オンライン英会話の選び方と効果的な受け方

複数のオンライン英会話会社でレッスンを受けて、その数合計421レッスン、時間数にすると25分×421回、175時間受けました。その結果をふまえて、オンライン英会話の選び方とレッスンの効果的な受け方を話します。

オンライン英会話のレッスン経歴

2010年10月17日〜18日 レアジョブ 2回
2010年10月20日〜11月20日 hanaso 25回
2010年10月1日〜2011年4月11日 English bell(DME) 114回
2012年6月16日〜2013年4月15日 ラングリッチ 254回
2014年1月3日〜2013年4月3日 DMM 75回

オンライン英会話選びで知っておくべき重要なこと

オンライン英会話選びで知っておくべき最も重要なことは、
カリキュラムの質と料金です。

先生を厳選してるとかは基本的に全てのオンライン英会話会社が言ってます。

最初は良い先生が集まっていると言われるオンライン英会話会社も規模が大きくなるにつれて、先生の質なんて確保できなくなり、結局はみんな同じような質になります。最終的には良い先生がいたり微妙な先生がいたり、そんな状態になります。

オンライン英会話のカリキュラムの質

フリートークやニュース記事を使ったレッスンを中心に受ける場合、カリキュラムの質なんてまったく関係ないのですが、フリートークやニュース記事のレッスンは受けないほうがいいです。その理由は下のほうに記載しています。

ここでは、カリキュラムの質を勝手に私が判断しちゃいます。


独自カリキュラムの質

オンライン英会話レアジョブ
★★★
独自教材はいくつかあるけど、正直微妙・・。

オンライン英会話のhanaso
★★
独自教材はほとんどない。

英会話のENGLISH BELL
★★★
DME(DMMではない)という復唱レッスンがあるけど、微妙。。超初心者にはいいかもしれない。ただし、レッスン料金が高い。

ラングリッチ
★★★★
独自教材がたくさんある。基礎英会話初級なんかは初級者にとって楽でいいかも。ビジネス英会話もたくさんあるけど、使える状況下が限られているかもしれない。

DMM英会話
★★★★
レベル別教材の入門と中級が使える。ビジネスも使えそうなのがある。わりと使えるのがたくさんある。

ラングリッチは教材がたくさんあるけど、使える範囲が狭いものが多い。DMM英会話はラングリッチよりも教材は少ないけど、使える範囲が広いものが多い。レアジョブが変わっているところは、TOEFLのスピーキングに対応しているところ。

オンライン英会話のレッスン料金

カリキュラムと同様に重要なのはレッスン料金です。

ほとんどのオンライン英会話学校が毎日1レッスンで6000円前後が相場になっています。
そこについ最近、競合相手を破壊するために価格破壊する輩が現れました。

それがDMM英会話
毎日1レッスンで月額2950円(2013年1月から8月31日まで)

DMMはDVDレンタルやら証券会社やらソーラーやらゲーム出したり、もはや何を主力にしているのかよくわからない企業です。それがオンライン英会話にも参入してきました。

月額2950円は完全に赤字です。ところがDMMは他の業種で稼いでそのお金を赤字補填していると思われます。資本力で競合相手をぶっ叩きにきました。


料金が安いところを渡り鳥のように飛び移っていくのが一番いいんじゃないかなと思います。


効果的なオンライン英会話の受け方

Practice makes perfect.
という言葉がありますが、正しくありません。

正しくは、
Good practice makes perfect.

