英検1級: Should more public services be privatized?

英検1級の英作文とスピーチ用のエッセーです。
トピックは、Should more public services be privatized?

民営化はコストカットにつながるが、公共の安全性を脅かす可能性がある。日本政府の負債を考えると、夫妻を減らすためにも民営化を進める必要があるという結論でエッセーを作成しています。



英検1級の英作文とスピーチ用のエッセーをまとめて800円で販売していましたが、管理が面倒になったので全文公開することにしました。

お役に立てたら、オンライン英会話と英語教材の比較と評価サイトで、オンライン英会話に登録して無料レッスンを受けて行ってくれるとサイト運営で助かります。(このサイトに少しだけ紹介料が入ります)

Should more public services be privatized?

Privatization leads to cost savings, but it might leads to endanger public safety. Given the Japanese government’s deficit, more public services need to be privatized to reduce the deficit.

Firstly, more privatization is necessary to reduce government spending and reduce its debt. The Japanese government is heavily in debt. If the government kept piling up more debt, it would not be able to provide public services in the future because of the debt. One way to avoid this crisis is privatization. Privatization is an effective way to reduce government spending. Many local governments decided to privatize public services such as libraries and childcare centers to cope with their limited budget.

Secondly, some people say privatization would create safety issues, but these can be avoided with the implementation of a strict government inspection. Privatization sometimes causes accidents because private companies tend to skip security measures to reduce their cost. A tunnel owned by a private highway company collapsed because the company didn’t implement some of important security measures. If the government organized the safety team to inspect privatized companies regularly, this kind of accidents could be avoided.

Public service tends to provide best service at an expensive cost. The Japanese government is no longer able to manage such expenses. Before the government bankrupts, it would be wise to accept more privatization with the government’s inspection.

英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.1
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.2
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.3
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.4
英検1級の英作文とスピーチ用のエッセー Vol.5

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。