sell、自動詞と他動詞の引っかけ

自動詞と他動詞って、同じような意味だから気にしなくて良いじゃんって思っている人、要注意です。

個人的なことですが、sellの意味は“〜を売る”だけだと思っていました。

I sell computer books well.
○ 私はパソコンの本をよく売る

Computer books sell well.
× パソコンの本はwellを売る

長い間、混乱を起こしていました。

sell 売る/売れる


sell
他動詞 を売る
自動詞 が売れる

sellの他動詞バージョン

I sell computer books well.
主語 + 動詞 + 目的語 + 修飾語(副詞)

動詞が目的語の“computer books”を取っているので、sellは他動詞になります。

他動詞
A sell B(名詞=目的語).
AがBを売る。

目的語は他動詞の動作の対象となる名詞です。 sellの対象になるのが目的語のBだということです。

sellの自動詞バージョン

Computer books sell well.
主語 + 動詞 + 修飾語(副詞)

wellは副詞で修飾語なので文の構成要素にはなりません。そしてsellの後に目的語がこないので自動詞になります。

正しい意味は、“パソコンの本がよく売れる”

自動詞
A sell.
Aが売れる。

sellの引っかけ問題

(1) ○Computer books sell well.
(2) ○Computer books are sold well.

(3) ○I sell computer books well.
(4) ×I am sold well.

理由わかりますか?

(1)と(2)の意味は基本的に同じです。(3)と(4)の意味は全く違います。

(1)のsellは自動詞で、売れる。
(2)のsellは他動詞の受け身で、売られる。
(3)のsellは他動詞で、売る
(4)のsellは、もうどうしようもない感じ。私はよく売られる。


おまけ cut


sellの他に同じような単語としてcutがあります。

I cut my hair.
私は髪を切った

The knife cut well.
そのナイフはよく切れた


自動詞
A(刃物等) cut.
Aが切れる。

他動詞
B cut C with D(刃物等).
BがCをDで切る。
ちなみにCが目的語です。

A=Dです。両方とも刃物等が入ります。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。