時制、現在と過去そして時間の置き方

注) 時制を舐めてはいけません。
時制、現在か過去か未来かを判断するだけだから簡単と思うのは、間違いです!

ここでは時制の基本、
現在形、過去形、進行形を解説します。(未来形は次回です)

現在形の基本用法


現在形の意味するもの

習慣・普段行うこと
I wake up early in the morning.
私は朝早く起きる
現在形で一番要注意な用法です。現在形はwakeやplay等の動作を表す動詞がくる場合、現在の状況ではなく習慣を表している場合が大半です。

状態
I am a student.
私は学生です

常識
Oil float on water.
油は水に浮く

必ず起きる未来
Tomorrow is Sunday.
明日は日曜

I go to vote tomorrow.
明日は選挙に行く

引用
The newspaper says that.
新聞ではそう言っている
現在も続いていそうなことを引用するとき現在形が使える。

現在形/現在進行形


(1) I play soccer.
私はサッカーをします。(習慣・趣味です)

(2) I am playing soccer.
私はサッカーをしています。(今ボールを蹴ってる)

(1)は現在形で(2)は現在進行形です。(1)はサッカーをするのが趣味ですみたいな意味をしています。今その場でサッカーをしている必要はありません。(2)は、今サッカーをしているところですという意味になります。

曜日の置き方


私はいつも日曜日にサッカーをします。

△ I play soccer Sunday.
△ I play soccer on Sunday.
□ I play soccer on a Sunday.
○ I play soccer on Sundays.
○ I play soccer every Sunday.

普通Sundayと単体では出てこないのですが、どうしても短くしたい場合や、気心が知れた人同士の場合、on Sundayのonを省略することがあります。

基本的にSundayの前にonを置いて前置詞句(副詞句)にして動詞を修飾するので、Sundayという名詞だけをポツッと置いてしまうのはインフォーマルな感じがするとだけ覚えておきましょう。

on a Sundayは、いつかはわからないけど日曜日のどれかという意味か、だいたい毎週日曜日という意味があります。毎週日曜日を強調したい場合、every Sundayかon Sundaysを用います。

on Sundaysとevery Sundayは毎週日曜日という意味なります。

問題は、on Sundayです。
on Sunday = last Sunday = next Sunday = every Sunday
こいつは、先週の日曜日、来週の日曜日、毎週日曜日のいずれかの意味になります。混乱を避けるため、毎週日曜日という意味を使いたい場合は、on Sundaysかevery Sundayを使うのがベターです。


過去形の基本用法


過去形は現在形を過去にするだけです。

現在の動作を表すとき、現在形では進行形を用います。

I am playing soccer.
私はサッカーをしています

過去の動作を表すとき、進行形ではなく単なる過去形になります。

I played soccer.
私はサッカーをした

過去進行形にしたい場合、基本的に何かしらの文が伴ってやってきます。例えば、

I was playing soccer when she came.
彼女が来たとき私はサッカーをしていた


過去の動作を表しているのか、それとも過去の習慣を表しているのかわからなくなるので、過去の習慣を表したい場合、頻度を表す表現を入れます。

I played soccer every Sunday when I was a child.
私は幼い頃、毎週日曜日サッカーをしていた

used to / would


過去の習慣を強調したい場合、used toやwouldを用います。

I used to play soccer every Sunday when I was a child.
used toは昔していたけど、今はしていないという意味を含んでいます。

I would play soccer every Sunday when I was a child.
wouldは昔していて、今はどうだろねと、現在の状況をぼかした表現になります。


used toと似た形で、
“be used to 名詞”がありますが、こちらは“~に慣れている”という意味になるので気をつけましょう。

used to 動詞 (していた)
be used to 名詞 (慣れている)

覚え方は、used toは過去のことを言っているので過去形のみであることに注目してください。

be used toは現在だったり過去だったりします。is used to(慣れている)、was used to(慣れていた)等など。

this morning / in the morning


現在形と過去形で最も間違いやすいのが、時間の置き方です。

まずは正しい用法から。

I wake up early in the morning.
私は朝早く起きるのが習慣です

I woke up early this morning.
私は今朝早く起きました

I woke up early in the morning.
私は朝早く起きるのが習慣でした


違い
in the morning 朝(昨日でも今日でも未来の朝までカバー!)
this morning 今朝(1回こっきり)

afternoon, eveningも同じやり方になります。
ちなみに、in this morningとは言いません。

普通な表現
yesterday morning 昨日の朝
tomorrow morning 明日の朝

怪しいやつら
last morning 最後の朝
next morning 次の朝(時系列ならあり)


もっと複雑な時間表現にしてみる!

私は彼に5日前の朝(9時)に会った
I met him in the morning five days ago.
I met him (9) in the morning five days ago.
I met him five days ago in the morning.

おまけ
私は彼に5日後の朝に会う
I will meet him in the morning five days later.

at night / in the evening


nightの場合、例外を取ります。

at night (夜)
tonight (今夜)
in the night (特別な何かがある長い夜)

夜の表現の中に、in the eveningがあります。

基本的には、日が沈んでから寝るまでの間がin the eveningで、寝てから日が登るまでがat night。

日が沈んでから寝るまでの間に何かやっているので前置詞のinを使います。寝るとあっという間なのでatを使って、区別する必要もないのでtheも付きません。

一般的には、
午後5時か6時から午後9時までがevening時間で、それ以降がnight時間として使われるのが普通な気がします。

普通な表現
last night 昨晩
yesterday evening 昨晩

怪しいやつら
last evening 最後の夜、または昨晩
yesterday night 昨晩

nightは基本的に日をまたいでいるため、yesterday nightというと意味不明な感じがします。last nightと同じ意味で取ってくれると思いますが、使わないにこしたことはありません。シェークスピアは使っていたそうな。。


その他、
○ I eat lunch at noon
× I eat lunch in the noon
× I eat lunch noon

noonはなんでnoonだけでは成立しないのか考えました。

noonは名詞の意味しかない、名詞は副詞にならない、前置詞を付ければ前置詞句になって副詞句として動詞を修飾できる。

と考えたのですが、ではlast nightって形容詞が付いただけの名詞なのに副詞みたいに動詞を修飾しているのはなぜかというのにぶち当たりました。

調べてみると、名詞には例外的に副詞的目的格なるものが存在して、名詞なのに副詞のふりして動詞を修飾してしまえるらしいです。ただし、例外が適用される名詞は時間や数量等を表すものに限るとか。

基本的には前置詞を置いて、副詞句にして動詞を修飾すると。形容詞が名詞に付いた場合で例外が適用できる場合、前置詞を付けないで副詞のふるまいが出来ると言うことでした。

おすすめのオンライン英会話

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとアメリカ人などのネイティブ講師も選ぶこともできます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間レッスンが無料で受け放題になるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。