Kindle PaperwhiteとKobo gloの比較、Kindle Fire HDとNexus 7の比較

日本のアマゾンでもついにKindleの販売が開始されました。

無印Kindleをアメリカのアマゾンから購入して利用すること1年ちょっと、
にわかKindle利用者として、Kindle PaperwhiteとKindle Fire、ついでにタブレットの選び方を一般的な日本人の視点で解説します。

結論から言ってしまうと、

電子書籍のデバイスの選び方
Kindle Paperwhiteは日本語の本を読むけど、英語の洋書も読む場合、買い
Kobo gloは日本語の本は読むけど、英語の洋書なんて読まない場合、買い

タブレットの選び方
Kindle Fire HDは無視
Nexus 7はタブレットが一台もなくてタブレットがほしければ買い

[ad#336×280]

本を読む場合、Kindle PaperwhiteかKobo glo
漫画やネットや動画を見る場合、Kindle Fire HDかNexus 7

Kindle Fire HDやNexus 7も本を読むことが出来ますが、
端末の重さ、そして目の負担から考えて、本を読む端末ではありません。

読書をする場合は端末が軽くて(タブレットの半分くらい)、
目の負担も少ないE-inkを使っている、
Kindle PaperwhiteかKobo gloが絶対お勧めです。

Kindle PaperwhiteとKobo gloの比較

3Gなし版 Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

3Gあり版 Kindle Paperwhite 3G (パソコン持っていない人用)
Kindle Paperwhite 3G

kobo glo
kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】

Kindle PaperwhiteとKobo gloのスペック的な違いは2点だけ。

電池の持ちがKindle Paperwhiteが2ヶ月で、Kobo gloは1ヶ月。

Kindle Paperwhiteのほうが電池が倍持つ!とか言いたいところですが、
このレベルになると、1ヶ月もとうが2ヶ月もとうがたいして負担になりません。

もう1点は、Kobo gloはmicroSDカードで保存容量を32GBまで増やすことが出来るのに対して、Kindle Paperwhiteは2GBのみで増やせません。漫画なんて保存しようものならKindleの場合、100冊くらいで一杯になります。Kobo gloなら漫画でも1000冊以上いけそうです。

日本語書籍の数
Kindle < Kobo洋書 Kindle >> Kobo

日本語書籍の数はKoboが多少リードしている感じです。
ただし、洋書の数はKindleが圧倒的にリードしています。

英語の洋書を中心に、日本語の本も読む場合、Kindle Paperwhiteが絶対お勧めです。
英語なんて読まないよ!という場合、kobo gloがお勧めです。

自宅にパソコン持ってない場合、Kindle Paperwhite 3Gあり版しか使えません。

Kindle Paperwhite 3Gなし版やKobo gloは、WiFiもしくはUSBを通して自分のパソコンから書籍データをダウンロードしてくるので、パソコンを持っていないと使えません。Koboには現在3Gあり板はないので、パソコンない人はKindle Paperwhite 3Gのみ使える形になります。

Kindle Fire HDとNexus 7の比較

Kindle Fire HD
Kindle Fire HD 16GB

Nexus 7

個人的な意見になってしまうのですが、
Kindle Fire HDの最大の強みは、
Amazon Primeに加入していると見ることが出来る、
25000にも及ぶ無料の動画です。

ただし、米国のみで使えると。。

Kindle Fireの魅力はこれでほぼ消滅してしまいました。

Kindle FireはAmazonのショッピングカートとして役割を担っているからこそ、
Nexus 7よりも4000円くらい安く買うことができます。

ただし、ショッピングカートゆえにいろいろ制限が出てきます。
その原因は、Kindle Fireは独自のAndroidを搭載しているためです。

ゆえにアプリが動かないことがわりと頻繁に発生すると思われます。

その反面、Nexus 7はAndroidを開発しているGoogleが出している端末なので、
もっとも信頼性の高い端末になっています。

アプリなんかどうでも良い場合、
Kindle Fireも良いかもしれません。

アメリカにいれば、喜んでKindle Fire HDを買いますが、
日本にいるなら、Nexus 7が良いですよ。

ちなみに、Kindle FireでもAmazonの電子書籍を読めますが、読めるだけです。
Amazonの電子書籍を読むなら専用の端末であるKindle Paperwhiteで読んだ方が数倍幸せになれます。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。