TOEICスコアアップのテクニック

TOEICスコアアップのための勉強方法とテクニックを載せていきます。ここは効率的にTOEICの点数アップをすることが目的です。ページ作成者はTOEIC975点(2014年3月)です。

TOEICスコアアップの総合案内所

TOEICスコアアップの総合案内所です。

少しずつ内容を充実させていきます。

Read More

TOEICパート1は写真描写の問題形式

TOEICテストは最初に、45分間のリスニングセクション(全部で100問)から始まります。

問題の指示など全て英語になります。

Read More

TOEICパート1のスコアアップのテクニック(1)、最初の105秒、写真の傾向、似た発音、現在進行形

TOEICパート1からパート7の中で、最も簡単なのがパート1の写真描写の問題、10問です。

ここでは、まず最初に使えなくなったテクニックについての注意点を説明します。その後、最初の105秒の使い方、写真の傾向、似た発音の単語による引っかけ、現在進行形の引っかけを説明していきます。

Read More

TOEICパート1のスコアアップのテクニック(2)、受動態(現在形、進行形、完了形)、知らない単語、白黒写真

今回のTOEICパート1のスコアアップのテクニックは、高得点を取る人でも引っかかる、受動態の攻略法を主にしていきます。その他、知らない単語と見づらい白黒写真の対処法も説明します。

Read More

TOEICパート2は応答の問題形式

TOEICのリスニングのパート2では30問の応答問題が出題されます。

応答問題とは何なのかというと、質問や普通の文章が流れます。それに対して3つの答え方が流れます。3つのうち、最も適当な答え方を選んでマークシートにマークします。

Read More

TOEICパート2のスコアアップのテクニック、最初の64秒、難易度、パターン、最初の1語、発音と単語、マークミス

TOEICのパート2の応答問題はパート1の写真描写問題の次に点を取りやすい場所です。

パート2は傾向をしっかり見極めて対策することで比較的効率良く点を稼げる場所です。というのも、選択肢が3つしかなく、しかも30問同じような形式で問題が出てくるからです。

ここではTOEICパート2のスコアアップのテクニック、最初の64秒、パート2の難易度、問題パターン、最初の1語、聞き取れなかった発音と知らない単語、マークミスの防ぎかたについて解説します。

Read More

TOEICパート3は会話の問題形式

TOEICのリスニングのパート3は10種類の会話×各3問で、合計30問の問題で構成されています。

登場人物は2人で、その2人が3,4回会話を交わします。

つまり、Aさんが話してBさんが話してAさんが話して3回のパターンと、
Aさんが話してBさんが話してAが話してBさんが話しての4回のパターンがあります。
Read More

TOEICパート3のスコアアップのテクニック(1)、対策を後回しにする理由、先読みの仕方、トピックスの傾向

TOEICパート3の会話問題はパート1とパート2に比べて点を取りくい場所です。

TOEICの点数が低い人は、パート3の対策は後回しにして、他のパートを対策することをお勧めします。TOEIC500点以上ある場合は、パート3を避けると点数が伸びないので、パート3を地道に対策していきましょう。

今回は、パート3の対策を後回しにする理由、英語力別の先読みの仕方、最近のパート3のトピックスの傾向について解説します。

Read More

TOEICパート3のスコアアップのテクニック(2)、最初の35秒、登場人物、典型的な質問文、引っ掛け問題

今回は、パート3のスコアアップのテクニック(1)の続きです。

最初の35秒、登場人物、典型的な質問文の一覧、引っ掛け問題について解説していきます。

Read More

TOEICパート4は説明文の問題形式

TOEICのリスニングのパート4は10個の説明文×各3問で、合計30問の問題で構成されています。

基本的にはパート3と同じですが、パート4は話す人が1人だけです。その人が、何かのメッセージ(レポート、広告、ラジオ、留守電など)を読み上げます。
Read More

TOEICパート4のスコアアップのテクニック、一番難しい理由、最初の65秒、リスクの平準化、先読みの失敗、単語の言い換え、最後の時間

TOEICパート4の説明文の問題はTOEICの中で一番点を取りにくい場所です。

点数を取りづらい順
パート4(説明文) > パート3(会話) > パート7(読解) > パート6(長文穴埋め) = パート5(単文穴埋め) = パート1(写真) > パート2(応答)

TOEICの点数が低い人は、パート4とパート3ならびにパート7は後回しにして、他の点数の取りやすいパートから対策することをお勧めします。

今回は、パート4が一番難しい理由、最初の65秒の使い方と先読みリスクの平準化、先読みを失敗した場合、単語の言い換え、最後の時間について解説します。

Read More

TOEICパート5の問題形式、1問あたりに使える時間、問題文の取り組み方

TOEICのパート5は、短文穴埋めの40問です。文法や語法、語彙を問う問題になります。パート5はスコアを伸ばしやすいパートなので、優先的に対策に取り組みことをお勧めします。

ここではTOEICパート5の問題形式、1問あたりに使える時間、問題文の取り組み方について解説します。

Read More

TOEICパート5の問題文の取り組み方をもっと詳しく!

TOEICパート5の問題形式、1問あたりに使える時間、問題文の取り組み方でパート5の問題文の取り組み方をさくっと解説しました。

ここでTOEICパート5の取り組み方をもっと詳しく解説します。

現時点(2014年)で最新のTOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉のパート5の独自解析を元に話を進めます。

Read More

TOEICパート5のウザ所(1)、接続詞?接続副詞?副詞?前置詞

パート5で頻出するウザいところ、接続詞と接続副詞と副詞と前置詞の話をします。

Read More

TOEICパート5のウザ所(2)、分詞と複合名詞とその他雑多な話

TOEICパート5によく出てよく間違える分詞と複合名詞、thatの中の原形、そして覚えづらい動名詞のみをとる動詞や不定詞のみをとる動詞、to動名詞について。

Read More

TOEICパート6の問題形式、1問あたりの時間、問題文の取り組み方、4つの時間節約テクニック

TOEICのパート6は、長文穴埋めの12問です。基本的な対策はパート5と同じになりますが若干異なります。リーディングセクションではパート7よりも取りやすいセクションなのでパート7よりも優先的に対策することをお勧めします。

TOEICパート6の問題形式、1問あたりの時間、問題文の取り組み方、4つの時間節約テクニックについて解説します。

Read More

TOEICパート7の問題形式、時間が足りない人、1問あたりの時間、時間を節約する方法

TOEICのパート7は読解問題の48問です。資料が1つの問題28問と、資料が2つの問題20問からなっています。時間が足りなくなるパートとして名を馳せているパートになります。

ここではTOEICパート7の問題形式、パート7で時間が足りない人、1問あたりの時間、パート7で時間を節約する方法について解説します。

Read More