英語の多読、精読、読書で図書館を使う!

英語の本の読書をたくさんしようと10年以上ぶりに図書館で本を借りてきました。

絵本がたくさんだよ。

英語の読書だからって絵本を読んだって良いんだよ。
絵が書いてあるから、知らない単語でも想像つくし、
絵が良い感じだし、文字少ないし。

絵本が好きな男って、たぶんモテると思うんですよ。

それはさておき。
しばらく英語を書くために本を読み続けていこうと思います。

俗にいう、多読です。
でも、辞書を引いてのんびり読んでいくつもりなので、
多読でもなくて、単なる読書だったりします。

目安としては数年かけて200冊くらい読もうと思っているので、
もし全部買ったら1冊1000円としても20万円じゃないですか!

200冊も部屋に置きたくないし、洋書は売っても二束三文だから図書館を使う事にしました。

6,7年前はたしか自宅のネットから予約できなかったのですが、いつの間にか出来るようになっていました。洋書は各図書館に散らばっていますが、最寄りの図書館(歩いて10分くらい)を受け取り先にして予約することができます。自宅から12冊予約して待つこと2日、9冊が最寄りの図書館に届いて受け取り準備ができました。1週間くらいかかるかなと思っていたら早いですね。残りの3冊は誰かが借りてて返却待ちです。

ネットで区内の図書館にある洋書の予約をできて近くの図書館に取り寄せられるのは便利なのですが、問題はそれでも洋書の蔵書数がとても貧弱です。

ここ2、3年の洋書はまずありません。それ以前の洋書でも有名どころでもない場合が結構ありました。私の住んでいる区の図書館の規模は大きいはずなのですが、それでもこんな感じです。

お隣の区が比較的洋書数が多いそうですが、電車賃で往復450円くらい。

うーんな感じです。

オリンピックに向けて英語教育の予算を増やすとか何とか、
図書館にある洋書をもう少しまともにしてもらいたいです。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で最安値クラスです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「英語の多読、精読、読書で図書館を使う!」への5件のフィードバック

  1. 絵本が好きな男って、たぶんモテると思うんですよ、
    いつもはkyosukeさんを絶賛している私ですが
    あはは、さすがにこれはどうかな、と思いました(^^)

    絵本は言葉選びが半端なく難しく
    前に翻訳のトライアルで絵本にチャレンジした時に
    非常に苦戦しました。

    洋書、意外と高級住宅街にほど近いブックオフに大量にありませんか?
    以前にたくさん買えた記憶があります。あ、タダではないですけどね。

  2. はじめまして。
    オンライン英会話で、ヒットし、楽しく記事を拝読しました。

    質問ですが、DMEメゾッドの効果は、如何ですか?
    ステージ7迄されて、その後テキスト音読に切り替えられたとの事ですが。

    また、訪問いたします。

  3. DMEメソッドは、時間がない人や英会話の初心者向けです。
    英語を話すのに慣れるという意味では他よりも効果があると思います。

    多読について、タダでも面倒なのはイヤなので、
    地元の図書館5割、Amazon新刊2割、Kindle2割、Bookoff1割くらいで調整しようとかと思っています。

    Bookoffは渋谷・新宿・秋葉原・(中目黒?自由が丘?)に、ある程度の洋書があるとか何とか。用事があるときに寄ってみようと思います。

  4. 自由が丘のBookoffへ行って、洋書はわりとたくさんあったけど眺めるだけで疲れてしまい、そのまま帰ってきてしまいました。

    ヤングアダルトものの本を図書館本やAmazon本でたくさん読んでから、Bookoffへ挑もうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。