英検1級の一次試験の結果・・・ 2012年6月10日 第1回実用英語技能検定

昨日(2012年6月10日)、英検1級の一次試験を受けてきて、
今日の1時に解答速報が出ました。

2週間前から僕はなんでこんな試験を受けるんだろうと
とても憂鬱な暮らしを送っておりました。

憂鬱になる原因は、いつまでたってもクソエッセーしか書けなかったためです。

それはさておき6月10日、身体を引きづりながら英検1級の一次試験の会場、成城大学まで行きました。


[ad#336×280]

そもそも成城大学ってなんて読むのかわかりませんでした。

僕の中では“せいけいだいたく”って呼んでいます。
パソコンで路線を調べたときは、なりしろって打ちました。

ともかく、家から50分くらいかかります。

電車で長旅するのは久しぶりなので、
電車の窓から外をジロジロ見てました。

成城学園前について、
英検の受験者がマジョリティーをしめているはずなので
人が流れる方向へ流れてきました。

途中で、予備のシャーペンとお茶を買いました。
一番安いシャーペンでも315円もするのがショックでした。

成城大学につくと、
英検1級と準1級、それ以外の級とに建物が分かれていました。
英検1級と準1級用の道を行くとき、少し優越感を感じるほど僕の器は小さいらしいです。

受付をすませて、
自分の教室へ入りました。

今まで受けてきた試験だと、
受験番号が各机に張ってあってそこに座るんですが、
黒板にも机にも何もなかったので、少し戸惑いながら真ん中の席に座りました。

なぜ真ん中の席を選んだか

それは、前の席だとリスニングのときうるさい可能性があり、
後ろの席だと聞こえずらい可能性があるからです。

僕って、頭いいです。

ちなみに教室は少し肌寒かったです。
念のため、トイレに行っておきました。

教室に戻って、自分の周りを確認します。

かわいい子いないかなー

・・・

男女比4.5対5.5くらい。
少し女性が多い気がします。

あと、みんな若いです。
20代前半みたいな感じですよ。

周りのジロジロみていると変な人に思われるかもしれないので、
用意した単語シートに目を通します。

この単語シート、
僕の大好きなBarron’s1100から苦手な単語のみ抜き出したリストです。

これを見ながら試験が始まるまで待っていました。

で、試験官が入ってきて、
試験の説明を開始。

試験官は2人で両方とも若い女性でした。

若い女性っていいなーと思いながら眺めていました。

僕は何をしにきたのだろう?

教室には時計があります。
僕が今まで受けていた試験会場では時計がなかったので、
時計があるのってすばらしいです。

ちなみに、念のため普段しない腕時計を持ってきました。

この腕時計の寿命すごいです。
カシオのジーショックですが電池代えなくてもずーともってます。

iPhoneの電源を切って机において、
お茶をおいてシャーペン出して消しゴム出して、
回答用紙に必要事項を書き込みます。

ちなみにシャーペンと消しゴムを持ってきていないアホな受験生がいました。
その人は、試験官から借りていました。

試験開始、
筆記が100分でリスニングが36分

Part1

最初は語彙問題。

完全に正解だと思うのが5割
消去法で2分の1くらいまでにできたのが2.5割
残りはまったくよくわかんらない

基本、悩んでもしかたないので、
見切りをつけながらやっていきます。

ページをめくるスピードが周りのみんな同じような感じでした。

Part2

若干短めの長文読解

最初、切手の話
面白い話だった。

次、楽観主義の話
面白い話だった

時間を確認して、なかなか良いスペースできている感じでした。
超苦手とするエッセーのためにできるだけ時間を稼ぐ必要があります。

Part3

長めの長文読解

国際連盟の話
正直、ほとんど知らないので若干戸惑いましたが、強引に押し切りました。

演技の話
非常におもしろい話でした。

資本主義の話
なかなかおもしろい話でした。

ここで残り40分ちょっとです。

この全てをエッセーにぶち込むのです。

ということで題材は、
水について。

将来、水の需要に耐えられるかどうかについて答えろというエッセーです。
Can the global demand for water be met in the future?

