英語の時間

いつの間にか2ヶ月近く経ってしまいました。

更新していないのには理由がありまして、
記事を書くほど目新しいことをしていないためです。

NHKラジオ講座と“日本人のための教養ある英会話”と絶対音読を引き続き音読していました。

変化しているのは勉強時間くらいで、アプリやらサイトやらを作っていたら、ここ1ヶ月ちょっと1日1時間くらいしか勉強していませんでした。それも一段落付いたので、再び英語の勉強を再活性化しようと思います。

[ad#336×280]

目標1日4時間!
主にスピーキングとライティング、たまに単語の暗記。

本当は1日10時間くらい勉強して、その勢いで英検1級も突破したいのですが、未だに面接を突破できる自信がございません。1次試験は適当に単語を覚え直せば楽勝だと思うんですが、二次の面接がーー。

試験代7500円をどぶに捨てるのも、未だに受からないという烙印が押されるのも、頭痛が痛い感じがします。

申し込み期限まであと1ヶ月なので、それまで勉強して自信がありそうだったら申し込もうかなと・・。

それはさておき、

英語の勉強時間を公開するアプリとサイトを作ってみました。

ストップウォッチ付き掲示板、または
掲示板付きストップウォッチみたいな。

英語の時間(サイト)
英語の時間〜英語の勉強時間を共有するSNS(iOS)

僕の英語の勉強時間
英語の時間: kyosuke

各ユーザごとの掲示板と英語カテゴリーの掲示板が付いてきます。

英語カテゴリーの掲示板には、単語・熟語、文法、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング、TOEIC730〜990、TOEIC470〜730、TOEIC470以下、英検1級、英検準1級、英検2級、英検3級、大学受験英語、高校英語、高校受験英語、中学英語、TOEFL iBT80以上、TOEFL iBT80未満、ケンブリッジ英検、IELTS、国連英検、GRE、SAT、ACT、GMAT、通訳案内士試験のカテゴリーに分かれています。

アプリとサイトの違いは基本的にありませんが、ユーザ登録が別々になっているためアプリで登録したユーザ名でサイトからログインするとかはできません。

現時点では、サイトのほうが少し機能が進んでいますが、しばらくするとアプリ側も実装されます。

英語学習専用のツイッターとかSNSみたいな感じにならないかなーと。

さてと、英語の勉強をしよっと。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で最安値クラスです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。