若草物語チャプター8.3

ジョーとエイミーが仲直りする話。

今回の新しい単語 (4個)
rebuke, confide in, grieve, outlive


[ad#336×280]

若草物語チャプター8.2 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター9.1

“Poor Mother! What helped you then?”

“Your father, Jo. He never loses patience, never doubts or complains, but always hopes, and works and waits so cheerfully that one is ashamed to do otherwise before him. He helped and comforted me, and showed me that I must try to practice all the virtues I would have my little girls possess, for I was their example. It was easier to try for your sakes than for my own. A startled or surprised look from one of you when I spoke sharply rebuked me more than any words could have done, and the love, respect, and confidence of my children was the sweetest reward I could receive for my efforts to be the woman I would have them copy.”

“Oh, Mother, if I’m ever half as good as you, I shall be satisfied,” cried Jo, much touched.

“I hope you will be a great deal better, dear, but you must keep watch over your ‘bosom enemy’, as father calls it, or it may sadden, if not spoil your life. You have had a warning. Remember it, and try with heart and soul to master this quick temper, before it brings you greater sorrow and regret than you have known today.”

“I will try, Mother, I truly will. But you must help me, remind me, and keep me from flying out. I used to see Father sometimes put his finger on his lips, and look at you with a very kind but sober face, and you always folded your lips tight and went away. Was he reminding you then?” asked Jo softly.

“Yes. I asked him to help me so, and he never forgot it, but saved me from many a sharp word by that little gesture and kind look.”

rebuke : 叱る

「まあ、おかあさん! それじゃ、なにがおかあさんを救って下すったんですか?」「あなたのおとうさんです。おとうさんは、忍耐なさいます。どんなときも、人をうたがうことなく不平なく、いつも希望をもっておはたらきになります。おとうさんは、あたしを助けなぐさめ、娘たちの御手本になるように、教えて下すったのです。だから、あたしは娘たちのお手本になろうとしてじぶんをよくすることに努めました。」「ああ、おかあさん。もしあたしが、おかあさんの半分もいい子になれたら本望ですわ。」「いいえ、もっともっといい人になって下さい。今日味ったよりも、もっと大きな悲しみや後悔をしないように、全力をつくして、かんしゃくをおさえなさい。」「あたし、やってみます。でも、あたしを助けて下さいね。あたしね、おとうさんは、とってもおやさしいけど、ときどき真顔におなりになり、指に口をあてて、おかあさんをごらんになるのを見ましたわ。そうすると、おかあさんは、いつも口をむすんで、部屋を出ていらっしゃいます。そういうとき、おとうさんに、おかあさんは、お気づかせになったんですか?」「そうなんです。そういうふうに、助けて下さいとお頼みしたんです。おとうさんは、お忘れにならないで、あのちょっとしたしぐさや、やさしいお顔つきで、あたしがきつい言葉を出しそうになるのを救って下すったのですよ。」

Jo saw that her mother’s eyes filled and her lips trembled as she spoke, and fearing that she had said too much, she whispered anxiously, “Was it wrong to watch you and to speak of it? I didn’t mean to be rude, but it’s so comfortable to say all I think to you, and feel so safe and happy here.”

“My Jo, you may say anything to your mother, for it is my greatest happiness and pride to feel that my girls confide in me and know how much I love them.”

“I thought I’d grieved you.”

“No, dear, but speaking of Father reminded me how much I miss him, how much I owe him, and how faithfully I should watch and work to keep his little daughters safe and good for him.”

“Yet you told him to go, Mother, and didn’t cry when he went, and never complain now, or seem as if you needed any help,” said Jo, wondering.

