lack ofとshort ofの違い

lack ofとshort ofの違い、似てそうで実は使いどころが違うので注意しましょう。

lack of

意味:不足

最初からない。
形のない物に使う場合が多いです。

I am lack of confidence.
私は自信がない。

lackは数えられない名詞です。
上記の例文はSVCで、補語に名詞をとっている形です。

lackを自動詞でとると、
I lack in confidence.
I am lacking in confidence.
同じ意味ですが、あまり見かけません。

lackを他動詞でとると、
I lack confidence.
同じ意味です、よく見かけます。

lackは名詞、自動詞、他動詞があり、その全て同じような意味で使えます。


a lack ofと言う表現を使えるかどうかですが、

“I am lack of” 184,000 件ヒット
“I am a lack of” 8,330 件ヒット

lack ofのほうがダントツに多いので、lack ofを使いましょう。

short of

意味:~が足りない

最初はあったけど使って不足した感じ。
具体的な物に使う場合が多いです。

I am short of money.
私はお金が不足している。

shortは形容詞です。
上記の例文はSVCで、補語に形容詞をとっている形です。

a short ofよりもshort ofのほうがダントツに使われるので、short ofを使いましょう。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。