時制、いろんな未来の予定

未来はwillかbe going toを入れておけば良いと思っている人、10点中3点です。

未来の可能性や実際の行動によって、未来形ではなく現在形、進行形、更には不定詞で未来を表現したりします。

大まかな違いは下記です
・will 意思表示
・be going to 行動に移している状態
・to不定詞 確定事項(第三者の意思など)

今回は富士山を使って未来の予定を詳しく掘り下げていきます。

例:富士山に登る予定

可能性に関してはやや適当です。

確実に起きる

確実に起きる未来の場合、現在形で未来を表現します。

I climb Mt. Fuji tomorrow.
明日富士山に登る。(たとえ雨でも吹雪でも風邪でも!可能性100%)

普通な使い方
Tomorrow is Friday.
明日は金曜日

予定あり+準備あり

登る予定が前もってあって、その準備をしているときは、現在形の進行形を使います。

I’m climbing Mt. Fuji tomorrow.
明日富士山に登ります。(今はその準備中です! 可能性90%)

予定あり+準備なし

登る予定が前もってあるけど、まだ準備をしていない場合、be going toを使います。

I’m going to climb Mt. Fuji tomorrow.
明日富士山に登ります。(予定は前から立ててるけど、まだ準備していないよ。 可能性70%)

口語ではbe going toの代わりに、be gonnaと話す人がわりといます。

日時を抜かすと、今から行くことになります。
I’m going to climb Mt. Fuji.
今から富士山に登りにいきます。

予定なし+その場の判断

登る予定がなかったけど、今さっき決めた場合、willを使います。

I will climb Mt. Fuji tomorrow.
明日富士山に登ります。(今さっき決めちゃった! 可能性30%〜70%)

普通は電話が鳴ったので出るよ(I’ll answer the call.)とかに使います。be going toは前から予定していた時に使うので、I am going to answer the call.とは言いません。

willを強調すると強い意思としてとらえ、明日富士山に必ず登ります!みたいな意味に変わります。

予定あり+強制的

自分では予定を変えられないような場合、to doを使います。

I am to climb Mt. Fuji tomorrow.
明日富士山に登ります。(そいういった予定が誰かに組まれていて、自分では変更できない感じです。可能性90%)

予定あり+最終的には準備ができている

まだ準備をしていないけど、そのときまでに準備万端になっているような場合、will be doingを使います。

I will be climbing Mt. Fuji tomorrow.
明日富士山に登ります。(準備はまだしていないけど、最終的には準備はできている。可能性90%)


未来の予定まとめ

100%確実かそうではないか、
予定は前からあるかないか、
準備をしているかしていないか、
他人の計画かどうかで、表現が分かれます。

動詞だけ
確実

am 進行形ing
行動を起こしている

am going to
まだ行動を起こしていない (予定は前からある)

will 動詞
まだ行動を起こしていない(今さっき決めた)

will be 進行形ing
まだ行動を起こしていないけど、予定までには準備が完了している。 行動を起こしているam 進行形ingを更に未来形にした表現です。

to do
他人の計画に自分が参加させられるときに使う表現


予定の聞き方

カジュアルな聞き方

Are you going to 動詞 … ?

Are you going to use your car tonight?
あなたの車、今夜使いますか? 見たところ使っていないから使ってもいいかな、みたいな感じが少し含まれるかも。

とても丁寧な聞き方

Will you be 動詞ing … ?

Will you be using your car tonight?
あなたの車、今夜使うかもしれませんか? 見たところ使いそうもないけど、使うかもしれないな、みたいな感じが含まれます。

ちなみに、
Will you use your car tonight?
あなたの車を今夜使ってくれませんか?という依頼する表現になってしまうので、予定を聞きたい場合は進行形にする必要があります。

通常文の“will be 進行形ing”は、まだ行動を起こしていないけど、予定が近づけば準備をして予定を遂行するという表現です。そのため、その疑問形は見た目はまだ行動を起こしていないけど、予定が近づいたら行動を起こすかもしれないなという表現を含んでいます。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。