Could(can) you, Would youの違いと使いどころ

なんとなくあいまいにしてきた、

Could(can) you ~ ?
Would you ~ ?

こいつらの違いと使いどころを、たぶん簡単に説明します。
面倒くさがらずに、ちょっぴり見ていってください。

[ad#336×280]

Could(can) you ~ ? と Would you ~ ? 実は違いはほとんどない

Could(can) you ~ ?
Would you ~ ?

こいつらは相手に何か頼むときに使います。

ただ、Could(can) you ~ ? とWould you ~ ?
この2つの違いはあまりありません。

じゃぁ、どうでもいっか!と言っていなくならずに、
もうちょっととどまって、そのちょっとの差異とやらを見ていって。

Would youは可能なこと、Could youは少しだけ難しいことを頼む

Would youのほうは、見た感じ可能なことを頼むときに使います。
例) Would you 砂糖を取ってくれる?

砂糖はそこにあるけど、自分は手が届かない、でも相手は手が届く
そんなときに使うよ。

あと、ここで使っているWould youと違う使い方になるけど、
レストランで水のお代わりをいるかと聞かれるとき、

Would you like some more water?
という感じになる。

これは、ウエイターが客の立場になって聞いていると思われる。
客が言いそうなこと、I’d like some more water.
それをウエイターが聞く場合、Would you ~を使うことになる。

Could youのほうは、~できた?
というときに使う雰囲気がある。

たとえば、Could you 本を見つけることができた?

頼む相手が本を見つけられるかどうかわからない時に使うよ。

見た感じ可能だけど、丁寧に頼むときにWould youを使う。
可能か不可能かよくわかららないものを頼むときは、Could youを使う。

Can you ~ ?は、子供が頼むときに使う言葉だから、
大人はとにかく、Would you(見た感じ可能)とCould you(できるかどうかわからない)を使って頼みましょう。

Would youとCould you等、こういった用語が詳しく書かれている本

Could(can) you, Would youの使いどころについて、
下の本が参考になりました。

この本、かなりいいです。

本書の基本的な考え方、英語が使えるようになるための3つのルールは、
必読の価値ありです。

その3つのルールとは、
主語、語順、瞬発力
英会話を練習するときのエッセンスが書いてあります。

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技スティーブ ソレイシィ ロビン ソレイシィ

おすすめ平均

stars英会話に自信が付くかと言えば?です。
stars英会話の基礎
starsこんな簡単な文、気にもとめていなかった
stars確かに役立つが
stars使えます。瞬間英作文と同じです。

Amazonで詳しく見る

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「Could(can) you, Would youの違いと使いどころ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。