常に単数、常に複数、単複同形の名詞

常に単数の名詞や、常に複数の名詞、そして単数でも複数でも形が変わらない単複同形の名詞があります。必ず混乱するので、ここにまとめていきます。

常に単数形の名詞

news(ニュース)
information(情報)
data(データ)
series(シリーズ)
furniture(家具)
advice(アドバイス)
homework(宿題)
baggage(荷物、手荷物類)
luggage(荷物、スーツケース類)
economics(経済学、学問全般)
assistance(手伝い、アシスタンス)
evidence(証拠)
trouble(トラブル)
knowledge(知識)
machinery(機械装置)
technology(技術)
means(手段、meanは動詞で“〜を意味する”)
labor(労働)
media(メディア)
equipment(設備)
damage(損害, damagesは賠償金)
work(仕事、worksは作品)

The news is …とすべて単数形をとります。Theは付けられるけど、基本的にはaは付けられません。ただ、a little newsなどの場合はaは付けられます。

one news, two news …とかは数えません。

例えばnewsの数え方は
a piece of news, two piece of news …
a news article, two news articles …

他に名詞が形容詞で修飾されている場合、aをつけられます。

a good news
a deep knowledge


常に単数形だけど複数としてとらえる名詞

police(警察)

The police are …とすべて複数形をとります。Theは付けられるけど、aは付けられません。
警官一人は、a police officerといいます。

常に複数形の名詞

arms(武器)
headquarters(本社、本部)
surroundings(環境、surroundingは周り)
glasses(メガネ)
scissors(はさみ)

基本的には複数形だから複数としてとらえます。

メガネの場合は数え方に少し注意する必要があります。
My pair of glasses are cool.

メガネが三つという場合、three glassesとは言わず、three pair of glassesと言います。
はさみや、ズボンなども同じように数えます。

My pair of glassesを代名詞にするときtheyでとるかitでとるかという問題がありますが、theyが優勢です。

headquartersもややこしく、
The company’s headquarters is located in Tokyo.(その会社の本社は東京にある)
The two companies’s headquarters are located in Tokyo.(その2つの会社の本社は東京にある)

ただ、1つの会社のheadquartersであっても、headquarters areを主張する人もいて何ともカオスになっています。

単複同形の名詞


Japanese

原則aはつけない
The Japanese(日本人で複数)
Japanese people(日本人)
Japanese(通常、日本語で単数)
Japanese language(日本語で単数)
a Japanese businessman(日本人のビジネスマン、Japaneseを形容詞として使って後ろに名詞を置くとaを使える)
I am Japanese.(私は日本人です。aをつけない、Japaneseは形容詞)

その他の単複同形

単複同形の基本は単数形としてとらえる必要がないものです。

狩猟するものや
fish, deer(鹿), sheep(羊), cattle(家畜)

one fish, two fish, three fish…

魚の種類を強調する場合だけ、many kinds of fishes等と言います。

同じ単語が複数になったり単数になったりする名詞


family

家族が5人いても、A familyといいます。ただし代名詞はtheyを使います。

familyを一つの集合単位ととらえた場合、単数でとらえます。
familyの一人一人を意識した場合、複数でとらえます。

原則は上記ですが、familyは単数でとらえておくのが無難です。アメリカ英語では単数をとるのが優勢で、イギリス英語では複数をとるのが多くなる感じがします。

代名詞はtheyをとるのが普通ですが、ごくたまにitを取る人がいます。

Her family is big.
彼女の家族は大家族です
一人一人に注意を払う必要はなく、ただ大きいか小さいかを判断しているだけなので単数形になります。

Her family are very kind.
彼女の家族はとても優しいです
一人一人が優しいと強調する形になるので複数形をとります。単数(塊)でとらえてもたぶん文句は言われません。

ちなみに普通に複数形があります
two families(2家族)

その他の単数形が複数になったり単数なったりする名詞

ルールは、一人一人に注意を払う必要がある場合にだけ複数、それ以外は単数をとります。単数でとらえるのが優勢です。

familyと大体同じルールをとります。

company
workforce(全従業員)
team
などなど

代名詞をitにするかtheyにするかで判断が分かれます。
theyにすると少し暖かみがある感じ、itにすると客観的な感じ。

なお会社を2つ、3つ等と数える場合、普通に複数形にします。
one company, two companies, three companies, …

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



常に単数、常に複数、単複同形の名詞” への1件のコメント
  1. ニッキー関野 より:

    Dataは複数形で、その単数形はdatumといいます。従ってData are…といいます。Data is… というと間違いになります。

    • kyosuke より:

      dataは少しやっかいです。
      感覚的にはData isのほうを使っていそうですが、Data areもありそうな、そんな感じです。

      ということで、調べてみたところ
      http://www.eigowithluke.com/2012/02/data/

      科学用語で使う場合、Data areになって、
      日常ではData isというそうです。

      ただし、少数派だけど常にData areを使う人達がいるそうです。

  2. エメラルド より:

    とても勉強になりました。助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。