The Hunger Games (ハンガーゲーム)のあらすじ+ネタバレ: 英語で読書

The Hunger Games、独裁国家による16歳の少女と23人が殺し合うサバイバルゲームの物語です。(3部作)

アメリカですごい売れているヤングアダルト向けの本です。だいぶ前にThe Hunger Gamesの映画化は決まって、全米公開日が2012年3月23日とのことです。


The Hunger Gamesのあらすじ

近未来(数千年後?)、アメリカは何か知らないけどなくなっています。その代わりにPanemという国ができていて、そこは都市Capitolと13地区に分かれています。

その昔全ての地区がCapitolに対して反乱を起こしましたが、Capitol側が勝利し反乱を鎮圧しました。13地区のうち1地区を見せしめにCapitolにより虐殺消滅されちゃいました。残りの12地区は、その後奴隷のような暮らしを余儀なくされたのでした。(Capitolに対する反乱ではなく、Capitolと13地区が戦争して、Capitalが勝ってPanemを建国したのかも?)

Capitalは反乱に対する戒めとして、各地区から毎年2名の少年少女(12歳~18歳)をクジで選び、合計24人の少年少女をある場所(毎年変わる)に連れていきます。そこで1人だけが生き残れる24人の殺し合いゲーム、Hunger Gamesが行うようになりました。そしてそれをテレビでお祭りとして全ての人に放映されるようになりました。ちなみに生き残った1人は一生遊んで暮らせます。

[ad#336×280]

無印Kindle 109ドル

新kindle比較購入ガイド、Kindle vs. Kindle Touch vs. Kindle Keyboard + Kindle DX
Kindle Fireの日本向け情報のまとめ
新型Kindleの購入と設定の仕方+実際の使用感

Hunger Gamesが始まってから74年後、12地区の1地区に主人公の16歳の少女、キャットニックとその12歳の妹、母親が暮らしていました。

Capitolに禁じられていましたが少女は森の中でハンターをして動物を狩ったり木の実を取ってきたりして、家族を支えていました。 ちなみに森の中には以前反乱が起きたときにCapitolが放った危険な化け物が住んでいます。 ギリギリの生活を強いられているため、少女は危険を犯して、森の中へ入り狩猟を行っていました。 ちなみに母親は薬剤師みたいな仕事をしています。 12歳の妹はヤギの世話をしてます。 The Hunger Gamesというタイトルから、この物語はやたらと食い物に飢えているストーリーになっています。

森の中で少女はゲールと出会い、親友になりました。
あくまで堅い絆で結ばれたハンター仲間であって、恋人同士ではありませんでした。

そして今日、毎年恒例の虐殺大会へのくじ引きが行われます。

くじ引きで12歳から18歳の男女1人ずつ選ばれます。

くじ引きは公平ではありません。
ごく一部の金持ちの子はクジに当たる確率は低く、多勢を占める貧乏人の子供はクジに当たる確率が高くなっています。そして、年齢が上がるごとにクジに当たる確率が高くなります。

貧乏人が当たる確率が高くなるのは、クジにあたる確率が上がるのを引換えに、毎年少しの給付を受けているからです。キャットニック(主人公の女の子)は家族が生きていくために毎年給付を受けています。お金持ちの女の子よりも6倍?くらい当たる確率が高くなっています。そして年齢も16歳なので12歳よりも当たる確率が高くなります。

ちなみに、ハンター仲間のゲールはキャットニックよりも当たる確率が高くなっていました。

そしてクジが始まり今年の生贄に当たったのが
キャットニックの12歳の妹、プリムでした。

プリムが当たる確率はほとんどなかったにもかかわらず、当たってしまいました。ヤギの世話くらいしかしていないプリムは、虐殺大会で即座に殺されること間違いなしです。

そして、キャットニックはプリムの身代わりを申し出たのでした。

もう一人の生贄に選ばれたのがピーターという男の子でした。

キャットニックはピーターのことを知っていました。

キャットニックの父親は5年前に鉱山で爆死し、そのとき母親は心身消失して使い物にならなくなり、家族が飢え死に(地区では恒例の死に方)しそうになっていたときです。キャットニックが餓死寸前でヨロヨロしていたところ、それを見たパン屋の男の子が、パンをわざと焦がし母親にこっぴどくしかられて、捨てるといって外に出て、キャットニックに焦げたパンを放り投げました。その男の子がピーターです。そのおかげで、3人の家族は餓死をまぬがれました。(その後少ししてキャットニックが12歳になり最低給付が始まる) なぜ見も知らない自分にパンをくれたのが、わからないまま、今に至っています。

