RareJob(レアジョブ)でVOAを使ったフリートーク(申し込み編)

今のところDMEでオンライン英会話をやっているのですが、

DMEって英語の基礎を固めるには良いカリキュラムだけど、正直、退屈になることがあるんです。
ということで、DMEと平行するかたちでフリートークをやっちゃおうと思います。

[ad#336×280]

英語のフリートークなら安いところが良い

DMEを行っているイングリッシュベルというところは、
1レッスン(25分)あたり400円ちょっとかかります。

フリートークならもっと安いところがいいなー、
と調べること数時間・・・(長過ぎ!

調べれば調べるほど不安になるのが、
オンライン英会話。。

結局、出たとこ勝負でやってしまえということになります。

オンライン英会話で最大規模である
レアジョブ(Rare Job)でフリートークやってみることにしました。

で、下のリンクがそのレアジョブ(Rare Job)

オンライン英会話レアジョブ

これからいくつかのオンライン英会話の無料体験(フリートーク)を回って、
その結果、一番良さそうなところにする、そんな計画です。

レアジョブにした場合の私の料金プラン

レアジョブ(Rare Job)の場合、
取るとしたら毎日25分プランの5000円
1レッスンあたり161円

もしくは週末(金土日)毎日50分プランの5000円
1レッスンあたり178円

レアジョブ(Rare Job)にする場合は、
このどちらかを受けようと思います。

イングリッシュベルのDMEのレッスンと比べると、
お値段は半額以下ですよ、いいですねー。

レアジョブのフリーカンバセーション用の題材に、VOA

フリーカンバセーション(フリートーク)は、
Voice of Americaを題材にして行おうと思います。

単純に話題を決めずにフリートークをしてしまうと、
なぁなぁみたいな英会話になって、意味なくなってしまう可能性が高いと思うのです。

ちなみにレアジョブ(Rare Job)でも下記のように推奨しています。

> 中級者以上の方はぜひフリーカンバセーションにトライしてみてください。 レアジョブではフリーカンバセーションのトピックとなるウェブサイトを厳選し、 中級者の方にはVoice of America を推奨しております。アメリカ合衆国政府が 英語学習者用に基本1500語に絞って作成しているので、普通の英文が難しい方でも大丈夫です。

Voice of Americaは、基本1500語で作成されていて、
ニュース記事には、そのニュース記事と同じ音声がついてくる。

レッスン前に気に入った記事を見つけて、
音声を聞いて、そして読み込んでから、フリートークに挑むのです。

で、思うんですが、Voice of Americaの英文を読み込むことで、
TOEICのリーディングのスコアがかなり上がるんじゃないかと。

それと、音声を聞くことで、
TOEICのリスニングスコアもかなり上がるんじゃないかと思うんだよ。

フリートークをすることで、
それらがより身に付く感じがします。

まぁ、とにかくさっさとレアジョブ(Rare Job)に登録して、
とりあえず日曜日に1回レッスンを入れちゃいます。
Ana.M先生っていう先生を予約しました。

オンライン英会話レアジョブ
2レッスンが無料です (1レッスン25分)

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。