Kindle Fireの日本向け情報のまとめ

この記事は古いKindleの記事になります。
日本で販売が開始されたKindleに関しては下記のリンクに記載しています。

Kindle PaperwhiteとKobo gloの比較、Kindle Fire HDとNexus 7の比較

———– 以下、古いKindleの内容 ————

今まで様々なAndroidタブレット、Galaxy Tab、Xoom、BlackBerry PlayBook、ついでに日本製のタブレットが発売されてきましたが、どれも微妙でAndroidタブレットというパイを分け合っているだけのデバイスでした。現在タブレット市場は、iPadが7割のシェアを握り、残りの3割をAndroidタブレットで分け合っています。

そこに登場したのが、AmazonのKindle Fireです。Kindle Fireは、Androidタブレットの覇権を握り、iPadの牙城を切り崩せる可能性をもった唯一のデバイスです。(この記事は、かなり長い上、最新情報を掴み次第さらに追記していきます)

[ad#336×280]

Kindle Fireは、今までの高機能没個性なAndroidタブレットとは異なり、他のタブレットでは持ちえない、Amazonの商品とサーバー(EC2)を生かし、容易にエンターテイメント(映画・ドラマ・音楽・雑誌)へアクセスし、そして超高速なネットサーフィンができるという、確固たる差別的な機能を持っています。

それに加え、Kindle FireにAmazon専用のショッピングカートという役割を持たすことで、Kindle Fireの価格は利益度外視で超格安になっています。Kindle Fireの予約が始まって5日間で既に25万台の予約が入っている大ヒット状態らしいです。

Kindle Fireの日本向け情報まとめ

Amazon.com: Kindle Fire 199ドル

7インチのAndroidタブレット。当初はKindle Fireを買おうと目論むも、日本への発送をしていませんでした。2011年11月15日販売だから、よくて12月の終わり、遅くて来年の1月後半あたりに日本への発送を開始するんじゃないかなと思います(何だかもっと遅れそうな予感がします)。海外転送サービスを使う手もありますが、初期不良が怖いので、僕は素直に待つことにしました。7インチのAndroidタブレットで、199ドルというのは格安です。Kindle Fireで最も注目する機能は、Silkという超早いブラウジング機能です。これを使うとネットのブラウジングがかなりサクサク動くようになるらしいです。 理論的にはすごい発想なのですが、実際動かすとなると、どの程度向上するのかわからないところがありますが、他のタブレットにはない最も注目する機能だと思います。

そんなKindle Fireですが、実際いろいろ調べると、アメリカにいるアメリカ人には非常に便利な代物になっている反面、言語の壁と著作権の壁に阻まれている日本では非常に使いづらいデバイスになっている可能性が高い代物になっていました。

Kindle Fireの超速ブラウジング機能、Silkは日本では使えない?

Kindle Fireの超速ブラウジングは、Webサイトを表示する上でいろいろな計算をAmazonにあるEC2というパソコン群にさせることで、Webサイトの表示を高速にするものです。日本人にとって問題になるのが、そのAmazonのパソコン群の場所です。 Kindle Fireがアメリカ国内にしか発送していないことから、Silkを担当するAmazonのパソコン群もアメリカ国内しかないおそれがあります。 もしそうなると、全てのアクセスがアメリカを一度経由しなければならないので、その分時間がかかり、超速ブラウジングができない恐れがあります。

Kindle Fireの保存容量が8GBしかない理由

日本人にとって1つの懸案事項は、Kindle Fireの保存容量が8GBしかないことです。僕みたいにフレンズのDVDのデータを保存しようものなら一気に容量がなくなります。Amazonのクラウドを使って、保存容量をカバーすることになるとは思うのですが、この辺どうなるのかどうもよくわかりません。米国アマゾンで買ったコンテンツだけクラウドに保存できるのだとしたら(おそらくこの可能性が最も高い)、日本語のコンテンツなんて米国アマゾンにほとんどないわけで、日本人にとって使い勝手が非常に制限されることになってしまいます。