そんなピーターとキャットニックが今年の地区の代表に選ばれCapitolへ送られます。

The Hunger Games
The Hunger Games

The Hunger Gamesのネタバレ

12地区からCapitolへ送られた24人の生贄には、最初に5日ほどのトレーニングがあります。

The Hunger Gamesは東京ドーム1000個分?くらいの広い場所で行われます。そこには森があったり、川があったり、化け物がいたりして、そこで2週間ほどサバイバルしながら生贄同士で殺し合いが行われるのです。

生贄はクジで選ばれているため、サバイバル能力がない人もいてそのままゲームを開始すると、殺し合いもつまらなくなります。ということで、Hunger Gamesが始まる前に、一通りの訓練をするんです。

各地区ごとに指導者というのがいます。指導者は過去のその地区からでたHunger Gamesの勝利者です。キャットニックの地区からでた過去の勝利者は一人だけ。以前は切れ者だったのですが、今はアル中の汚いおっさんです。

アル中の汚いおっさんの提案により、キャットニックとピーターは仲の良いコンビとして振舞うことになったのです。そのほうが、スポンサー受けするからだとか。

スポンサーをより多く見つけることにより、Hunger Gamesの間、スポンサーからの援助(食べ物とか薬)を得ることが出来ます。スポンサーにアピールできる場面は、基本的に観客へのプレゼンのときです。(観客=スポンサーみたいな感じ)

主人公のキャットニックは、スタイリストが用意してくれた炎の服と、ゲームマスターから得た11点(12点満点)という評価により、他の生贄よりも多くのスポンサーを手に入れることが出来ました。

ピーターの評価は8点でしたが、この食わせ者は観客へのプレゼンのときに、あろうことかキャットニックに告白します。 彼女を初めてみたときから好きだったと。キャットニックはこの告白に動揺します。これから始まる殺し合いの前に、なぜ自分に告白するのかと。 自分を騙すための策略か何かかと。。

キャットニックはピーターの真意をつかめないまま、ゲームは始まります。

ゲームの始まり始まり〜。

今年の場所は、湖と森です。

24人の生け贄はそれぞれプレートの上にのせられます。
各プレートはそれぞれ離れています。
武器とか食べ物とかが、少し離れた場所にあります。

ゲームが開始すると、
生け贄は一斉に武器とか食べ物の場所に向かいます。

これを手に入れられるかどうかで、ゲームを有利に進められるかどうか決まります。
でも、みんなが集まるため、もっとも危険な場所になります。

結論は、キャットニックはピーターのおかげでスタートダッシュに失敗して、ちょっとした食い物しか入っていないバックしか取れずに、森の中に逃げ込むことなりましたとさ。

ちなみに、その食い物/武器争奪戦で7人ぐらいの生け贄が殺されちゃいました。

森の中に逃げ込んだキャットニックは、
できるだけ敵から離れるために、森の奥にどんどん入っていきます。

で、脱水症状に襲われると。

水〜、水〜、と探しまわるも一向に水場がありません。

湖に戻れば水はあるのですが、
そこにはキャリアという生け贄集団が拠点を構えているので近づけません。

ちなみに、キャリアというのは、Hunger Gamesのために日々殺し合いの訓練している地区からきた生け贄達のことです。 普通の地区では殺し合いの訓練なんかしないのですが、特定の地区だけ、Hunger Gamesをあがめている地区があるんです。で、そいつらが、徒党を組んでいると。

脱水症状を起こすの早すぎない?
と思うけど、とりあえずキャットニックは苦しんでいます。

こういった場合、キャットニックの様子を映像で見ているアル中の汚いおっさん(指導者)が根回しして、キャットニックのスポンサーが水を買って、ラジコン?みたいので届けてくれるんですが、一向に届けてくれません。(ゲーム内では物資の価格がとても高くなります)

キャットニックは、アル中の汚いおっさんが裏切ったのではないかと疑います。

水が見つからないまま、
夜になりました。

で、キャットニックは、木に登ってそこで寝ることに。

朝になりました。

キャットニックが木の上で目を覚ましたとき、
どっかのバカが火を燃やして暖をとっていました。

で、その煙を見つけたキャリア組が、その女の子をぶっ殺しましたとさ。

キャットニックはその様子を見ていたとき、
何やら聞き覚えのある声が聞こえます。

キャリア組の中にピーターがいました。

ピーターの野郎がキャリア組と手を組んだ理由がわからないまま、
彼らが去るのをじっと木の上で待っていました。

ちなみに、特殊カメラみたいなのがあって、
各生け贄の映像はテレビで逐一放送されています。

とりあえず、木から降りて罠にかかっていたウサギを食べて、
また、水探しが始まります。

だけど、水は見つかりません。

で、とうとうキャットニックは脱水症状でぶっ倒れます。
すると、結構地面が冷たかったんです。

もしかして?

