若草物語チャプター9.4

メグが贅沢な家から自分の家に帰ってきたときの話。

今回の新しい単語 (9個)
weigh upon, folly, abominable, rubbish, ill-bred, vulgar, unmaidenly, stout, daunt


[ad#336×280]

若草物語チャプター9.3 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター10.1

“I’m glad to hear you say so, dear, for I was afraid home would seem dull and poor to you after your fine quarters,” replied her mother, who had given her many anxious looks that day. For motherly eyes are quick to see any change in children’s faces.

Meg had told her adventures gayly and said over and over what a charming time she had had, but something still seemed to weigh upon her spirits, and when the younger girls were gone to bed, she sat thoughtfully staring at the fire, saying little and looking worried. As the clock struck nine and Jo proposed bed, Meg suddenly left her chair and, taking Beth’s stool, leaned her elbows on her mother’s knee, saying bravely . . .

“Marmee, I want to ‘fess’.”

“I thought so. What is it, dear?”

“Shall I go away?” asked Jo discreetly.

“Of course not. Don’t I always tell you everything? I was ashamed to speak of it before the younger children, but I want you to know all the dreadful things I did at the Moffats’.”

“We are prepared,” said Mrs. March, smiling but looking a little anxious.

“I told you they dressed me up, but I didn’t tell you that they powdered and squeezed and frizzled, and made me look like a fashion-plate. Laurie thought I wasn’t proper. I know he did, though he didn’t say so, and one man called me ‘a doll’. I knew it was silly, but they flattered me and said I was a beauty, and quantities of nonsense, so I let them make a fool of me.”

weigh upon : のしかかる

「そう聞いてかあさんはうれしい。あなたがりっぱなところへいったので、家がつまらなく、みじめに見えやしないかと、心配していたのよ。」と、おかあさんの目の、気づかわしそうな影が消えました。メグは、おもしろそうに、いろいろの冒険を話しました。けれど、心の中になにかおもくるしいものがあるらしく、九時がうってジョウがねようといい出したとき、メグは思いきったというふうに「おかあさん、あたし白状することがありますの。」「そうだと思っていました。どんなこと!」「あたし、むこうへいきましょうか?」と、ジョウが気をきかしていいました。「いいえ、いて。なんでもあなたには、うち明けてるじゃないの。いもうとたちの前では、はずかしいけど、あなたには、あたしのした、あさましいこと、すっかり聞いてほしいわ。」「さあ、聞きましょうね。」と、おかあさんは、にこにこしながらも、すこし心配そうでした。「みんなで、あたしをかざりたてたことは、お話しましたが、髪をカールしたり、白粉をぬったり、ドレスを着せたりしたこと、まだ話しませんでしたね。ローリイは、正気の沙汰ではないと思ったでしょう。あたしは、お人形のようだとか、美人だとかおだてられました。つまらないこととはわかっていながら、おもちゃになりました。」

“Is that all?” asked Jo, as Mrs. March looked silently at the downcast face of her pretty daughter, and could not find it in her heart to blame her little follies.

“No, I drank champagne and romped and tried to flirt, and was altogether abominable,” said Meg self-reproachfully.

“There is something more, I think.” And Mrs. March smoothed the soft cheek, which suddenly grew rosy as Meg answered slowly . . .

“Yes. It’s very silly, but I want to tell it, because I hate to have people say and think such things about us and Laurie.”

Then she told the various bits of gossip she had heard at the Moffats’, and as she spoke, Jo saw her mother fold her lips tightly, as if ill pleased that such ideas should be put into Meg’s innocent mind.

“Well, if that isn’t the greatest rubbish I ever heard,” cried Jo indignantly. “Why didn’t you pop out and tell them so on the spot?”

“I couldn’t, it was so embarrassing for me. I couldn’t help hearing at first, and then I was so angry and ashamed, I didn’t remember that I ought to go away.”

