provide with/for/toの違い

provideの前置詞の使い方をよく迷うので、ここにまとめておきます。

provide 物

provide 物
provide 物 for 人
provide 物 to 人 (provide forのほうが一般的)

provideは支給するという意味で、
渡し方がやや間接的なため、toよりもforのほうが好まれます。

give 物 to 人
giveは直接的にあげている感じなのでtoを使います。

provide 人

provide 人 with 物
provide 人 物 (米語)

provideとsupplyの違い

provideと似たような意味でsupplyがあります。違いは、supplyのほうが長期的な意味合いを持っていることです。

provide 提供する
supply 長期的に提供(供給)する

新製品ならprovide、昔からある部品とかならsupplyを使う感じです。

supply 物
supply 物 to 人
supply 物 for 人 (supply toと同じくらいの頻度? 長期的に提供しているからtoのほうが良い感じがする)
supply 人 with 物

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。