と地面を掘り返してみると、
水が出てきました、で、それを飲んで一件落着。

で、夜になって、例のごとくキャットニックは木に登って、
お休みしていたところ、火が迫っていることに気がつきました。

ゲームマスターの野郎が火を放ったのです。

ゲームは広範囲の場所で行われるため、
殺し合いがあまり行われないと、ゲームマスターが殺し合いを誘導するために何かを仕掛けてきます。

今回の仕掛けは、迫りくる火でした。

キャットニックは、その火から必死に逃げようとするも、
今度はゲームマスターの野郎がファイヤーボールなるものを作って、
キャットニックに向けてぶち込むのでした。

なんとか逃げ切るも、結構なやけどを負ってしまいます。

自分が作った水穴にやけどした足を突っ込んで、
疲れきって寝てしまいます。

そこにあらわるは、キャリア組。

キャトニックは、
いち早く気づいて高い木の上に登ります。

キャリア組の筆頭、Catoが木に登ろうとするもうまく登れません。
キャリア組の女Glimmerは、弓で射殺そうとするも当たりません。

キャリア組はしかたないので、木の下でキャンプすることにしました。

夜になり、キャットニックはそこで夜を過ごそうとしていたとき、

近くの木の上に突如現れたのが、ルーです。
カレーのルーではありません!

12歳の小柄な女の子ルーです。
実質的なヒロインはこの女の子です。

(キャットニックは形式的なヒロインで、実質猛獣です。)

ルーは木の上を指差しています。

なんだろほい?
と、キャットニックは見上げると、

そこにはキラービーの巣があるではないですか!
キラービーは、Capitolが人工的に作った殺人蜂です。
ターゲットを決めると死ぬまで追込みをかけてきます。

キャットニックは思いつきます。

この巣を下にたたき落としたら、
さぞキャリア組(ピーター込み)が喜ぶだろう。

で、たたき落としました。

キャリア組、大パニックです。

湖の方へみんな逃げていきますが、
キャットニックを射殺そうとしたGlimmerはキラービーに刺されまくり、
気が狂って死んでしまいました。

キャットニックもキラービーに少しさされて、意識がぼんやりしてしまっていますが、
大好きな弓を手に入れることができました。

しかし、そこに湖に逃げたと思っていた
キャリア組の筆頭豪腕Catoが突如現れました。

殺される〜、
というところでピーターが現れ、
キャットニックを逃がします。

ピーターは、自分の危険を顧みずキャットニックを救ったのです。

キャットニックはCatoから辛くも逃げ出すことに成功するも、
途中で気を失いました。

キャットニックは目を覚ましました。

ピーターは自分を本当は好きなのだろうか?
彼の行動が理解できないとかなんとかトンチンカンなことを考えつつ、
ウサギと鳥を狩って、食事の準備をしていました。

そこに先ほどのルーが現れ、なんちゃらかんちゃらあって仲間になりました。

ルーは結構お利口な子です。
薬草の知識をもっており、キャットニックの手当をしてくれました。
そんなルーを見て、キャットニックは自分の妹を思い出します。

ルーは、木登りがとても上手です。
木伝いにぴょんぴょん飛び移って、スパイ活動をしていました。

それによると、
キャリア組の湖の拠点には食べ物が豊富にあり、
それが彼らの絶対的優位になっていると。

そこでキャットニックは、
ルーと共謀して、その食べ物をダメにしようと画策します。

ルーが、森の中で火を起こし、
それをダミーにして、

キャットニックが食べモノをダメにする計画。

なんだかんだあり、
爆薬みたいなもので食べモノを全て吹き飛ばしました。

ところが、ついでにキャットニックの鼓膜も吹っ飛び、
ツンボになってしまいました。

爆風でダメージを受けるも、
何とか逃げ切り、ルーとの待ち合わせ場所に到着しました。

しかし、そこにはルーがいません。

ルーを見つけるため、しばらくその辺ふらふらします。

すると、ルーの叫び声が聞こえてきました。

そのときの様子の動画(1分7秒あたりから)、みんな見てください

はい、みなさん、動画は見ましたか?

