iPhoneアプリ売上の振込手数料が無料+少額でも振り込まれる

iPhoneアプリの売上にかかる振込手数料についての報告です。

Appleからの支払い方法は、結構ころころ変わっているようですが、
とりあえず現時点では、Citibank(シティバンク)だと振込手数料が無料、そして売上が数百円でも振り込んできました。

[ad#336×280]

売上の合計が確か1万5千円を超えないと振込はないと思っていたのですが、
先日、銀行の明細を見てみたらAppleからアプリの売上金額(561円+1497円)が振り込まれていました。

ドイツギンコウAPPLEブン
という名前で、上の金額が日本での売上分、下の金額が海外での売上分が振り込まれてた。

噂だと通常の銀行だと手数料で3000円くらいは取られるそうなのですが、
Citibankの場合この手数料が0円になり、そして数百円でも振り込まれるようになります。

僕のCitibankの口座はeSaving(残高に関係なく口座維持手数料無料)ではなく普通の口座(一定の残高が必要な口座)なのですが、たぶんeSavingでも同じように受け取れると思います。

iPhone有料アプリまたはiAdを設置する場合は、とりあえずCitibankに口座を作りましょー。

あと二桁くらい振込金額、増えないかなーと。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「iPhoneアプリ売上の振込手数料が無料+少額でも振り込まれる」への5件のフィードバック

  1. スマホのリリースから収入報告、拝見させていただきました。
    非常に参考になります。ちなみに、アプリの宣伝はどのように
    されたのでしょうか。無料版の自社広告以外で。宜しくお願いします。

  2. このサイトくらいでしか宣伝していません。。
    基本的に、宣伝しなくても売れるアプリを作れたら、宣伝に力を入れようかなと思っています。

  3. 初めてCitibankに口座を作る人の場合、eセービング口座を選ぶと手数料無料らしいですよ。
    もしくは、50万円入れておくと、手数料はかかりません。

  4. どうでもいいことですが、
    Citibankってしょっちゅう金融庁から行政処分を受けてますよねー。

    僕の場合、円高だから米ドル買わないかといわれたことあります。
    100円のときに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。