“I gave my best to the country I love, and kept my tears till he was gone. Why should I complain, when we both have merely done our duty and will surely be the happier for it in the end? If I don’t seem to need help, it is because I have a better friend, even than Father, to comfort and sustain me. My child, the troubles and temptations of your life are beginning and may be many, but you can overcome and outlive them all if you learn to feel the strength and tenderness of your Heavenly Father as you do that of your earthly one. The more you love and trust Him, the nearer you will feel to Him, and the less you will depend on human power and wisdom. His love and care never tire or change, can never be taken from you, but may become the source of lifelong peace, happiness, and strength. Believe this heartily, and go to God with all your little cares, and hopes, and sins, and sorrows, as freely and confidingly as you come to your mother.”

confide in : 信頼する
grieve : 悲しませる
outlive : 克服する

ジョウは、おかあさんの目に涙があふれているのを見て、いいすぎたかしらと、心配になって尋ねました。「あたし、あんなふうにいったの、いけなかったでしょうか?でも、あたし思ったこと、おかあさんにみんないってしまうの。とてもいい気持なんですもの。」「ええ、なんでもおっしゃい。そうやって、うちあけてくれると、おかあさんはうれしいのよ。」「あたしは、おかあさんを悲しませたのではないかと思って。」「いいえ、おかあさんは、おとうさんのことを話しているうちに、お留守ということがしみじみさびしくなり、おとうさんのおかげということを思ったりしたので。」「だって、おかあさんは、おとうさんに従軍なさるように、おすすめになったし、出発のときもお泣きにならなかったし、留守になってからも一度もこぼしたりなさらないし、だれの助けもあてにしていらっしゃらないし。」と、ジョウは、いぶかしそうにいいました。「あたしは、愛する御国のために、あたしの一ばん大切なものをささげたのです。どうしてぐちがいえましょう。あたしが人の助けがいらないように見えるのは、おとうさんよりも、もっといいかたがおかあさんが慰め励まして下さるからなの、それは、天国のおとうさんです。天国のおとうさんに近づけば、人の知慧や力に頼る必要はなく、平和と幸福が生れます。さ、あなたもこのおとうさんのところへいきなさい。すべての心配や悲しみや罪をもって。ちょうど、あなたがおかあさんのところへ心から信頼して来るように、」

Jo’s only answer was to hold her mother close, and in the silence which followed the sincerest prayer she had ever prayed left her heart without words. For in that sad yet happy hour, she had learned not only the bitterness of remorse and despair, but the sweetness of self-denial and self-control, and led by her mother’s hand, she had drawn nearer to the Friend who always welcomes every child with a love stronger than that of any father, tenderer than that of any mother.

Amy stirred and sighed in her sleep, and as if eager to begin at once to mend her fault, Jo looked up with an expression on her face which it had never worn before.

“I let the sun go down on my anger. I wouldn’t forgive her, and today, if it hadn’t been for Laurie, it might have been too late! How could I be so wicked?” said Jo, half aloud, as she leaned over her sister softly stroking the wet hair scattered on the pillow.

As if she heard, Amy opened her eyes, and held out her arms, with a smile that went straight to Jo’s heart. Neither said a word, but they hugged one another close, in spite of the blankets, and everything was forgiven and forgotten in one hearty kiss.

ジョウの答えは、ただおかあさんに、しっかりすがりつくことでした。そして、だまって、心からある祈りをささげ、いかなる父や母よりも、いっそう強いやさしい愛で、すべての世の子供をむかえて下さる「おとうさん」に、近づいていくのでした。エミイは、眠ったまま、ねがえりをうって、ため息をつきました。ジョウは、今すぐに、じぶんの過失をつぐないたいと思うためか、今までにないまじめな表情をしました。「あたし、かんしゃくをつぎの日までもち越して、エミイを許さなかった。もしローリさんがいなかったら、とんだことになったんだわ。ああ、どうしてあたしは、こんなにいけないんでしょう?」ジョウは、エミイの上によりかかり、枕の上のみだれ髪をなでながら、そういいましたが、それが聞えたもののように、エミイはばっちり目を開け、ほほえみをうかべて手をさし出しました。二人はなんともいいませんでしたが、毛布にへだてられながらも、しっかりと抱き合い、心こめたキスに、すべてを許し忘れてしまいました。

若草物語チャプター8.2 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター9.1

Little Women (Unabridged Classics)
Little Women (Unabridged Classics)

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。