countryとnationとstateの違い

よく見る英語(アメリカ)のニュース番組で視聴者に呼びかけるときにnationと言っているので、countryとnation、ついでにstateの違いを調べてみました。


countryの意味

countryの意味:国、国家、国土
そのほか、地方という意味で使う場合もあります。

countryは地理的な意味合いが強いです。
国境を意識している感じです。

他の国を指すときはcountryを使うのが無難だと思います。

nationの意味

nationの意味:国民、国家、民族

nationは文化を共有しているという意味合いが強いです。
nationは国というよりも、同胞という意味で取ったほうがいいです。
文化圏を意識している感じです。

自国民に対して言う場合なんかは、nationとか使ってもいいと思いますが、
他の国に対して、nationというのは何かおこがましい気がします。

1つの国に文化圏が複数混在する場合は、
countryの中にnationが複数存在することになります。
イギリスやカナダなんかは、国の中に複数のnationがあります。

日本の場合は、
country = nation ( = state)です。

ちなみに、文化圏はあるけど国がない場合でもnationを使うことができます。

英語(アメリカ)のニュース番組で視聴者に呼びかけているときに、nationといっていますが、これはアメリカ文化を意識しています。すごいごちゃまぜ文化な感じがしますが、それがアメリカ文化なんだ!みたいな。

stateの意味

stateの意味:国、国家
そのほか、状態、州のという意味でも使います。

stateは政治的な集団という意味合いが強いです。
政府を意識している感じです。
日本政府が統治している国みたいな。

正直、国と言う意味でのstateはほとんど聞かない気がします。
国家の政治形態を語るニュースとかで出てくるのかな?

nation-stateという英語がありますが、意味は国民国家です。
長く言うと、文化圏を共有するもの同士で政府を切り盛りしている国家です。

日本は、nation-stateです。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。