そもそも、なぜ保存容量が8GBしかなく、なおかつSDカードのような外部ストーレッジがないのかというと、AmazonはAmazonのデジタル商品を売りたいからです。 そのために、原価か原価割れする価格でKindle Fireを売っているんです。 Amazonのデジタル商品の保存容量はクラウドで無料で提供されます。 SDカードを取り付ける費用なんてたかが知れていると思いますが、それを取り付けてしまうと、Amazon以外のデジタルコンテンツを楽しめるようになってしまい、Amazonのデジタル商品が売れなくなってしまいます。 それを防ぐため、Kindle FireにはAmazonで買ったデジタルコンテンツには無限の保存容量(クラウド)、それ以外のデジタルコンテンツには外部ストーレッジなしの少ない保存容量が割り当てられ、おそらく今後ともこれは変わらないだろうと思われます。

ただ、容量の問題でカギを握っていそうなのがAmazonのオンラインストーレッジ、Cloud Drive Storageの存在です。5GB無料で使えるので、Kindle Fireにうまく融合していれば、無料で容量が5GB増える感じになると思います。20GBの容量だと年間20ドル(1600円)、50GBの容量で年間50ドル(4000円)なので、料金としてもそこそこいける感じがします。

Kindle Fireで、日本からテレビドラマや映画が見れない?

Kindle Fireで見れるAmazon Instant Videoの100,000本といわれるテレビドラマや映画が日本からでは見れない可能性があります。 というか、現時点ではパソコンからですが、Amazon Instant Videoのドラマや映画は日本ではIP制限がかかって見れません。英語の勉強と割り切って英語のコンテンツを楽しもうとしても、日本からでは見れない可能性がかなり高いです。 Kindle Fireというデバイス経由なら見れるようになるのかどうか、非常に微妙な気がします。

リリース後の追記:Kindle Fireでは、日本からテレビドラマや映画は見れないようです。ただ、米国アマゾンのプライム会員限定の無料ドラマだけは、現在見れるとのことです。 ちなみに、アプリのマーケットが使えないため、アプリのインストールも通常の方法ではできません。

Kindle Fireは本を読むためのデバイスではありません

本を読むことに関してですが、Kindle Fireは本を読むデバイスではないというのが僕の結論です。ディスプレイが液晶なので、長時間見るのには適さないこと、あと夜寝る前にあまり光るもの(液晶画面)を見るのは寝付きが悪くなる。 無印KindleやTouch等だとE-inkなので、目に優しく、刺激も少ないので寝る前もOKです。あとKindle Fireは414グラムもあって、無印Kindle(170グラム)の2.5倍くらいの重さがあります。

通常の本を読むデバイスとしての新型Kindle情報
新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
新型Kindle(無印Kindle)の購入と設定の仕方+実際の使用感

Kindle Fireはアメリカ国内のアメリカ人向けのデバイスで、日本向けではありません

Kindle Fireは本以外のエンターテイメント(ゲーム、映画、音楽、ネット)等を楽しむのに、適している手軽なデバイスです。ただし、そのエンターテイメントの大部分はアメリカにいる人向けのコンテンツです。

米国アマゾンの本以外のデジタルコンテンツを拡販する上での先兵として,安価に提供されるデバイスという位置づけでみるのが正しい見方なのではないでしょうか? (Kindle Fireを手軽なショッピングカートという位置づけで、デジタルコンテンツではなく、利益幅の大きい洋服やら靴やらを売りこもうとしているという説もあります)

200ドルというとても安い価格でSilkという超早くブラウジングできる機能、これだけでも買ってみる価値はあると思うのですが、しかし、そもそもSilkが日本で効果的に機能するのかどうか、そしてやはり保存容量がヤバいというのが、日本での一番の懸案事項になるのではないかと思います。Kindle Fireはアメリカにいるアメリカ人なら、問答無用に飛びついてもいいデバイスですが、日本にいる日本人にとってドボンなデバイスになるのではないかと。。Kindle Fireを絶対すぐに買うとか言っおいて、今はかなり様子身な気分です。 正直言って、日本人はアメリカでKindle Fireが流行っているからといって今無理して買うべきではないと思います。

Kindle Fireの評価
・読む機能 ★★★ (本を読む専用のデバイスではないです)
・ネット機能 ★★★★★ (すごいことになると期待)
・電池 ★★★ (8時間、通常のタブレットと同じくらい)
・保存容量 ★★? (8GB、日本だとやばいことになる可能性大、持ってる動画を入れたら一気にパンク?)
・重さ ★★★ (7インチタブレットとしては普通)
・価格 ★★★★★ (安い!けど、保存容量がヤバい、Cloud Drive Storageがうまく融合しているかがカギ?)

ALERT! Kindle Fireはアメリカ以外では使えない!?

