日本人がKindle本を買うとKindle税(160円)がかかる→回避できた

日本人がというよりも、アメリカに住んでいる人以外は(+ごく一部の国)、
Kindle本を買うとき80円~160円(1ドル~2ドル)のKindle税が加算された値段で買うことになります。

7割ぐらいKindle本が80円~160円のKindle税がかかっていて、
2.5割ぐらいのKindle本がKindle税がなくて、
0.5割ぐらいのKindle本は逆にアメリカ人よりも安く買えます。
(無料本は、一律でKindle税がかかりません)

[ad#336×280]

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

80円~160円くらいケチケチするなと言いたいところですが、
たとえば80円本(1ドル本)の場合、Kindle税が加算されると、価格が2,3倍になってしまうんです。

価格の数%がKindle税なら、まぁいいんだけど、
Kindle税が100%とか200%とかになると、

なんだかとっても不公平です。

かといって、Kindle税を避ける方法はおそらくありません。 ←回避できる方法がありました!詳細は下のほうに書いています

値段の安い本でKindle税が高い本の場合、
なんかやなので、できるだけ敬遠しています。

そもそもなんでアメリカ人以外にはKindle税がかかるのかという話ですが、
3GでKindle本をダウンロードするときにかかる費用なんだそうです。

日本でもパソコンやインターネットがなくても
3Gに対応しているKindleなら3Gの回線費用無料でKindle本をダウンロードできます。

3Gの回線費用無料

でも実際は無料じゃないんです。
日本のことですから米国アマゾンはやたら高い回線費用を電話会社に支払っているはずです。

その回線費用を賄うために、
Kindle税が導入されているんです。

浅く広く徴収するために、
僕みたく3Gに対応していないKindleでも問答無用に、
Kindle税を課してくれるのです。

当初、アメリカ以外の全ての国にKindle税がかかっていましたが、
ウワサによるといくつかの国ではKindle税がなくなったとか。

でも、日本のことですから、
Kindle税がなくなることはありえないだろうと思います。

普通に米国アマゾンのページを見ていても、
表示されている価格は既にKindle税を含んだ価格になっています。

下記のページからだと価格はKindle税を含んでいない価格になっているので、
どのくらいKindle税がかかっているか見てみるといいですよ。

米国Amazon – Kindle本の価格差がわかるページ (リスト上の価格と、個別ページの価格を見るとわかります)

Kindle税は回避できる! Kindleにアメリカの住所を登録するだけ

コメントからアドバイスをいただきました。
どうやらKindle税を回避する方法があるそうです。

で、実際に僕が試してみたところ、Kindle税を回避することができました。

やり方は簡単です。
アメリカの住所をKindleのアカウントに設定するだけです。

米国アマゾンのサイトのManage Your Kindleというリンクをクリック、
Country Settingsをクリックして、Current countryをThe United Statesに変更します。

アメリカの住所は、知り合いとか親戚とか、はたまた転送サービスとか、または架空の住所でも?
とにかく、それっぽいものを入力しておけば大丈夫そうです。
(アマゾンから指導メールが着たとかいうのは今のところ聞かないのでたぶん大丈夫、だめになったらあきらめましょう)

ちなみに僕は知り合いの住所を入力しておきました。

それが完了すると、
Kindle本の価格がUS住所向けの価格に全て変更されます。

以上です。

US住所向けの価格で購入でき、ダウンロード時に別途料金がかかるというわけでもなく普通にKindleにダウンロードできて読むことができます。

ただし、3G経由でダウンロードする場合、アマゾンから指導メールが届くそうなのでダウンロードする際はWi-Fi経由でダウンロードしましょうー!

たいていは、アメリカの住所のほうが安いのですが、たまにアメリカ以外の国向けにディスカウント価格が提示されるKindle本(たとえば、スティーブ・ジョブズの自叙伝とか)があるので、日本の住所とアメリカの住所を上手に使い分けながら、使うといいですよ。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「日本人がKindle本を買うとKindle税(160円)がかかる→回避できた」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。
    私は日本在住ですが、アメリカの叔母の住所を尼.comに登録してアメリカ価格でDL出来てますよ。
    逆に日本で買えてアメリカで買えないのもごく一部あるのでその場合は日本の住所に戻してやると買えるようになります。

  2. なにぬねのー!

    僕もアメリカの知り合いの住所を登録して、Manage Your KindleからUS住所に変更してみたら、
    価格表示がすぐにUS価格になったー。(実は1度やったことがあるんですが、前にやったときはどうも設定を一部変更していなかったような・・・)

    噂だとアメリカ国外だとKindleにダウンロードする時に回避したはずのKindle税がかかるとか言われていますが。。家に帰ったら、実際に価格差のあるKindle本を買って確かめてみようと思います。

  3. 米国住所登録で日本からwifiで買うのは問題ないようです。米国住所登録で日本国内ばかりから3Gで買ってるとアマゾンからメールが来て登録国を変更するよう指導されます。世界中を転々としながら3Gで買うのはセーフかもしれません。

  4. 家に帰って、Flat-Out LoveというKinde本を買ってみました。
    US住所価格 1.99ドル
    日本住所価格 3.99ドル

    結果、US住所価格の1.99ドルで買えて、Kindleへのダウンロードも別途料金がかかるとかというのもなく、普通にダウンロードできて読めました。Wi-FiでダウンロードでもIPチェックとかでアマゾンから指導メールが来たりするんですかね? とりあえず、文句が来ない限りUS住所と日本住所を使い分けていこうと思います。 (たまに、日本向けのディスカウント価格があったり)

    kozyさん、飛星さん、どうもありがとうございます。

  5. こんにちは。
    私はkindle dxを中古で購入して、アメリカの転送サービス
    の住所を入力してアカウント登録しました。

    PCで”flowres for algernon”を購入した際に
    アマゾン.com のkaiさんという方から身分証明書を送ってください
    とのメールがやってきました。

    皆さんはそういったものは来ていないですか?

  6. 来たことないです。
    とてもスパムの可能性が高いです。

    でも実は中古のkindle dxが盗品だったりして、
    そのアカウント保持者がkaiさんだったりとかするんですかね?
    身分証明書を送る理由ってなんなんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。