詞、前置詞、冠詞、接続詞、間投詞、とりあえず、ざっくり見直してみましょう。

名詞 book, cat
代名詞 I, you
動詞 like, speak

助動詞 can, should
動詞を修飾する

形容詞 beautiful, good
名詞を修飾する

副詞 very, always
名詞以外を修飾する

前置詞 at, in
名詞の前に置く

冠詞 a, the
名詞の前に置く

接続詞 and, but
文章をつなげる

間投詞 oh, oops
かけ声

今回はこの10種類の品詞の中で文章の構成へ直接影響を与えない品詞は削除します。

代名詞は名詞と同じ動きをするので削除、助動詞は常に動詞だけを修飾するだけなので削除、冠詞は名詞の前に置いて数や特定・不特定を表すだけなので削除、接続詞は複数の文章をつなげるだけで説明はそれで終了するので削除、間投詞も文章構成に影響を与えないので削除。

以上より、
名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞が文章の構成にとって重要な要素になります。

品詞を文章構成へ配置する方法


文章の構成への配置で必要になるのは、名詞、動詞、形容詞、副詞のみです。前置詞一旦ここでの説明は保留します(句で重要な要素になります)。

5種類の文章の構成

英語の文章の構成は5種類(5文型)しかありません。英語の文章があったら、全てこの5種類に振り分けられます。疑問文や、倒置、感嘆文などがありますが、基本は5種類の文章構成です。

主語+述語
主語+述語+補語
主語+述語+目的語
主語+述語+目的語+補語
主語+述語+目的語+目的語

主語、述語、補語、目的語を文章の構成要素と言います。

補語や目的語の意味が分からない人は、英文法の全ての基本を読んでください。

修飾語はどこでも置けます
(修飾語+)主語(+修飾語)+(修飾語+)述語(+修飾語)+(修飾語+)目的語(+修飾語)+(修飾語+)目的語(+修飾語)

文章の構成と品詞の関係

主語←名詞(+代名詞)、名詞句、名詞節が入る
述語←動詞が入る
補語←名詞(句、節)と形容詞が入る
目的語←名詞(句、節)が入る
修飾語←形容詞、形容詞句、形容詞節、副詞、副詞句、副詞節が入る

文型を語るときになぜ文章の構成要素(主語、述語等)を使って、品詞を直接使わないのかというと、文型の数が膨大に増えてしまうから。下記のように文型を品詞で直接することはできます。

主語+述語

名詞+動詞

主語+述語+補語

名詞+動詞+名詞
名詞+動詞+形容詞

主語+述語+目的語

名詞+動詞+名詞

主語+述語+目的語+補語

名詞+動詞+名詞+名詞
名詞+動詞+名詞+形容詞

主語+述語+目的語+目的語

名詞+動詞+名詞+名詞

文章の基本構造が5個だけだったのが、とりあえず7個に増えます。これだけだったら良いのですが、ここから名詞は単なる名詞と名詞句と名詞節の3つに増えます。

名詞句だけでも動名詞や不定詞、形容詞などを含んでいたりします。名詞でも形容詞句の一部になったりします。品詞を直接使って文型を分類すると、管理不能に陥ります。

他の理由は、形容詞は補語と修飾語の2つの使い方があります。

名詞+動詞+名詞+形容詞

形容詞が補語として使われていたら第四文型、
主語+述語+目的語+補語

形容詞が修飾語として使われていたら第三文型
主語+述語+目的語(+修飾語)

単純に形容詞ですといっても、文章の構成が決まらなくなってしまいます。

ということで主語、述語、補語、目的語を文章の構成要素として文型を説明します。

文章の構成と修飾語の関係


She is a very cute girl.
彼女はとてもかわいい女の子です。

cute“かわいい”は形容詞で、名詞のgirl”女の子”を修飾しています。
very”とても”は副詞で、形容詞のcute“かわいい”を修飾しています。

形容詞は名詞だけを修飾します。
副詞は、形容詞を修飾したり、動詞を修飾したり、文章全体を修飾したり、とにかく名詞以外を修飾します。

修飾語は省いても形を保てるので文章の構成要素にはなりません。

○She is a very cute girl.
○She is a cute girl.
○She is a girl.
×She is a cute.

ただし、形容詞は補語として使う場合があるので、補語で使う場合は文章の構成要素になります。

形容詞を補語として使う例
○She is cute.
×She is.