米国アマゾンのフォーラムで下記のようなことが投稿されています。

kindle fire outside us

ALERT! You will NOT be able to use an Amazon Kindle Fire outside the USA. This is the response I received from Amazon.com today (from Shashank V):
“Kindle fire can’t be used globally. You’ll not be able to use kindle fire in United kingdom.”
“Kindle fire is configured in such a way that the device only detects the wi-fi signals within United states.”

So, unlike the other Kindles that offer worldwide 3G, the Kindle Fire is firewalled to be used only in the USA. This is the same situation as Barnes & Noble’s Nook Color.

What a crushing disappointment; I was really hoping to at least purchase books and magazines abroad with this. Oh well, back to considering an iPad…

ある人が米国アマゾンへ問い合わせたところWi-Fiのシグナルがアメリカ国内のものではない場合、Wi-Fiを認識しないと言っていたと書かれています。つまり、日本ではKindle Fireでのインターネットが完全にできないことを意味します。そのあと別の人が問い合わせたところ、映画等はみることができないけど、音楽やWebは使うことが出来ると言っていたと書いています。 情報が錯綜してしまっていて、真偽は未だ定かではありませんが、日本から転送業者等を通して買うのは危険です。

ちなみにKindle FireやKindle Touchはアメリカ国外へ販売する計画は現在のところないそうです。Amazon Has No Plans to Launch Kindle Fire, Kindle Touch Outside U.S.

Kindle Fireは日本人にとって爆弾にしか見えなくなってきました。僕的には無理してKindle Fireを買うのではなくて無印Kindleを買うのがお勧めです。

リリース後の追記:日本からでもWi-Fiは認識するようです。ただし、基本的に出来ることはインターネットとKindle本を読むことだけです。映画や音楽のコンテンツを楽しむことはできません。 日本語入力もできないので、検索とかはかなり不便になります。 さらにアプリもインストールできません。(ただし野良アプリを自力でインストールすることはできるそうです)

通常の本を読むデバイスとしての新型Kindle情報
新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
新型Kindle(無印Kindle)の購入と設定の仕方+実際の使用感

Kindle Fireのリリース後の、最新情報 (盲点、アプリのダウンロードができない!)

ごくごく少数の人が人柱となって、日本での動作確認を取ってくれました。
みなさんも事前に危険を察知したらしく人柱はかなり少ないです。

確定情報とまではいかないのですが、可能性が高い情報のまとめは下記です。

日本からでもKindle Fireでできること
・インターネット(Silkの効果はたぶんない)
・Kindle本を読むこと

できないこと
・日本語入力(日本語で検索できない)
・米国アマゾンのテレビ・映画・音楽を楽しむこと(米国アマゾンのプライム会員限定の無料ドラマだけは見れるとか)
・アプリのインストール(マーケットからダウンロードできない、野良アプリを自力でインストールしないといけない)

日本でKindle Fireでできることは、
普通のインターネットをすること、だけど日本語入力できないからひどい目にあう。
Kindle本を読むことが出来る。

以上です。

日本でのKindle Fireは完全に無能といっていいでしょう。

米国での評判は賛否両論があるところですが、その数が膨大なため、
賛成の人だけでもかなりの人数になるのですごい売れ行きになっています。

アメリカでKindle Fireを使うと、とても楽しめそうです。
アメリカに住んでいる人は買っちゃいましょう!

くれぐれも日本にいる人は買ってはいけません。
日本で使うと素敵なKindle Fireがクソ端末に変身しちゃいます。

おまけ、タブレットPCの2011年の販売予想

ここでiPadとAndroidタブレットの販売予想台数を載せておきます。

1位:アップル 「iPad、iPad2」: 3200万台〜3800万台
2位:サムスン 「Galaxy Tab」:700万台
3位:アマゾン 「Kindle Fire」:350万台
4位:リサーチ・イン・モーション(RIM) 「BB PlayBook」:300万台
5位(タイ):アスース(Asusteck)「Eee Pad Transformer」:200万台
5位(タイ):エイサー 「Iconia Tab」:200万台
6位:モトローラ 「Xoom」:180万台
7位:レノボ 「LePad」:150万台
今年の販売台数予測 (2011年6月時点)

Androidタブレットの合計販売台数は2000万台強という予想です。

Kindle Fireは、350万台売れるのではという予想です。 現在1日5万台の予約で、予約開始日から年末まで90日くらいあるから、何かトラブルがなければ、350万台に届きそうな気がします。