練習を続ければ英会話ができるようになるわけではなりません。
良い練習を続ければ英会話ができるようになります。

一番効果的ではないレッスン、フリートーク

一番悪い練習はフリートークです。

自分の英会話力が10として、
理想の英会話力が100とします。

フリートークを続けることで、
英会話力が20くらいにはなるかもしれません。
ただし、そのくらいで伸びなくなります。

というのも、フリートークは結局のところ同じようなことしか話さなくなり、
20回もやってしまうと、言い慣れた表現だけを言うようになり、それ以上の発展が望めなくなります。

フリートークをする必要がないのは、フリートーク以外のレッスンでも5分くらいは世間話みたいな話をはさむからです。基本的に、それで十分で、わざわざレッスン全部を使ってフリートークをする必要はありません。

あまりお勧めできないレッスン、英語のニュース記事

順位は付けられませんが、比較的あまりよくないのが英語のニュース記事を使ったレッスンです。

英語の記事自体が長い場合が多く、それを読み上げるだけで多くの時間がかかってしまいます。
記事を理解しているかとか、感想程度を言うくらい浅い話で終わってしまいます。

同じ記事を何回も使い回せば、ある程度効果があるかもしれませんが、読み上げる時間が無駄になります。さらに、英語のニュース記事は表現が難しく真似をすることが難しい類の英文です。特に会話で使いこなすのは至難です。

お勧めできるかもしれないレッスン、独自カリキュラム

ほとんどのオンライン英会話サービスは、独自教材をそろえています。

例えばDMM英会話には下記のような教材がありました。

Lesson 40: Learning New Things

Exercise 2 | Dialogue Practice(ストーリーと質問)
Directions: Read the dialogue aloud with your teacher.
次の文章を Teacher と一緒に大きな声で読んでみましょう。
Yuki and Yano are talking about their studies.
Yuki : Hey, Yano, how are your studies going?
Yano : Well, it is very interesting. But when it comes to studying History, I have to cope with
memorizing lots of details and dates…
Yuki : Indeed… How do you learn all these details?
Yano : I go through them many times and learn them by heart. So many things to learn… How do you
learn something new, Yuki?
もっと続く

Exercise 4 | Conversation Questions(フリートーク)
Directions: Take turns with your teacher in answering the questions
Teacher とフリートークで話してみましょう。
1. How do you like to learn new things? What would you recommend to others?
2. Have you ever had trouble learning something? How did you deal with it?
3. What is most difficult in learning English for you?
4. Which do you prefer, to learn alone or with friends?
5. What techniques do you know for learning new things?

ストーリーを暗唱しまくれば、自在に使える表現が増えそうだし、フリートーク(正確にはテーマが決まっているのでフリートークではない)では、事前に英文を用意して暗記しておけば、かなり力が付くと思います。

独自カリキュラムは先生のほうも慣れている可能性があるので、教えやすいと思います。ただし、1回やって満足するのではなく、最低同じやつを時間を空けて3回くらいはやったほうがいいです。興味のないやつは飛ばして、興味が少しあるのだけ、ピックアウトしていくのが良いと思います。

事前に回答例を作っておくことで予習をして、
同じレッスンを受けることで何回も復習する。

もっとも無難な方法だと思います。

DMM英会話のオリジナル教材の使い方で実際のレッスンと私の回答を載せいているので参考にどうぞ。

お勧めできるかもしれないレッスン、自分で教材を作る

自分で短いエッセーを書いて、それを使ってレッスンを受ける方法です。

独自カリキュラムはビジネス英語や日常会話などが主ですが、自分で作る教材は主に社会問題がテーマになります。というのも、英検1級の英作文と2分間スピーチの対策になるから。

英検1級の二次試験のスピーチトピック 過去問485個
英検1級の自由英作文(エッセー)の過去問

この中から、自分の興味のあるのを選んで、
2分間程度のスピーチになるエッセーを書きます。

ブログ等を作ってエッセーをそこに載せて、
先生にアドレスを教えて自分が書いたエッセーを使ってレッスンを受けています。

ブログがなければ、Skypeのチャットボックスにコピペしてしまっても良いと思います。

2分間スピーチが終わったら先生からいくつか質問をしてもらって、それに答えるという形式を取っています。

英検1級のエッセーとスピーチ対策になると思って、気長に続けています。
スピーキングのテストとかなければ、わざわざやる必要はないかもしれません。


ただ自分の意見を言ったり、相手を説得しようと試みたりするのは、いい刺激になると思います。レッスンでうまく意見を言えなかった場合、寝床で英語脳で思案したりとかして、また同じエッセーを使うときに備えられます。