修飾語は文章の構成要素ではないとしても、文章を説明する上で必須要素になる場合が多々あるのでしっかり覚える必要があります。修飾語でも特に句や節になったとき重要な意味を占めます。


句は主語と述語がないものを言います。2つ以上の単語からなっています。

名詞句

名詞句は、動名詞、不定詞、または疑問詞+不定詞から始まります。

動名詞 reading books
不定詞 to read books
疑問詞+不定詞 how to read books

この3つの名詞句を文型の名詞と入れ替えることが出来ます。

第1文型 名詞+動詞
第2文型 名詞+動詞+名詞
第3文型 名詞+動詞+形容詞
第4文型 名詞+動詞+名詞+名詞
第5文型 名詞+動詞+名詞+形容詞

形容詞句

単なる形容詞の場合、修飾語と補語の2つの使い方がありますが、形容詞句は修飾語の使い方だけになります。

形容詞句は名詞の後ろにおいて名詞を修飾します。
名詞+形容詞句

4つの形容詞句

前置詞+名詞
She is a student at the University of Tokyo.
形容詞句の”at the University of Tokyo”が名詞の”a student”を修飾しています。

不定詞
I have something to do.
形容詞句の”to do”が名詞のsomethingを修飾しています。

現在分詞
I saw a woman studying English.
形容詞句の”studying English”が名詞”a woman”を修飾しています。

過去分詞
I have a pen made in Japan.
形容詞句の”made in Japan”が名詞”a pen”を修飾しています。

副詞句

通常の副詞と同じように、副詞句は名詞以外を修飾します。

3つの副詞句

前置詞
She stay at home.
副詞句の”at home”が動詞のstayを修飾しています。

不定師
She works to live.
副詞句の”to live”が動詞のworkを修飾しています。

分詞構文
Compared to me, she is very talented.
副詞句の”Compared to me”が形容詞のtalentedを修飾しています。


節は主語と述語があって、一つの文章として完成しているものを言います。ただし、その節の前にはthat等がくっついています。

名詞節

名詞節を作る最初は、接続詞(that等)、疑問詞(who等)、関係詞(what等)から始まります。

名詞節 = 接続詞or疑問詞or関係詞 + 主語 + 動詞 + …

これらの名詞節を名詞と入れ替えることが出来ます。

第1文型 名詞+動詞
第2文型 名詞+動詞+名詞
第3文型 名詞+動詞+形容詞
第4文型 名詞+動詞+名詞+名詞
第5文型 名詞+動詞+名詞+形容詞

また、名詞+名詞節とすることで、名詞をさらに詳しく説明したりします。

形容詞節

形容詞節を作る最初は、関係代名詞(who等)、関係副詞(when)から始まります。

形容詞節 = 関係代名詞 + 動詞 + …
形容詞節 = 関係副詞 + 主語 + 動詞 + …

形容詞節は形容詞句と同じように修飾語の使い方だけになります。補語にはなりません。

形容詞節は名詞の後ろにおいて名詞を修飾します。
名詞+形容詞節


豆知識
疑問詞のwho
Do you know who she is?
関係代名詞のwho
She is the only one who studies.

副詞節


副詞節は副詞や副詞句と同じように名詞以外を修飾します。とは言っても、副詞節は主に文全体を修飾するのに使います。

副詞節 = 主に接続詞 + 主語 + 動詞 + …

文章の中での配置図
副詞節, + 通常の文章
通常の文章 + 副詞節

いろいろな使い方がある副詞節ですが、一例を上げてみると、

何とかしたら、何とかするよ。
このうち、“何とかしたら”の部分が副詞節で、“なんとかするよ”という文章を修飾しています。

If I were a bird, I would jump off the top of a tall building.
もし私が鳥だったら、高いビルの屋上から飛び降ります。

副詞節の”If I were a bird”がI would以下の文章を修飾しています。

こういう1つの文が、もう1つの文を説明するようなとき、説明する文を従属節(=副詞節)といいます。



以上、品詞の説明に始まって、品詞の文章への配置の仕方、句の使い方と節の使い方まで、必須なところは全てカバーしました。全部重要です。特に英語を書くとき、生半可な文法力だと、幼稚な文章しか書けません。英語を読むときも、誤読してしまう可能性が高くなります。

英語学習者は、品詞と句と節の理解、そして配置の仕方を絶対マスターしましょう!

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。