前置詞forは方向を示す

前置詞forの日本語の主要な意味は「~のために」や「~に向かって」ですが、使うシーンは多岐にわたって、日本語の意味だけでは当てはまらないケースはたくさんあります。さらに他の前置詞、例えばtoやらofやらでごちゃごちゃになってしまいます。

ということで、まず最初に日本語訳を覚えるのではなく1つのイメージを覚えてください。

前置詞forのもっとも簡単なイメージは方向です。
もう少し言うと右矢印(→)です。

例えば、
He left for Tokyo.
He left → Tokyo

彼は東京へ向かって出発した
彼→ 東京


He bought a present for her.
He bought a present → her.

彼は彼女にプレゼントを買った
プレゼント→ 彼女

for = 右矢印(→)とイメージで覚えましょう。

このイメージを使って細かい用法に当てはめていきましょう。

前置詞forの用法

for 目的

He bought a present for her.
彼は彼女にプレゼントを買った

present→ her
イメージ的にはプレゼントがあって、それが彼女の方へ向いている感じです。
まだあげていなくて、買っただけなので、forで方角をさしているだけになります。

では、買っただけでなくあげた場合どうなるかと言うと、
He gave a present to her.
彼は彼女にプレゼントをあげた

前置詞toに変わります。この前置詞toは出発点と到達点を結んでいるイメージです。forは出発点から矢印が出ているだけです。ここではプレゼントをあげているので、プレゼントと彼女は結ばれています。なので前置詞とに変わってしまうと。

もし、giveなんかの動詞に前置詞forをつけるとなると、こんな例文になります。

He gave his life for her.
彼は彼女に自分の命ををあげた

直接彼女を助けたとかではなくて、何か間接的に彼女を助けた感じです。まぁ直接命そのものをあげるのは無理なのでね。

目的って日本語では目的という言葉ですが、イメージでは矢印が目標に向いていると思います。その矢印がforです。

wait for you あなたを待つ
look for you あなたを探す
left for lunch 昼ごはんにいく
good for you あなたに良い
This is for you.これはあなたのです(This → you)

for 方向

He left for Tokyo.
彼は東京へ向かって出発した

He → Tokyo
彼→ 東京

目標ではなくて物理的に向かう場合でも普通にforを使います。

ここでよく対比されるのが前置詞toです。

He went to Tokyo.
彼は東京に行った

went to Tokyoの場合、既に東京に着いています。
left for Tokyoの場合、東京に向かっています。着いたかどうかなんて知りません。

前置詞toはTokyoまでをつないでいるのに対して、前置詞forはTokyoという方角へ向いているだけです。

for 交換

A for B
A → B
AがBになる

He bought earrings for 300 dollars.
彼は300ドルでイヤリングを買った
イヤリングが300ドルになる、それを買った

これとほとんど同じ意味で前置詞atも使うことができます。
He bought earrings at 300 dollars.
彼は300ドルでイヤリングを買った

この価格に対するforとatの違いは、atは固定価格の場合に多く用いられて、forは変動価格(割引とかプレミアで高騰したりとか)の場合に用いられます。atが何で固定になるかというと、時間もさすから(at 6:30. 時間は一度決めたら変わったりしないよ)

He mistook his wife for a ghost.
彼は妻を幽霊と間違えた
妻を幽霊とする、それは間違いだった。

for 距離・時間

forの使い方でイメージに合わないのがこの距離と時間です。

簡単な例文
I studied English for three hours.
私は英語を3時間勉強した

なんで距離や時間を長さを表すのにforを使っているのかよくわかりません。
とりあえず、まぁこれだけこういう使い方をすると思っておけばいいんじゃないかなと。


おまけ

NHKのテキストであったのですが、
I’ll make a reservation for 6:30 at Chuck’s Grill.
私はチャックグリルで6時30分の予約を取ります

ここにforが使われています。

これで予約が取り終わったら、こんな表現になると思います。
I made a reservation at 6:30 at Chuck’s Grill.

forでその時間に向かっていて、予約が決まると固定化するからatに変更するみたいな。


あと、前置詞forの関連でmethod ofとmethod forの違いというページも参考になるかと思います。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。