ちなみにSony Tablet、REGZA Tablet、GALAPAGOSなんかは世界的に見ると、見るに値しない米粒っぽいです。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「Kindle Fireの日本向け情報のまとめ」への7件のフィードバック

  1. やはりiOSはケタ違いですね。
    今回はiPod touchに関して、色以外の変更が
    全くありませんでしたね~。残念。
    価格の引き下げにあわせて、
    前の商品の価格がかなり下がってきたので、
    そろそろ買い時かな~。と思ったりします。

  2. iOS系は先駆者で、android系はコピー商品な気がします。
    androidの中でもKindle Fireは異色な光を放っているですが、
    どうも実質的にアメリカ国内でしか使えない仕様になっていそうです。

    当分の間、iPodには動きがないと思うので買ってもいいと思いますー。
    どうでもいいことですが今日、原宿のSoftbankでiPhone4Sの予約の長い列を見ました。

  3. ついにiPod touch 32G (iOS4版)購入し、少し使用してみました。
    何といっても、画面画素数がすごく高くてキレイですね。
    本体はやはりケースをつけないと持ちにくかったので、ケースを着けています。
    あの小さい画面のアルファベットキーボードが、比較的間違えずに打てるのには感動しました。
    (絶対に、キーボードの隣の文字を何度も入力してしまうだろうと・・・)
     
    1点気になったのが、Safariが少し使いにくいですね。
    画面のサイズゆえなのでしょうが、なるほどHTML5でスマフォ用サイト構築の重要性を
    感じました。AppleのiPod touchページをその画面で見ると、Webデザインの美しさに感動します。

  4. iPod touchって異様に薄いですよね。

    iOS5のアップデートの混乱も収まったので、
    iPhoneにiOS5を入れてみました。

    iPhoneに入れていたフレンズのデータが全部消えてしまいましたが、
    とりあえず作ったアプリのほうはiOS5でも動いていたので良かったです。

    後少しで、今作っているアプリが完成する気が・・・するような。
    大幅に遅れてしまっています。当初の予定は先月中に完成!だったのです。

  5. >>データが全部消えてしまいましたが、
    そんなことがあるんですね。

    iOS5のアップデートに混乱があったのですね。。
    私は現物到着日がちょうど新iOSリリース日だったので、
    iOS4をちょいとも見ずにすぐに、混乱なくiOS5にアップデートしました。。
    超快適です。。

    次のアプリも楽しみにしていますね。。
    私のほうはというと、姉妹ページ(片手でピアノ練習)のほうの
    HTML5のjplayer(mp3再生プラグイン)のIE8以前への対応、
    アンドロイドでの再生方法検討、スマホ向けサイト構築など慣れない作業に追われ、
    本家サイトの画像素材が追加できずにいます(汗)。。

    しかし、すごくHTMLとCSSの勉強になっています。
    IconDesignのページも(今はデザイン優先の超デタラメなコーディングなので)
    HTML5対応でリニューアルしようかと。。。

  6. DVDのデータだけなので入れ直すだけですみました。
    アプリのデータは無事だったので良かったです。

    iOS5にしたら、時間グラフ系でバグが発生していました。
    測る時間が9時間3分くらいを超えると表示が狂います。
    原因はintの挙動が変わったため。

    現在修正版を申請中です。
    バグの修正と、ついでにログの編集で日付も変更できるようにしておきました。

    次のアプリは、失敗したらなかったことにするアプリなので、
    成功した場合だけ、このサイトでもちょこっと宣伝しようと思います。
    このサイトとは全然関係ないアプリなので。。

    うまくいけば金融系サイトの橋頭堡になる?みたいなアプリです。
    失敗したら、金融系へのチャレンジは棚上げしてまた何か別のを作ります。

    ホームページは無理しない程度に作っているのが良いです。
    長く続けてさえいれば、そのうちコンテンツが貯まっていくので。

    ちなみに、このサイトは1日800人くらいの中規模サイトになっています。
    (でも実は550人くらいはKindle touchとKindle Fireの人だったりします。。)

  7. I just bought a new Kindle Fire in Akiba and I can use it in Tokyo. The Wifi is good. I can access the internet and email. And I was able to download all my Kindle books that I bought in the USA Amazon Kindle store and put them on my Fire.

    The only problem is that we can’t buy apps or MP3s from the Amazon Kindle Store from within Japan.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。