TOEIC990点への道パート2 第188回TOEIC公開テストの結果

5年半ぶりにTOEICの公開テストを受けました。
で、今日結果が出たのでそのお知らせと、TOEICについてグダグダ書こうと思います。

第188回TOEIC公開テストの結果

残念ながら、990点は取れませんでした。
とはいうものの事前に990点は無理そうだから960点以上で良しとしようと思っていたので、975点は自分的にはOKということで。ただ、975点って切りが悪くて言いにくいですね。誰も聞いてはくれないだろうけど・・・。

リスニングは495点、若干雲がかかる問題がありましたがフルスコアでした。そんな感じかなと思います。リーディングは480点、3問~5問も間違えたようです。後悔すべきはasを前置詞、接続しでも主語の省略だと間違えた事。普通にasを主語付きの接続詞で答えれば合ってた。他の間違いは不明。

他にrelaxing atmosphereとpleased atmosphereという選択肢があったけど、これはたぶん、relaxing atmosphereが正解だよね。elegantとかいうのが近くにいたから、pleasedを使いたかったけど、よくよく考えるとpleasantならOK。そういえば、模擬試験にあったdirectlyという単語が出てきた。あんまり詳しく書くと試験問題漏洩とか言って文句いわれるから、これだけにしておく、というか今ではこれしか覚えていない。

何を間違えたのかわからないというのは、気分が良いもんではないですね。

とりあえずTOEICはしばらく受けません。
1年後にリピート割引があるので、TOEICスコアアップネタが好評なら受けるかもしれません。

今回のTOEIC対策は下記にまとめてあります。
TOEICスコアアップの総合案内所

TOEICの勉強をしていて思ったのですが、TOEICの勉強でした。英語の勉強ではありません。すごい感じで嫌気が指していました。今回のTOEICの公開テストに向けて、Next Stageの復習を3時間ほどやって、TOEIC TEST英単語スピードマスターを30分ほど確認して、5回模擬試験を行いました。

1回の模擬試験に2時間
1回の模擬試験に対して答え合わせとオレオレ分析に4時間

時間を35時間弱かけました。
とりあえず結果論的にはNext Stageと英単語スピードマスターは無意味でした。

重要なのは模擬試験にあります。
ただし、これががつまらないです。

模擬試験を解いて答え合わせをした後に、一問一問見直していきます。合っている問題でもあやふやな感じで当たった感じのもあるので。悪意しかないような問題も割とありました。オレオレ分析器にかけてなんだかんだとやっていると4時間かかります。

そんなこんなで英語の勉強ではなく、TOEICの勉強になりました。

なんだかんだと書くのも無駄な感じがしてきたので、手短に行きます。

TOEICは英語の試験としてはクソですが、代替手段がありません。
就職や会社の方針でTOIECの点数を上げる必要がある人は、TOEICの勉強を続けてください。時間が数年ある場合は、英語の勉強をお勧めしますが、時間が半年とかそのくらいしかない場合は、TOEICの勉強をすべきです。

TOEICスコアアップの総合案内所は現在TOEICのスコアアップのコツが書いてありますが、ぼちぼちTOEICの勉強方法も載せていくので参考にすると良いかもしれません。

今回、TOEICの試験会場に行って思ったのですが、玉石混合のような感じで人がいました。まじめそうなのから勉強してなさそうなのまで、こ綺麗なのから小汚いのまで。ちなみに、私は小汚い属です。

TOEICを一生懸命糾弾しても意味なさそうなので省略するとして、僕がTOEIC990を取る意味はゼロになりました。とりあえず模擬試験をあと10回くらい解いて、TOEICの文法だけの問題を解いて、公開テストをあと2,3回受ければ990点いくんじゃない?とか思いますが、まず間違いなく英語力は向上しません。

TOEIC講師とかだったらTOEIC990というのは役に立つラベルですが、TOEIC講師でもない僕に取っては何の役にも立たないただ時間だけを浪費して、さらに勉強していてつまらないという、なにこれ何の罰ゲーム?みたいな。

英検1級を勉強しているときは総合的な英語力(ライティングとスピーキング)が多少上がった感じがしたし、難しいといわれる単語も実は英字新聞とか雑誌を読むのに役に立ちます。TOEICで得たのはTOEICテクニックだけでした。

願わくば、TOEIC975点という中途半端なスコアですが、どこかの女子大とかで雇ってくれないかなとか思います。女子高の場合はお嬢様学校がいいです。普通の女子高は動物園だと思ってます。

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額5500円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で最安値クラスです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「TOEIC990点への道パート2 第188回TOEIC公開テストの結果」への2件のフィードバック

  1. 英検に引き続きすごいですね。
    なのに相変わらず謙虚なんですね。

    これだけの資格であればオンラインで
    教師として教えている人たくさんいるのに。
    おそらく、
    DMMの先生でも960を超えている人って
    少ない気がします。

    でも、英語力となるとどうか、
    というのは同感です。代替え、たしかにないしね。

    女子大の先生か、なるほど、いい狙いです。
    英語のできる、素敵な先生でしょ、いい、いい!狙ってください(^^)

  2. 謙虚だったらいいんですが、実際今いるところがスタート地点っぽいです。
    山の頂上にたどり着いたと思ったら、そこは海岸だったみたいな。

    サイトでは好き勝手言っていますが、
    女子大の門を叩く勇気がまったくありません。

    いつか女子大の理事長がこのサイトを見たのがきっかけで講師に雇い入れてくれることを夢みながらサイトの更新を続けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。