contentとcontentsの違い

非常に間違いやすいのがcontentとcontentsです。

日本語で言うとコンテンツだからcontents、数えられる名詞だろうと思って使うと、おかしなことになります。

contentの基本的な意味

content
名詞:中身、内容物
名詞2:満足
形容詞: 満足している
動詞: 満足させる

満足という意味は今回は関係ないので無視します。
今回は中身、内容物という意味に絞って解説します。

contentは数えられる名詞?

contentの意味は中身、内容物です。

中身という意味を取ると、中身は中にモノが複数あっても中身というそれ自体は1つです。それゆえ、数えられない名詞としての性質を持ち、contentで常に単数形になります。

コンテントは中身というよりも、箱込みの中身という見方がいいです。
コンテントは袋とか箱があって、その中にモノが入っている、中身込みの箱をコンテントと言います。
(箱いらずで、中身がコンテントという案もありますが、ここでは箱込みでコンテントという方針を取ります)

内容物という意味を取ると、中身は1つでも、内容物は1つ2つ数えられるので、数えられる名詞の性質を持ち、contentsという複数にすることができます。箱と内容物でコンテント、箱の内容物のみでコンテンツです。

コンテンツは和製英語?

ほとんどの場合で、和製英語です。

デジタルコンテンツ
これは、デジタルコンテントが正しいです。

映画や本、ゲーム等等、こういったものを総称して、デジタルコンテントと言います。
デジタルな箱があって、その中に、映像や音声や文章等が入っています。

デジタルコンテンツは何なのかというと、何なんでしょう?
デジタルコンテントが映画や本やゲーム等を指しているため、デジタルコンテンツが何を示しているのかわかりません。

実際のところは、デジタルコンテンツと言ってもデジタルコンテントという意味で通してもらえると思いますが、デジタルコンテントです。

コンテンツビジネスも、言いたいことはコンテントビジネスがほとんどです。


他には、例えば、ホームページのアドレスに使う場合、
http://eikaiwable.net/content/lack-of-and-short-of
http://eikaiwable.net/content/believe-and-believe-in

contentsではなくて、contentです。
ちなみに、私は1度間違えました!!

コンテンツが使えるところ

身近なところで目次です。
あと、内容物を強調する必要があるとき等です。

Longman – contentから例文を引っ張ってきています。

contentsを複数形で使う例

1) the things that are inside a box, bag, room etc
箱やカバン、部屋の中にあるもの

contents of
Most of the gallery’s contents were damaged in the fire.
火事でほとんどのギャラリーの品々が被害を被った

contents insurance (=insurance for things such as furniture that you have in your house)
家財保険

Police checked contents of the bag.(自作です)
警察はそのバックの中身を確認した


2) the things that are written in a letter, book etc
手紙や本に書いてあるもの(個別内容)

contents of
She kept the contents of the letter a secret.
彼女は手紙の内容を秘密にした

The program automatically creates a table of contents.
そのプログラムは自動的に目次を作る

He casts his eye down the contents page.
彼は目次のページに目を落とす


以上です。
contentsは映画や本などのデジタルになれる商品とかではなければ、わりと複数形にすることが出来ます。


Longmanに書いてあった、contentを単数形に取る例

1) the amount of a substance that is contained in something, especially food or drink fat/protein/alcohol etc content
何かに含まれている物質の量

the fat content of cheese
チーズの脂肪分

water with a low salt content
塩分の少ない水


2) the ideas, facts, or opinions that are contained in a speech, piece of writing, film, programme etc:
スピーチや文章、映像、プログラムに含まれるアイデア、事実、意見

The content of the media course includes scripting, editing and camera work.
メディアコースの内容はスクリプティング(記述)、編集、カメラワークが含まれます。


3) the information contained in a website, considered separately from the software that makes the website work:
ウェブサイトに含まれる情報(ウェブサイトを動かすソフトウェアは除外)

The graphics are brilliant. It’s just a shame the content is so poor.
グラフィックはすばらしい。コンテンツ(コンテント)がみすぼらしいのが残念です。


デジタル情報や形のない物は、コンテントというのがほとんどで、
それ以外は、コンテンツになるケースが多いです。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。