紛らわしい自動詞と他動詞の案内所

他動詞と自動詞って似たような意味だから別にどうでもいいじゃん!とかお思いの方、後悔するときがやってきます。

7割わかっても3割わからない。
間違った使い方をする可能性が十二分に存在する。

そして、ちゃんと調べて理解しない限りこの状態がずーと続きます。

ここは、それをなくすための案内所です。

既存案内

他動詞/自動詞でよく引っかかるポイントを加味して説明してあるページです。

自動詞と他動詞の基本
自動詞と他動詞の違いと代表

他動詞/自動詞で間違いやすい代表的な動詞とその駆除
discuss
marry
oppose
break
sell
cut

追加情報

既存案内だけではカバーしていない追加情報です。紛らわしい他動詞・自動詞を見つけ次第、ここに追加記載していきます。

face A / be faced with A

faceとbe faced withはかなり近似しています。

あえて分ける必要はない感じがしますが、キーになるのは、faceは動詞であるのに対して、facedは形容詞であることです。

動詞は行動が要求されているのに対して、形容詞は状況を知らせてる感じがします。

We faces the problem.
We are facing the problem.
私たちはその問題に直面する(だから何かしろ)
他動詞です。

We are faced with the problem.
私たちはその問題に直面する(やや客観的)
facedは形容詞として扱います。

その他
We are facing up to the responsibility.
私たちはその義務に立ち向かう
問題ではなく、義務や責務などの場合、face up toを用いるのがベターな気がします。

あまり聞かない表現
We are faced by the problem.
The problem faces us.
とりあえず意味は通じるとは思いますが、まわりくどいだけの表現な気がします。

prepare A / prepare for A

prepareとprepare forの違い。

prepare A
Aを準備する
他動詞

prepare for A
Aのために準備する
自動詞

She is preparing the test.
彼女はそのテストの準備をしている。
すなわち、彼女は先生でテストを作っている。

She is preparing for the test.
彼女はそのテストのために準備している
すなわち、彼女は生徒でテスト勉強をしている。

要点は、forが方向を向いている前置詞であるという点です。

“prepare A”はA自体を用意するという意味で、
“prepare for A”はAの方向に向けて用意するという意味になります。

suffer A / suffer from A

suffer A
短期間苦しむ(痛み・経験)

suffer from A
長い間苦しむ(持病)

覚え方は、fromが付くと距離感ができるため長さを感じること。

1発殴られた、
suffer 1発殴られた痛み
毎日殴られる
suffer from DV

She suffered pain.
彼女は痛みで苦しんでいた

She suffered from cancer.
彼女はガンで苦しんでいた

involve / be involved in A / be involved with A

involveは他動詞のみをとる動詞です。

A involves her.
Aは彼女を含みます
×Aは彼女を参加させます
×Aは彼女と関わります

She is involved in A.
前置詞のinは中に入っていることを示します。
彼女がAの中に入っています。
involvedはinvolveの受身ではありません。involvedは形容詞です。

She is involved with A.
前置詞のwithは関係性を示します。
彼女がAと関係ししています。
このinvolvedも形容詞です。

She gets involved with A.
isをgetにすることで、無関係から関係ありに変化したことを示します。isは関係ありの状態を示しているだけです。


そもそもinvolveの受身形としての文は可能かというと、
She is involved by A.
彼女はAに含まれます
これだと彼女とAとの関係がよくわかりません。わかるように前置詞のbyを適当な前置詞に変えて、involvedもbyが変わっちゃたから形容詞として扱いましょうね、みたいにします。


A involves her.を少し発展させると

The scandal involves A, B, C, and D.
そのスキャンダルはAとBとCとDを含む。

更に発展系で、
The scandal involving the bad person was exposed.
その悪人を含んでいるスキャンダルは暴露された

この例文を逆にしてしまうと
The bad person involving the scandal was exposed.
そのスキャンダルを含んでいる悪人は暴露された

ヘンテコリンになってしまうので注意しましょう。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。