“Just wait till I see Annie Moffat, and I’ll show you how to settle such ridiculous stuff. The idea of having ‘plans’ and being kind to Laurie because he’s rich and may marry us by-and-by! Won’t he shout when I tell him what those silly things say about us poor children?” And Jo laughed, as if on second thoughts the thing struck her as a good joke.

folly : 愚かなこと
abominable : 不愉快な
rubbish : がらくた

「まだ、あるの。シャンペンを飲んだり、ふざけたり、はねまわったり、けがらわしいことばかり」と、メグは自責の念に堪えられないようでした。「もっと、なにかあったでしょう?」と、おかあさんが、やさしくメグのほおをなでながらいいました。「ええ、とてもばかげたことなの。だって、みんながあたしとローリイのこと、あんなふうにいったり考えたりするのんですもの。」メグは、マフォット家で聞かされたいろんなうわさ話をしました。おかあさんは、こんな考えを純真なメグの心につぎこんだことを不快に思って、唇をぎゅっとむすんでいました。ジョウは、怒ってさけびました。「そんなばかなこと、あたし聞いたことがないわ。なぜおねえさんは、その場でいってやらなかったの?」「あたしにはできなかったの。でもあんまりひどいので、しゃくにさわるし、はずかしいし、帰って来なければならないのに、帰るのも忘れてしまって。」「あたしたちのような貧乏人の子供について、そんなつまらぬうわさ話をしていることを、ローリイに話したら、きっとどなりつけるでしょうね。」

“If you tell Laurie, I’ll never forgive you! She mustn’t, must she, Mother?” said Meg, looking distressed.

“No, never repeat that foolish gossip, and forget it as soon as you can,” said Mrs. March gravely. “I was very unwise to let you go among people of whom I know so little, kind, I dare say, but worldly, ill-bred, and full of these vulgar ideas about young people. I am more sorry than I can express for the mischief this visit may have done you, Meg.”

“Don’t be sorry, I won’t let it hurt me. I’ll forget all the bad and remember only the good, for I did enjoy a great deal, and thank you very much for letting me go. I’ll not be sentimental or dissatisfied, Mother. I know I’m a silly little girl, and I’ll stay with you till I’m fit to take care of myself. But it is nice to be praised and admired, and I can’t help saying I like it,” said Meg, looking half ashamed of the confession.

“That is perfectly natural, and quite harmless, if the liking does not become a passion and lead one to do foolish or unmaidenly things. Learn to know and value the praise which is worth having, and to excite the admiration of excellent people by being modest as well as pretty, Meg.”

Margaret sat thinking a moment, while Jo stood with her hands behind her, looking both interested and a little perplexed, for it was a new thing to see Meg blushing and talking about admiration, lovers, and things of that sort. And Jo felt as if during that fortnight her sister had grown up amazingly, and was drifting away from her into a world where she could not follow.

“Mother, do you have ‘plans’, as Mrs. Moffat said?” asked Meg bashfully.

ill-bred : 育ちの悪い
vulgar : がさつな
unmaidenly : 女の子らしくない

「ローリイにそんなこといったら、いけませんわ。ねえ、おかあさん。」おかあさんは、まじめな顔でいいました。「いけません。ばかなうわさ話は、二度と口にしてはいけません。できるだけ早く忘れることです。あなたをいかせたのは、おかあさんの失敗でした。親切なんでしょうが、下品で、教養があさく、わかい人たちにいやしい考えを持たせる連中ですからね。メグ、今度の訪問があなたにわるい影響があるようなら、かあさんは残念です。」「御心配下さらないで。あたしは、自分のいけなかったことをなおしますわ。けれど、あたしはみんなから、ちやほやされて、ほめられるの、わるい気はしませんの。」メグは、はずかしそうにいいました。「それは、しぜんな気持です。それがために、ばかげたことをしなければいいんです。ただ、ほめられたとき、それだけの価値がじぶんにあるか反省して、美しい、へりくだる娘になることです。」それから、話は計略のことになりましたが、メグはおかあさんにむかって尋ねました。「マフォット夫人のおっしゃったように、計略をたてていらっしゃるの?」

“Yes, my dear, I have a great many, all mothers do, but mine differ somewhat from Mrs. Moffat’s, I suspect. I will tell you some of them, for the time has come when a word may set this romantic little head and heart of yours right, on a very serious subject. You are young, Meg, but not too young to understand me, and mothers’ lips are the fittest to speak of such things to girls like you. Jo, your turn will come in time, perhaps, so listen to my ‘plans’ and help me carry them out, if they are good.”

Jo went and sat on one arm of the chair, looking as if she thought they were about to join in some very solemn affair. Holding a hand of each, and watching the two young faces wistfully, Mrs. March said, in her serious yet cheery way . . .