瞬間的に、ムリムリムリという思考パターンになりました。

下記から少なくとも3つのポイントを選んで記述します
Agricultural practices
Climate change
Government regulations
Household consumption
Infrastructure
Territorial boundaries

僕のエッセー

ムリ、理由は2つ、人口急増と気候変動(Climate change)

まず最初、人口急増して水の需要が高まるから。
人口急増によって、Agricultural practicesとHousehold consumptionによる水の需要が急増する。
だけど、きれいな水の供給には限度がある。
よって、将来、水の需要には耐えられない

次、気候変動によって水の供給が制限されるから。
日本でさえ夏水不足になる。砂漠地域が増えている。洪水になる国と、干ばつにあう国がある。
これらはみんな気候変動のせい。
雨は水の元だ。だけど、その雨がどこにいつ降るのか予想するのが気候変動で難しくなってきている。
将来的にも、この気候変動は変わらないだろう。
よって、水の供給が制限されて、水の需要には耐えられなくなる。

結論、人口急増により水の需要が増えるが、気候変動によって水の供給が難しくなる。よって、将来水の需要が耐えられない。

残りの時間全部使って書きました。
そして書き終えた瞬間、自分の字がとてつもなく汚いことに気付きました。

あと、実際は英語の表現が非常に稚拙ですが、
すでにその件はあきらめています。

リスニングが始まります

リスニングは過去問で34点中32点(1問ミス)と楽勝分野なのです。

と思っていたら、激むず。
答えがわからない問題が頻出してしまいました。

で、試験終了・・・・

結果はともわれ、ようやく試験が終わりほっとしました。

建物から出る最中に、
小学生の女の子集団(3,4人)に遭遇。

水の問題わかんねーよ、
みたいなことを言っていました。

小学生が英検1級受けてました・・・。

あと、自分の席が一番前で、リスニングの音がキンキンして大変だったと自慢していました。

お前はバカかと思いながら、
この子、英検1級受けてるんだよな・・・と複雑な感じになりましたとさ。

家に帰っても仕方ないので、
その日は自称作業場に向かって、サーバーの設定をしていました。

で、今日、6月11日の午後1時に解答速報が出ます。

エッセーの点数は出ないので、
どうなるのかわからないのですが、
ここで大体わかります。

ダメそうな点数なら、
二次試験(スピーキング)の練習をしなくていいので開放されるんですが、
自分の間抜けが暴露されるわけで。

合格してそうな点数なら、
二次試験に向けて特訓しなければならないわけで、
試験みたいなことはしばらくしたくないと。。。

で、英検の解答速報

結果

筆記
Part1 21点/25点中 84% (過去問で19点)
Part2 5点/6点中 83% (過去問で4点)
Part3 18点/20点中 90% (過去問で14点)
Part4 ?点/28点中

リスニング
Part1 26点/34点中 76.5% (過去問で32点)

語彙問題かなりできていて、長文読解もかなり良かった。
リスニングはかなり被爆したけど、ダメージコントロール(2点問題はほとんどとれていた)はできていました。

安全な合格点が81点です。

僕の点数は70点+?(28点満点のエッセーの点数)

エッセーの点数が28点中、11点以上なら1次試験合格です。

で、僕のエッセーのできですが、
たぶん半分くらいは取れているよね?

ということで14点ということにしたいんですが、

ここで懸案事項が1つ、もしくは2つあったりします。

字がものすごく汚かったこと。

字が汚いから減点5点ね!
とかあったら、正直文句は言えません。
確かに、字が汚かったのです。

論理展開と文章構成はそんなに悪くなかったのですが、
英語の表現がとても稚拙なので、そこにもかなり減点がやってくるかもしれません。

受かっていると思うけど、
英検のエッセーの点数なんてどうなっているのかさっぱりわからないので、
間抜けにも落ちているかもしれません。

結果が出るのが、7月2日。
2次試験が7月8日。

結果がわかってから2次試験の対策を始めてたら完全に手遅れになるので、
うーん、2次試験の訓練をオンライン英会話を使ってすることになるのでした。。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「英検1級の一次試験の結果・・・ 2012年6月10日 第1回実用英語技能検定」への1件のフィードバック

  1. 感激。苦笑。それにしても楽しく読ませていただきました。小生、25年前、もしかしてまだ生まれてなかった?、英検1級を受験し、アメリカから帰国直後でばりばりだったもんで、一発合格。このたび、呆け防止にどう?って言われて、問題集買ったら、いやいやまいりました。英検準1級が当時の1級と変わらないとわかり崖下へ。ありゃりゃと思い、とりあえず準1級を受験。そこに下着が見えても気にしないほどの小学生2人。明らかに初老と思われる人2人。中年2人。後はいろんな女性陣が8割。もちろんかわいい子も。一番ショックだったのは隣の女子学生、50分で終わってたなぁ。あと40分、寝てたような。
    速報で一応筆記は通ったけど、1級は遙か先だと実感。どうか、7月の試験の体験レポートをよろしく。心待ちにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。