オンライン英会話の独自カリキュラムと自分が作った教材を交互に使いながら、レッスンを受けていくのが一番理想的だと思います。


ちなみに私はDMM英会話で自分が作ったエッセーを使ってオンライン英会話を毎日25分受けています。英検1級に受かったら、DMMの独自教材を交互に使いながら続けていきたいと思います。

英検1級に受かりました

ということで、DMMの独自教材を使ってレッスンを受けています。
独自教材を使ったレッスン模様は下記のリンクで見ることが出来ます。
DMM英会話のオリジナル教材の使い方

オンライン英会話の講師と使い方

同じオンライン英会話学校でも英語がうまい先生がいたり、普通な先生がいたり、ヘタクソな先生がいたりします。

英語がうまい 3割
英語が普通(私よりうまい) 6割
へたくそ(私よりヘタクソじゃねえ?) 1割未満

英語がうまい先生はレッスンの進め方もうまい場合が多いです、
英語が普通な先生も進め方がうまい人もいるけど、やや下手な先生もいる感じです。
ヘタクソにあたったら、あきらめてください。

DMM英会話なんかだと、フィリピン人以外にもルーマニアとかボスニアとかいろんな国の人がいます。フィリピンの先生より平均して他の国の先生の方が英語が少しうまい気がします。

流暢に英語をしゃべる先生や、少しカタコトだけどうまい具合にしゃべるなーと思う先生がいたりとか、訛が強いとかはあまりありません。

ただ、ほとんど全ての先生に言えますが、
英語を教えてもらおうと受身でいると、たいして効果のあるレッスンにはなりません。

自分の用意した英文を相手にぶつけて様子を見る。
基本的には、だいたい問題なく通じます。
うまく意思疎通ができなければ、違う表現をぶつけてみる。

そんな風に、相手にどんどん投げつけて使うのが基本です。

自分が聞き役に回ってしまうと、
まったく役に立たないレッスンが出来上がります。

先生が主に話して、自分が相づちを打ったり、ちょっと口を挟んだりというのはよくないレッスンです。

間違っても良いので、主体的にこちらから話していくのが重要です。
先生に相づちを打たせて、たまにサポートしてもらうというのがベストです。
自分が7割、先生が3割くらい話すのが良い割合だと思います。
うまい先生は、この3割で自分の稚拙な表現やつまった表現を、もっとましな英語表現に変えてくれたりします。

結婚していない=かわいそうな人

おそらくフィリピン人は、26歳か27歳以上の人は全て結婚していると思っている節があります。
なにぶん私も、結婚していないのに結婚している前提の話をいただいております。
奥さんは何の仕事しているの?とか。

まだ独身です。と答えると、非常に申し訳なさそうに謝られます。

あ、そうなんだ、くらいで流していただければ良いのですが、
何かとても悪いことをしたような感じになられてしまいます。

独身の方は、ボディブローのように、じわじわと痛めつけられることでしょう。
エアー奥さん旦那さんという設定を作っておく必要があるかと思います。
あと、お金持ちの女の人、僕と結婚してください。(宣伝)

他の国の先生はどうかというと、そういったボディーブローは特にありません。

フィリピンの国柄だと思うので、あきらめてサンドバックになってください。


ちなみに、ラングリッチだとそのボディーブローをよくいただけるかと思います。


おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



オンライン英会話の選び方と効果的な受け方” への1件のコメント
  1. B'mouth より:

    オンライン英会話に興味はありましたがやったことないので、すごく参考になりました。
    自分で教材を作るみたいなのもできるんですねぇ。
    あとフィリピン人と会話したことないのですが、自分もそう思われるんだろうな・・と

  2. kyosuke より:

    自分で教材作るのは割と大変なので、各オンライン英会話の独自教材を使うのも良いと思います。

    結婚していない人や恋人いない人、社交性が低い人はラングリッチは危険です。
    とは言うものの、ラングリッチをやめたのは1年くらい前なので今では変わってるかもしれませんが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。