TOEFLライティングのエッセースタイルまとめ

英文ライティングの練習をしているのですが、ただ漠然と英語を書きなぐっていてもあまり上達しないような気がするので、TOEFLライティングのエッセーの学習本を参考にしながら英文エッセーを書いています。

いろんなチェックポイントがあって頭が混乱してきたので、参考までに書き方のまとめを載せておきます。ライティング関係はこのページに随時追記していきます。


[ad#336×280]

参考図書

TOEFLテストライティング問題100
TOEFLテストライティング問題100 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)

The Elements of Style
The Elements of Style, Fourth Edition

英語のエッセーの書き始め

マインドマップを最初に書く

英語のエッセーの書き方のスタイル

典型的な問題例: 考え方1と考え方2、どちらに同意する?

(一段落目)
Introduction

主張
Although some people believe that 考え方1, the best thing 考え方2.
While there may have been 考え方1, these are 考え方2.
I disagree with the idea(statement) that 考え方1, rather than 考え方2.
While it my be true that 考え方1, 考え方2.

構成表示
There are two reasons (for this): 裏付け理由A and 裏付け理由B.

Body

(二段落目)
裏付け理由A First(or なし), A…
 詳細情報 To begin with, … (One example of this, …で始まる場合も)
  具体例 For example, … (統計データ(A recent survey shows that …)、個人的な経験(my own personal experience)、一般的な知識)
 詳細情報 Next, … (Furthermore, …)
  具体例 For instance, …
まとめの文章

(三段落目)
裏付け理由B Second(or In addition), B…
 詳細情報 First, …
 詳細情報 Second, …
  具体例 In fact, …
 詳細情報 Lastly, …
まとめの文章 Therefore, … (The end result is that …)

(四段落目)
Conclusion

結論
Thus, because of A and B, 考え方2.
For all of these reasons(For these reasons), 考え方2.
For the above reasons, 考え方2.

裏付け理由の要約

英語のエッセーのいろんな注意点

書き方の順序
To begin with, → Next(Second), → Finally,
First, → Second, → Third, → Finally(Lastly),
The first reason, → The second reason,
The first reason why … is … → The second reason why … is …
One reason is … → The second reason is …
なし → In addition(or Moreover, or Furthermore)

キーワードは類義語を使ったり、主張を言い換えたりする

問題文にある考え方2とIntroductionで書く考え方2の書き方を変える
Introductionで書く考え方2とConclusionで書く考え方2の書き方を変える
全て同じでも良いけど、スコアが低くなる

接続詞

Soはつかわない。

Sinceとbecauseの違い
Since 既知の情報, 文章
文章, because 新情報

分詞構文
強調したい内容は、分詞構文のほうに持っていかない

コロン:とセミコロン;

コロンは列挙
There are three reasons: A, B and C

セミコロンは2つの文章の関連を強調
文章1; however, 文章2
文章1. However, 文章2

コンマ,を付ける付けない

A, B and C (主流?)
A, B, and C

文章1 and 文章2 (文章1と2の関係性が深い)
お金をもらった、そして貯金した

文章1, and 文章2 (文章1と2の関係性が薄い)
リンゴを食べた、そしてテレビを見た

関係性の他に、その文章が必須かどうかでも判断する。
the person, who is cute… (who以下は必須ではないのでコンマを入れる)
a person who is cute… (who以下は必須だからコンマを入れない)

オンライン英会話と英語教材のおすすめ記事

DMM英会話は月額4950円で毎日25分の英語のオンラインレッスンを受けることができます。毎日25分コースならオンライン英会話の中で一番安いです。日本語のサポートや、プラスネイティブプランを選ぶとネイティブ講師も選べます。無料で使える英語の教材もたくさんそろっています。

DMM英会話の評価と比較とネットの評判の詳細

NativeCampは月額5000円で1日何回でも英語のレッスンを受けることができます。とにかく英語に慣れるために毎日レッスンを何回も受けたい場合におすすめのオンライン英会話です。体験レッスンで7日間無料でレッスンを受けられるキャンペーンもやっています。

NativeCampの評価と比較とネットの評判の詳細

Rarejobはオンライン英会話シェア1位で2007年からレッスンを行っています。英語の講師はフィリピン大学などの難関大学出身なので英語がしゃべれるだけでなく教養もあります。専門学科から講師が選べるので、自分にとって興味のある話ができる講師を選ぶことができます。

Rarejobの評価と比較とネットの評判の詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。