“I want my daughters to be beautiful, accomplished, and good. To be admired, loved, and respected. To have a happy youth, to be well and wisely married, and to lead useful, pleasant lives, with as little care and sorrow to try them as God sees fit to send. To be loved and chosen by a good man is the best and sweetest thing which can happen to a woman, and I sincerely hope my girls may know this beautiful experience. It is natural to think of it, Meg, right to hope and wait for it, and wise to prepare for it, so that when the happy time comes, you may feel ready for the duties and worthy of the joy. My dear girls, I am ambitious for you, but not to have you make a dash in the world, marry rich men merely because they are rich, or have splendid houses, which are not homes because love is wanting. Money is a needful and precious thing, and when well used, a noble thing, but I never want you to think it is the first or only prize to strive for. I’d rather see you poor men’s wives, if you were happy, beloved, contented, than queens on thrones, without self-respect and peace.”

「ええ、たくさんたてています。だけどマフォット夫人のいうのとはちがいます。あたしのは、娘たちが、美しくて教養のある、善良な人になって幸福な娘時代をすごし、よい、かしこい結婚をして、神さまの御意により、苦労や心配をできるだけすくなくして、有益なたのしい生涯を送ってほしいのです。りっぱな男の人に愛され、妻としてえらばれることは、女の身にとって一ばんたのしいことです。あたしは、娘たちがこういう美しい経験をすることを、心から望んでいます。そういうことを考えるのはしぜんで、メグ、その日の来るのを望み、その日を待つのは正しいことですし、その支度をしておくことは[#「おくことは」は底本では「おくことに」]かしこいことです。あたしは、あなたがたのために、そういう大望をいだいています。けれど、ただ世間へおし出し、金持と結婚させたいのではありません。お金持だからとか、りっぱな家に住めるからとか、そんなことだけで結婚したら、それは家庭といえません。愛がかけているからです。お金は必要で大切なものです。上手に使えばたっといものですが、ぜひとも手にいれるべき第一のものとか、ごほうびとか思ってはこまります。かあさんは、あなたがたが、幸福で、愛されて、満足してさえいれば、自尊心や平和なくして王位にのぼっている王女さまたちになってもらうより、かえって貧乏人の妻になってもらいたいと思います。」

“Poor girls don’t stand any chance, Belle says, unless they put themselves forward,” sighed Meg.

“Then we’ll be old maids,” said Jo stoutly.

“Right, Jo. Better be happy old maids than unhappy wives, or unmaidenly girls, running about to find husbands,” said Mrs. March decidedly. “Don’t be troubled, Meg, poverty seldom daunts a sincere lover. Some of the best and most honored women I know were poor girls, but so love-worthy that they were not allowed to be old maids. Leave these things to time. Make this home happy, so that you may be fit for homes of your own, if they are offered you, and contented here if they are not. One thing remember, my girls. Mother is always ready to be your confidant, Father to be your friend, and both of us hope and trust that our daughters, whether married or single, will be the pride and comfort of our lives.”

“We will, Marmee, we will!” cried both, with all their hearts, as she bade them good night.

stout : 強い
daunt : ひるませる

メグは、そのとき、ため息をしていいました。「貧乏な家の娘は、せいぜい出しゃばらなければ、結婚のチャンスはつかめないって、ベルがいってましたわ。」ジョウは、気づよくいいました。「そんなら、あたしたちは、いつまでも、えんどおい娘でいましょう。」「ジョウのいうとおりです。不幸な奥さんや、だんなさんをあさりまわっている娘らしくない娘よりも、幸福なえんどおい娘でいたほうが、よろしい。なにも心配することはありません。メグ、ほんとに愛のある人は、相手の貧乏などにひるむことはありません。かあさんの知っているりっぱな婦人のなかには、むかしは貧乏だったかたがいくらもあります。けれど、愛をうける、ねうちのあるかたのばかりだったから、人がえんどおい娘にしておかなかったのです。そういうことは、なりいきにまかせておけばいいので、今は、この家庭を幸福にするように努め、やがて結婚の申しこみをうけたらばその新らしい家庭にふさわしい人になるし、もしかしこい結婚ができなければ、この家に満足して暮すのです。それから、もう一つ、よく覚えていてほしいのは、かあさんはいつでもあなたが秘密をうち明けることのできる人ということ、また、おとうさんは、あなたがたのよいお友だちであるということです。そして、おとうさんとあたしは、あなたがたが結婚しても、独身でいても、あたしたちの生活のほこりであり、なぐさめであることを信じ、また望んでもいるということをね。」メグとジョウは、「おかあさん、あたしたちきっとそうなります!」と、ほんとに、心からさけんで、おやすみなさいをいいました。

若草物語チャプター9.3 | 英語で読む若草物語 | 若草物語チャプター10.1

Little Women (Unabridged Classics)
Little Women (Unabridged Classics)

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。