若草物語チャプター3.4

ローリィ君は紳士だなー。僕みたいだ。

今回の新しい単語 (4個)
limp、mishap、auburn、bob up

[ad#336×280]

Little Women (Unabridged Classics)
Little Women (Unabridged Classics)

若草物語チャプター3.3 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター4.1

Jo led the way, and as if used to waiting on ladies, Laurie drew up a little table, brought a second installment of coffee and ice for Jo, and was so obliging that even particular Meg pronounced him a ‘nice boy’. They had a merry time over the bonbons and mottoes, and were in the midst of a quiet game of _Buzz_, with two or three other young people who had strayed in, when Hannah appeared. Meg forgot her foot and rose so quickly that she was forced to catch hold of Jo, with an exclamation of pain.

“Hush! Don’t say anything,” she whispered, adding aloud, “It’s nothing. I turned my foot a little, that’s all,” and limped upstairs to put her things on.

Hannah scolded, Meg cried, and Jo was at her wits’ end, till she decided to take things into her own hands. Slipping out, she ran down and, finding a servant, asked if he could get her a carriage. It happened to be a hired waiter who knew nothing about the neighborhood and Jo was looking round for help when Laurie, who had heard what she said, came up and offered his grandfather’s carriage, which had just come for him, he said.

“It’s so early! You can’t mean to go yet?” began Jo, looking relieved but hesitating to accept the offer.

“I always go early, I do, truly! Please let me take you home. It’s all on my way, you know, and it rains, they say.”

limp : 足を引きずる

ジョウがさきにいきました。ローリイは、なれたものごしで、コーヒーとアイスクリームを、メグにすすめ、ジョウのために、もう一度とりにいってくれました。三人が、しばらく話しているうちにハンナが来ました。メグはびっこをひきひき帰り支度をしに二階へいきました。そのあいだに、ジョウは玄関へいって、下男らしい人に、馬車をやとうことを頼みましたが、その人はその日だけやとわれた下男で、近所のことは知りませんでした。すると、ローリイが聞きつけて来ていいました。「どうか送らせて下さい。道はおなじですし、それに雨もふっています。」

That settled it, and telling him of Meg’s mishap, Jo gratefully accepted and rushed up to bring down the rest of the party. Hannah hated rain as much as a cat does so she made no trouble, and they rolled away in the luxurious close carriage, feeling very festive and elegant. Laurie went on the box so Meg could keep her foot up, and the girls talked over their party in freedom.

“I had a capital time. Did you?” asked Jo, rumpling up her hair, and making herself comfortable.

“Yes, till I hurt myself. Sallie’s friend, Annie Moffat, took a fancy to me, and asked me to come and spend a week with her when Sallie does. She is going in the spring when the opera comes, and it will be perfectly splendid, if Mother only lets me go,” answered Meg, cheering up at the thought.

“I saw you dancing with the red headed man I ran away from. Was he nice?”

“Oh, very! His hair is auburn, not red, and he was very polite, and I had a delicious redowa with him.”

“He looked like a grasshopper in a fit when he did the new step. Laurie and I couldn’t help laughing. Did you hear us?”

mishap : 不運
auburn : 赤褐色

ローリイは、じぶんを迎えに来たおじいさんの馬車に、メグとジョウとハンナをのせました。みんなは、ぜいだくな箱馬車にのって、たのしい、ゆたかな気持にひたりながら帰りました。ローリイは馭者台にのったので、メグは痛い足を前に出すことができ、姉妹は気がねなしに話をすることができました。「あたし、とてもおもしろかったわ。」と、ジョウは髪をかきあげながらいいました。「あたしもよ、けがするまでは、サーリイさんのお友だちの、マフォットさんという方と仲よしになったのよ。サーリイさんと一週間とまりがけで来るようにといって下すったわ。サーリイさんは、春になってオペラがはじまるといらっしゃるんですって。あたしおかあさんがいかして下さるといいけど。」メグは元気づきながらいいました。「おねえさんは、あたしがにげ出したあの赤い髪の人と踊ったのね、あの人、いい人だった?」「ええ、髪はとび色よ。ていねいな方で、あたし気持よく踊ったわ。」「あの人、足を出すとき、ひきつった、きりぎりすみたいだったわ。ローリイさんとあたし笑ってしまったわ。あたしたちの笑うの聞えなかった?」

“No, but it was very rude. What were you about all that time, hidden away there?”

Jo told her adventures, and by the time she had finished they were at home. With many thanks, they said good night and crept in, hoping to disturb no one, but the instant their door creaked, two little nightcaps bobbed up, and two sleepy but eager voices cried out . . .

“Tell about the party! Tell about the party!”

With what Meg called ‘a great want of manners’ Jo had saved some bonbons for the little girls, and they soon subsided, after hearing the most thrilling events of the evening.

“I declare, it really seems like being a fine young lady, to come home from the party in a carriage and sit in my dressing gown with a maid to wait on me,” said Meg, as Jo bound up her foot with arnica and brushed her hair.

“I don’t believe fine young ladies enjoy themselves a bit more than we do, in spite of our burned hair, old gowns, one glove apiece and tight slippers that sprain our ankles when we are silly enough to wear them.” And I think Jo was quite right.

bob up : 突然現れる
arnica : アルニア(薬)

「いいえ、それやぶしつけだわ。あなたたち、そこにかくれて、なにしてたの?」ジョウは、そこでじぶんたちのやったことを話しました。その話がおわったとき、馬車は家へつきました。姉妹は、あつくお礼をのべて馬車をおり、そっと家へはいりましたが、扉の音で二つの小さな頭がうごき、ねむそうな、けれど熱心な声がしました。「ねえ、会の話をしてよ?」ジョウは、メグのいう、ひどいお作法をやって、妹たちにボンボンをもってきてやりました。妹たちはそれをもらい、その夜の胸のわくわくするような話を聞いて、まもなく寝入ってしまいました。メグは、ジョウは、薬をぬってほうたいをしてもらいながら、「馬車で夜会から帰り、ねま着のまますわって、女中に世話してもらって、りっぱな貴婦人みたいだわ。」と、いいました。「あたしたちは、髪の毛をやいたり、服が古かったり、手袋が片方だけだったり、きつい靴をはいてくるぶしをくじいたり、とんまのまぬけだけどね、たのしかったわねえ。」と、ジョウがいいましたがほんとにそのとおりだったのです。

若草物語チャプター3.3 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター4.1

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。