若草物語チャプター1.5

若草物語の登場人物、メグ、ジョー、べス、メアリー。メグがお姉さん風をふかして、ジョーはボーイッシュで、ベスがおとなしい子で、メアリーが勝気な女の子。さて、誰を好きになろうかなーと。若草物語は女の子向けの物語だそうですが、僕は気にしない。ママレード・ボーイは名作だと思う。

今回の新しい単語 (10個)
cellar、duster、seam、chirp、cricket、pensive、lisp、crinkle、lark、lullaby


[ad#336×280]

若草物語チャプター1.4 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター2.1

“We all will,” cried Meg. “I think too much of my looks and hate to work, but won’t any more, if I can help it.”

“I’ll try and be what he loves to call me, ‘a little woman’ and not be rough and wild, but do my duty here instead of wanting to be somewhere else,” said Jo, thinking that keeping her temper at home was a much harder task than facing a rebel or two down South.

Beth said nothing, but wiped away her tears with the blue army sock and began to knit with all her might, losing no time in doing the duty that lay nearest her, while she resolved in her quiet little soul to be all that Father hoped to find her when the year brought round the happy coming home.

Mrs. March broke the silence that followed Jo’s words, by saying in her cheery voice, “Do you remember how you used to play Pilgrims Progress when you were little things? Nothing delighted you more than to have me tie my piece bags on your backs for burdens, give you hats and sticks and rolls of paper, and let you travel through the house from the cellar, which was the City of Destruction, up, up, to the housetop, where you had all the lovely things you could collect to make a Celestial City.”

“What fun it was, especially going by the lions, fighting Apollyon, and passing through the valley where the hob-goblins were,” said Jo.

“I liked the place where the bundles fell off and tumbled downstairs,” said Meg.

“I don’t remember much about it, except that I was afraid of the cellar and the dark entry, and always liked the cake and milk we had up at the top. If I wasn’t too old for such things, I’d rather like to play it over again,” said Amy, who began to talk of renouncing childish things at the mature age of twelve.

cellar : 地下室

「みんないい子になりましょう! あたし見栄ばかり気にして、はたらくこときらいだったわ、もうやめるわ。」と、さけびました。「あたしも、いい子になって、らんぼうなまねよすわ。どこかへ、いきたいなんて思わずに、家でじぶんのつとめをするわ。」ジョウは、家でおとなしくしてるのは、敵一人や二人にたちむかうよりむずかしいと思いながらいいました。ベスは、だまっていましたが、青い軍用靴下でそっと涙をふき、身近の義務を果すための時間のむだにしまいとして、せっせと編みました。おかあさんは、ジョウの言葉につづいた沈黙を、快活な声でやぶりました。「あなたたちが小さかったとき、「巡礼ごっこ」の遊びをしたことおぼえていますか? みんなせなかに、あたしの小布のふくろをしょって、帽子をかぶり杖をつき、まいた紙をもって、破滅の市の地下室から、日の照っている屋根の上までいき、そこで天国をつくるために、いろいろな美しいものをいただくくらい、うれしいことはなかったでしょう。」 みんなは、そのときのいろんなできごとを思いだして話しましたが、エミイまでが、もうこんなに大きくなっては、あんなあそびできないというのをとがめました。

“We never are too old for this, my dear, because it is a play we are playing all the time in one way or another. Our burdens are here, our road is before us, and the longing for goodness and happiness is the guide that leads us through many troubles and mistakes to the peace which is a true Celestial City. Now, my little pilgrims, suppose you begin again, not in play, but in earnest, and see how far on you can get before Father comes home.”

“Really, Mother? Where are our bundles?” asked Amy, who was a very literal young lady.

“Each of you told what your burden was just now, except Beth. I rather think she hasn’t got any,” said her mother.

“Yes, I have. Mine is dishes and dusters, and envying girls with nice pianos, and being afraid of people.”

Beth’s bundle was such a funny one that everybody wanted to laugh, but nobody did, for it would have hurt her feelings very much.

“Let us do it,” said Meg thoughtfully. “It is only another name for trying to be good, and the story may help us, for though we do want to be good, it’s hard work and we forget, and don’t do our best.”