みた人、それでは一斉に

ぎゃーーーーー、

オレのルーが殺された!!!
キャットニック死ね!!!!

憔悴したキャットニックはルーを弔った後、
例のごとく木に登って夜を明かすことにします。

で、そのときゲームマスターからアナウンスがありました。

“今年のハンガーゲームの勝利者は2人に変更する”

その瞬間、キャットニックはピーターの名を口にした。

で、次の朝ピーターを探して、
見つけることができたのですが、(泥と葉っぱの中に隠れていた)

ピーターはキャットニックを助けるためにCatoと戦ったとき、
深い傷を受けていました。

とりあえず治療を施してみるも、
やべーこいつ死ぬわー、みたいな状態に悪化していきます。

そこに、ゲームマスターからアナウンスが入ります。
彼らが現在最も必要としているものを数時間後に湖の場所に用意すると。

そこに生き残った生け贄が一斉に集まるから、
とても危険です。

キャットニックはピーターに止められましたが、
ピーターに睡眠薬を盛って眠らせて穴に隠して、湖に向かうのでした。。。

ここで現在生き残っている生け贄のおさらい、

キャットニック
ピーター(死にかけ)
狐女
Cato(キャリア筆頭)
キャリアの女
巨人(ルーと同じ地区)

ピーターを置いて、全員湖に集まって、
各自の必要な物資の奪取を試みます。

最初に飛び出したのが、狐女
この女は狐のごとく、牽制うんぬんを無視して、
一気に物資のところへ行って、
自分のをとって一気に逃げていきました。

キャットニックは狐女にスタートダッシュを奪われ少し遅れてしまいますが
荷物(ピーターへの薬)を手に入れることができました。

しかし、そこにキャリア女が現れて、
キャットニック殺されかけます。

ところが、そこに巨人が現れキャリア女をぶっ殺します。

巨人はルーと同じ地区の出身です。

キャリアに殺されたルーの仇をとり、
キャットニックはルーの仲間だったからということで、
一度だけ見逃してくれることに。

ピーターのところへ戻って、
薬を打ってピーター復活(でも、足はうまく動かない)。

キャットニックは、ピーターといちゃつくとスポンサーが食べモノを送ってくることに気づいて、ピーターといちゃつき始めます。

なお、ピーターはそんなこと知りません。

しばらくして巨人が殺されました。
どう殺されたのかわかりませんが、Catoに殺されたのだろうと。

キャットニックは巨人が殺されたことにとりあえず悲しみつつ、
足手まといなピーターを置いて、少し離れたところで狩りをすることに。

ピーターはおいしそうな野いちごを見つけて、
それをせっせと摘んでいました。

キャットニックはピーターへ事前に決めていた合図を送りました。
でも、ピーターは気づきません。

それに激怒したキャットニックはピーターを見つけ出して怒鳴り散らします。

そのとき、
狐女が死にました。

狐女はピーターの近くにいて、
ピーターの摘んでいた野イチゴを盗んで、
それを食べたのです。

でも、それ猛毒イチゴだったんです。
狐女は、あえなくぽっくり逝ってしまいました。

さて、残るは3人。
生き残れるのは2人。

残るはCatoをぶっ殺すだけです。
ところがCatoは巨人さえぶっ殺すほどの強いです。

なんだかんだあり、Catoが現れました。

こちらに向かって走ってきます。
そして、走り去っていきました。

あれ?

と思ったところ、
Catoは化け物達(人面狼)に襲われて逃げていたところだったんです。

ということで、化け物達がワラワラわいてきて、
キャットニックとピーターもCatoに続いて逃げ出します。

湖には、安全圏(化け物シャットアウト)という場所があって、
そこに3人よじ登ります。

なんだかんだあり、キャットニックとピーターは二人で、
安全圏からCatoを蹴り落とし、無事Catoを化け物の中に放り込めました。

ところが、Catoは化け物によって無惨な姿にされるも
なかなか死んでくれません。

ピーターの出血がひどくなり、このままではピーターが出血多量で死んじゃう?かな?
ということで、キャットニックは弓でCatoのとどめを刺してあげました。

で、ハッピーエンドだよー

と思いきや、

ゲームマスターの野郎が、
再度のルール変更をアナウンスしてきました。

“やっぱ、勝利者は1人だけね!”

キャットニックは決断しました。

ならば2人で心中してしまえ。

ハンガーゲームでは、必ず1人の勝利者が必要になります。
73年間ずーと、それで続いてきました。

勝利者が1人もいないことはありえない。

ならば、生き残った二人で心中を決め込んだなら?

