英検1級: Is it acceptable to treat water as a private commodity?

英検1級の英作文とスピーチ用のエッセーです。
トピックは、Is it acceptable to treat water as a private commodity?

気候変動により旱魃や洪水が世界中で起きている。それに加えて人口増加によりより多くの作物を育てるのに多くの水が必要になっている。これにより水の需要は供給を上回っている。水の供給を公正にするためにも水を私的所有物として扱うことは許容できないという結論でエッセーを作成しています。



英検1級の英作文とスピーチ用のエッセーをまとめて800円で販売していましたが、無料で全文公開することにしました。

お役に立てたら、オンライン英会話と英語教材の比較と評価サイトで、オンライン英会話に登録して無料レッスンを受けて行ってくれるとサイト運営で助かります。(このサイトに少しだけ紹介料が入ります)

Is it acceptable to treat water as a private commodity?

There are more drought and flood all over the world because of climate change. In addition, we need more water to raise crop to feed people because of population growth. The demand of water exceeds the supply. I think in order to control water supply fairly, it is not acceptable to treat water as a private commodity.

Firstly, if we treat water as a private commodity, the price of water will increase significantly in draught area. People or companies that own water resources will limit the supply of water to increase the price. Instead of supplying water to famers, water would be provided to the rich. People can limit taking shower two times a week, but crop will die without water in a week.

Secondly, water should be treated shared commodity to avoid conflict with others. For example, if people who live upstream of a river use too much water or pollute water, people who live downstream get angry. If a person dug wells and sucked a lot of groundwater, nearby people would get little water from their wells.

Water shouldn’t be treated as a private commodity because it is unfair for many people and it might cause conflict between people or even countries in today’s overpopulated and global warming world.

英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.1
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.2
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.3
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.4
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.5

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。