“We were in the Slough of Despond tonight, and Mother came and pulled us out as Help did in the book. We ought to have our roll of directions, like Christian. What shall we do about that?” asked Jo, delighted with the fancy which lent a little romance to the very dull task of doing her duty.

“Look under your pillows Christmas morning, and you will find your guidebook,” replied Mrs. March.

duster : ちりとり

おかあさんはいいました。「いいえ、年をとりすぎてはいません。あたしたちは、まあお芝居をしているようなものです。荷物はここに、道は目の前にあります。よいことと、しあわせを求める心が、たくさんの苦労や、あやまちのなかを通りぬけて、ほんとの天国、いいかえれば平和に導いてくれるのです。さあ、小さい巡礼さんたち、今度はお芝居あそびではなく、本気でやって、おとうさんがお帰りになるまでに、どのあたりまで巡礼ができるか、やってみてはどう?」「おかあさん、それで、荷物ってどこにありますの!」と、エミイが尋ねました。「ベスのほかは、みんながじぶんの荷物が、なにか、いいましたよ。ベスは、きっとなにもないのでしょう。」「いいえ、ありますが、あたしのはお皿とはたきと、いいピアノをもっている娘をうらやむしがることですわ。」「それでは、みんなでしましょう。巡礼ごっこというのは、よい人になろうと努めることね。」メグは、考えこむように、そういいました。「あたしたちは、今夜は、絶望の沼にいたのね、すると、おかあさんが来て、あの本のなかで、救助がやったように、ひきあげて下すったんです。だけど、掟の巻物を、どうしましょう?」ジョウが、そういうと、おかあさんが答えました。「クリスマスの朝、枕の下をごらんなさい。見つかるでしょうよ。」

They talked over the new plan while old Hannah cleared the table, then out came the four little work baskets, and the needles flew as the girls made sheets for Aunt March. It was uninteresting sewing, but tonight no one grumbled. They adopted Jo’s plan of dividing the long seams into four parts, and calling the quarters Europe, Asia, Africa, and America, and in that way got on capitally, especially when they talked about the different countries as they stitched their way through them.

At nine they stopped work, and sang, as usual, before they went to bed. No one but Beth could get much music out of the old piano, but she had a way of softly touching the yellow keys and making a pleasant accompaniment to the simple songs they sang. Meg had a voice like a flute, and she and her mother led the little choir. Amy chirped like a cricket, and Jo wandered through the airs at her own sweet will, always coming out at the wrong place with a croak or a quaver that spoiled the most pensive tune. They had always done this from the time they could lisp . . .

Crinkle, crinkle, ‘ittle ‘tar,

and it had become a household custom, for the mother was a born singer. The first sound in the morning was her voice as she went about the house singing like a lark, and the last sound at night was the same cheery sound, for the girls never grew too old for that familiar lullaby.

seam : 縫い目
chirp : さえずり
cricket : コオロギ
pensive : 物思いにふける
lisp : 子供が舌足らずに話す
crinkle : カサカサ鳴る
lark : ヒバリ
lullaby : 子守唄

ばあやのハンナが、テーブルを片づけているあいだに、四人の少女たちは、あたらしい計画について話し合い、それからマーチおばさんの敷布をつくるために、四つの小さな仕事かごがもちだされ、せっせと針をはこぶのでしたが、今夜はこのおもしろくない仕事に、だれも不平をいいませんでした。九時に仕事をやめて、いつものとおり、おわる前に歌を合唱しました。ベスはおんぼろピアノで、こころよい伴奏をしました。メグは笛のような声で、おかあさんと二人で、この合唱隊をリードしました。姉妹たちは、この歌を、「きらりきらり、ちっちゃな、星さま」と、まわらぬ舌でうたったころから、今だにつづけています。おかあさんは生れつきうたがじょうずなので、これが行事の一つとなったわけでした。朝、まず聞えるのは、家のなかを、ひばりのようにうたうおかあさんの声で、晩に聞える最後の声も、おなじたのしいその声でした。姉妹たちはいくつになっても、そのなつかしい子守唄を、聞きあきるということはありませんでした。

若草物語チャプター1.4 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター2.1

Little Women (Unabridged Classics)
Little Women (Unabridged Classics)

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。