ピーターに猛毒イチゴを渡して、
二人で一緒に飲み込むことに。。

飲み込む瞬間、ゲームマスターのほうが音を上げ、
二人を勝利者として迎え入れることになりました。

二人はCapitolへ戻り休憩を取った後、
今年のハンガーゲームの祝勝会が行われます。

その祝勝会の前に汚い中年のおっさんが、
キャットニックに忠告しました。

二人で心中しようとしたことが、
Capitolを脅迫する行為ではないのかと、
それによって問題が発生していることを。

愛するがゆえにその行動をとったという言い訳をするのが一番良いから、
今後も恋人ごっこを続けるようにと言われました。

Capitolから自分の地区へ戻る最中、
キャットニックはピーターに現在の状況を伝えます。

Capitolが私たちを疑っている(実際はキャットニックだけ)
だから、これからも恋人ごっこが必要なことを。

ピーター、ほえ?
恋人じゃなくて恋人ごっこ?

ピーターはキャットニックがハンガーゲームの間、
そしてその後も恋人ごっこをしているとは思わなかったのです。

悲しいかなピーター、
キャットニックが自分のことを好きになってくれたのだと勘違いしていたのです。

そして、かわいそうなピーターの物語が続くのでした・・・。(第2巻へ続く。

第2巻⇒Catching Fireのあらすじ+ネタバレ: 英語で読書

The Hunger Games
The Hunger Games

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

「The Hunger Games (ハンガーゲーム)のあらすじ+ネタバレ: 英語で読書」への10件のフィードバック

  1. すごく良かったです!私は英語で読んだのですが、正確に、分かりやすく訳してあって、嬉しいです。英語で読んだんですか?

  2. 英語で読みましたー。
    ちなみに2巻目になってようやくキャットニックではなくキャットニスだったことに気がつきました。

    ハンガーゲームの映画がアメリカでかなりヒットしていますね。
    日本は今年の秋ごろ上映とか何とか。

  3. 父の転勤により今アメリカに住んでます。
    先日、友達と映画を観に行きましたが、かなり怖かったしグロかったです…
    ルーが殺されるシーンを↑で観ましたが、映画と違いました。↑で観た方がグロかったです。

    それに、映画では↑で観たほどみんな顔や体など汚れてませんでした…

  4. どこで聞いたのか忘れましたが、
    対象年齢を下げるためにグロい感じを無くしたというのを聞いたことがあります。

    Misakiさん、アメリカですかー、いいなー。
    Game of Thronesのシーズン2がそろそろ始まるじゃないですか。
    その一点で、アメリカにいることがうらやましいです。

    ぜひ見てください。
    といいたいところですが、普通にR-18(超グロ+エロス)の映像が多々あります・・・。
    R-18って、高校生でも見れるのかな?
    中学生の場合、普通のアメリカの両親でも止めにかかる内容です。

  5. すみません あの キャットニク ではなく キャットニス ですね。私は英語版の本を全巻読みました。もう映画も観てきましたよ。面白かったけれど長くて疲れたです。今私は13歳ですけど映画をカナダで観た時にはPGとしか書いてませんでしたよ。

  6. はい、キャットニスでした。2巻目で気づいて、直すのめんどかったので放置しています。
    本の内容的にはPG13くらいはほしいところです。

    13歳・・・、13歳って何してるんですかね?
    輝いてるなーと単純に思っちゃったりします。

  7. 日本に来た直後にアメリカで映画が出てしまったので、見れてないんです!!!早くみたいな~
    でも、日本の映画館でも英語でやってるんですか?

    それにしても、ストーリーの書き方がうまかったです!
    わかりやすかった!

  8. 日本はまだ上映していないと思います。
    そろそろ上映されるのかな。

    ということで調べてみたら、9月末に日本で上映とか。
    僕の中のイメージが壊れそうで、映画は見そうにないです。。

    あ、Mayuさんと一緒にだったらぜひみたいです。
    いちゃいちゃしながら。

    その後、”ネットでセクハラ”というキーワードで調べている僕がいた。

  9. 飛行機の中でこの映画を観ました!
    kyosukeさんの書いてあるのと同じかんじで楽しくみれましたよ(^ー^)ノ
    ただ最後の最後のピーターがこれからどうする?っていったところで何もかも忘れるっていっていてよくわかりませんでした
    (恋人ごっこのままよってところかな?)

    とにかく解説よくわかりました!

    映画も小説と同じかんじでしたよー(^ー^)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。